みんなの活動:これまでの活動報告

地域

NPO法人フードバンク狛江と連携したフードドライブに取り組みました。

2月に入間センターの組合員に呼びかけ寄贈食品を回収 寄せられた518点、総重量約130㎏の食品をNPO法人フードバンク狛江に寄贈しました!

2018.02.21

総重量約130㎏もの寄付食品

フードバンク狛江のスタッフの方と一緒に食品の仕分け作業を行いました

2018年1月29日(月)~2月9日(金)の2週間、東都生協入間センターの組合員を対象に、NPO法人フードバンク狛江*1(以下、「フードバンク狛江」という)と連携したフードドライブに取り組みました。

 フードバンク狛江は、近所に暮らすひとり親家庭の子どもとの出会いをきっかけに、2014年12月に「フードバンクを考える会」から活動がスタートし、2016年5月にNPO法人格を取得。地域のネットワークづくりを模索しながら、地域の人々が共に支え合う未来を見つけ出せたらとの願いで日々活動を重ねています。

 今回のフードドライブでは、組合員から518点、総重量約130㎏もの寄付食品が寄せられました。中には、日頃利用している東都生協の商品や新たに購入した食品も見受けられ、破損している商品はほとんどなく、組合員の活動に対する理解や想いを垣間見ることができました。  寄付食品の回収に取り組んだ入間センターの職員からは、「生活協同組合(生協)は助け合いの組織であり、喜びややりがいを感じながら取り組むことができた」「この活動を継続していきながら、様々な形で少しでも組合員の暮らす地域社会に貢献できるように取り組んでいきたい」「寄贈いただいた多くの食品を見て、組合員一人ひとりの想いとパワーを感じた」などの声が寄せられました。

 組合員と職員、地域の人々と心の通い合った生協活動にできるよう、今後も引き続きフードドライブに取り組み、組合員と地域の協同の力で、誰もが安心して暮らせる地域社会づくりに貢献していきます。


◆NPO法人フードバンク狛江 理事長の田中妙幸さんより組合員へコメントをお寄せいただきました。

 フードバンク狛江は、8万人の小さな市の生活困窮相談窓口で寄り添い支援をする「こまYELL」と結んで食料支援を必要とする世帯へ食料提供をしています。利用する世帯人数や世代、使えるライフラインに合わせ、時には希望される食品をセットし、安全に管理して提供してきました。また地域にある子ども食堂をはじめ19の福祉団体にも提供しています。時には他都市からのSOSに応え送ることもあり、食料支援の需要は増加し月に300㎏~400㎏の食品を必要としています。
この度のフードドライブによるご支援は本当にありがたいところです。日本は一方でまだ食べられるのに廃棄される食品が621万トン、企業だけでなく家庭からも半分と言われています。食品ロスと困窮者支援を上目線でない活動にと「もったいない」を「いただきます」へを合言葉にボランティア団体として「フードバンクがあってよかった、助かった」と言われ「見えない貧困」にも声を掛け合い、支え合う地域作りを目指して取り組んでまいります。
*1「NPO法人フードバンク狛江」の団体概要はホームページをご覧ください。


「子育てサロン にじいろ」NEW OPEN!

今後も、8月、10月、2月に開催予定!

2016.07.13

>階段を入り、2階に上がると会場

階段を入り、2階に上がると会場

木のおもちゃに夢中な子どもたち

木のおもちゃに夢中な子どもたち

双子ちゃんも来てくれました

双子ちゃんも来てくれました

第8地域委員会では、0~2才のお子さんのいる親子を対象に子育てひろば「にじいろ」を開催。

今年度、町田で親子カフェとして営業しているスペースをお借りして、偶数月の第4金曜日に実施する予定です。

記念すべき1回目を6月24日に行いました。子どもたちは和室でのびのび遊び、ママたちはお子さんの見えるテーブル席でお菓子と飲み物でくつろいでいただきました。お子さん同士の歳が近いため、普段の子育ての様子などの話しがはずんでいました。

お昼は、持ってきたお弁当をひろげる人、一階のお蕎麦屋さんのお蕎麦を注文する人、みんなでにぎやかなランチタイムとなりました。

お菓子はアレルギーを考慮した商品の中から選んで用意したところ、お子さんだけでなくママたちにも「おいしい」と好評でした。


参加者からは「アットホームな感じでよかった」「子どもと一緒でもいろいろと話せてよかった」「落ち着いた雰囲気でゆっくりできた」などの感想がありました。

今年度の開催は8月26日(金)、10月28日(金)、2月24日(金)の午前10時から午後2時を予定しています。
一度覗きに来てみませんか。(12月23日は祝日のためお休み)

【お問い合わせ先】
東都生協 国立センター
042-580-1750(月~金 午前9時~午後5時)

2016.07.05

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

食べながらの交流会は自然と和む

食べながらの交流会は自然と和む

4月21日、ソレイユさがみで第8地域委員会主催による「地域のつどい&カフェトーク」が行われました。

冒頭の2015年度地域委員会活動報告では「ブロック委員会と地域委員会の違いは?」「まいとどちゃんの仕組みが知りたい」など素朴な質問も。
商品案内の変更点については花沢博美理事の説明に皆熱心に耳を傾け、食の未来づくりフェスタの話題では、「第8地域は広いので、会場の五反田まで地域ごとにバスを出してほしい」という具体的な要望が出ました。

その後は昼食交流会。東都エビピラフ、かぞの豚肩ロースごま麹味噌漬などのほか、東都おいものようかんや東都直火焼き醤油せんべいのデザートも味わいました。
また、わたしのこだわりの東都きぬ豆腐、有機湧水豆腐など四種の豆腐の食べ比べも行われ、おいしいランチを食べながら東都生協の良さを語り合いました。

小さな子どもからおとなまで!!

知らないうちに、みんな仲良くなりました

2016.07.05

ワイワイ、ガヤガヤ

ワイワイ、ガヤガヤ

おしゃべり、折り紙しながら きれいな花が咲きました

おしゃべり、折り紙しながら きれいな花が咲きました

3月22日、第5・第6地域委員会共催企画Cache-Cache(カシュカシュ:フランス語でかくれんぼの意味)を開催。

知らないお友だち同士でもたくさん集まって、楽しく遊んでほしいという委員会の思いから始まり、子育て中の家族の情報交換広場として、さんぼんすぎセンターで月1回開かれています。

この日は子ども6人、ママ4人が参加。はじめはママの後ろに張り付いていたちびっ子も時間がたてばみんな仲良し。
ママたちからは子育てや食べ物について楽しい会話も聞こえてきました。人気の折り紙コーナーは毎回企画しています。

4月からは第5地域委員会が主催し、毎月発行の「地域版ワォ」「杉並・中野インフォ!」でお知らせ。他の地域の方やパパ、おじいちゃん、おばあちゃんの訪問も大歓迎です!! 

委員会メンバーが皆さんのお越しをお待ちしています。

第2回総代会議を開催しました

総代議案策定に向けみんなで討議!

2016.06.07

総代に向け挨拶をする庭野理事長

総代に向け挨拶をする庭野理事長

分散会で意見交換をする総代のみなさん

分散会で意見交換をする総代のみなさん

3月4日〜8日、都内全10会場で第2回総代会議を開催。


昨年10月に選出された組合員の代表「総代」のうち282人が参加し、6月14日に開催する通常総代会の議案策定に向け、次年度方針などを論議しました。

  理事会は、2015年度の活動報告・決算、次年度方針、第9次中期計画(2016年〜2018年度)の概要を説明。弁当配食事業や家事代行事業、地域コミュニティの拠点づくりなどについて活発な意見が出されました。

分散会では商品企画の流れや商品案内表示の見方などの資料を切り口に、利用しやすい商品案内や商品作り、仕組み作りなどについて意見交換。出席者からは「いろいろな意見が参考になった」などの声が寄せられました。 

6月初旬には、確定した議案について確認し論議する3回目の総代会議を予定しています。_
2016.05.04

ベビーフードの特徴や利用方法を学ぶ

ベビーフードの特徴や利用方法を学ぶ

ママ同士の交流もできました

ママ同士の交流もできました

2月16日、第6地域委員会主催で和光堂の離乳食学習交流会が開催されました。
この会は、離乳食の進め方やレシピなど「離乳食の疑問」について学び、赤ちゃんのいるママ同士の交流の場を作るために企画されたものです。

はじめに和光堂の鈴木さんがベビーフードの特徴と利用の仕方を説明し、その後試食会が行われました。
驚いたことに、ベビーフードにもデザートがありました。「フレンズスイーツ ガトーショコラ」は、卵・乳・小麦を使わず、豆乳、米粉で作られたアレルギーを考慮した商品で、しっとり、もちもちとした食感でカカオの風味も広がり、とてもおいしいと評判。

参加者からは、「ママ同士の交流ができて良かった」「疑問に思っていたことが聞けた」「子連れ企画なので参加しやすかった」と大変好評でした。 

第5地域 総代オリエンテーション開催

第1~第9地域すべてで開催!

2016.02.08

総代の役割や任務を学ぶ

総代の役割や任務を学ぶ

東都生協の夕食宅配弁当も試食

東都生協の夕食宅配弁当も試食

第42回通常総代会に向けて、10月~11月に各地域で総代オリエンテーションが開催されました。
総代オリエンテーションは地域の総代同士が顔を合わせて交流し、総代の任務や役割、総代会までのスケジュールなどを学ぶ場です。

第5地域は11月9日に開催。それぞれの総代選挙区5-1・5-2・5-3から多くの総代が集まり、説明と交流は、「数年ぶりの総代」、「初めての総代」、「昨年から引き続きの総代」に分かれて行いました。

数年ぶりの総代は「そうだったわ」と思い出しながら、初めての総代は「総代って重要なのね」と思いながら、引き続きの総代は「今年度も頑張らないと」と、それぞれの立場で思いを新たにしたようです。

その後は、夕食宅配弁当の試食をしながらにぎやかに情報交換をしました。

オリジナルの夏の絵手紙できました

太極拳も教わりました

2014.10.09

題材は「ひまわり」

題材は「ひまわり」

私にもできました

私にもできました

暑中見舞いに最適

暑中見舞いに最適

  第9地域委員会は、7月29日、「簡単! 絵てがみカード講習会」を青梅市民会館で開催。講師は東都人材バンクの福島栄子先生、今回の題材は「ひまわり」です。




  まずB5判の画用紙に黄色い絵の具でひまわりの輪郭を描く練習をし、先生の指導を受けながらはがきに描いていきます。絵の具が乾くまでの間、先生は太極拳も教えてくださるというサービスぶり。家庭でも簡単にできるような動作なのに、不思議と体が軽くなりました。




  最後に絵の具が乾いてから、筆ペンで花びらを描き入れます。うまく描くコツは、絵の具で濃く描かず、淡い感じに仕上げることのようです。




  一人ひとりオリジナルの絵手紙が出来上がり、参加者は「簡単にできてびっくり」「自分にもできた!」と口々に喜びを語っていました。

72時間どう生き残るか「東京直下72hツアー」~「そなエリア」訪問 

・・★東京臨海広域防災公園「そなエリア」は、まるでテーマパーク★・・

2014.01.21

そなエリア 外観

そなエリア 外観

説明ボードの前で

説明ボードの前で

 秋晴れの10月12日、第7地域委員会は江東区「そなエリア」(東京臨海広域防災公園)訪問を実施。大規模災害発生時には「災害現地対策本部」などが置かれる防災体験学習施設です。



 係員の説明の後、一人ずつDS(ゲーム機)に表示される防災クイズに回答しながら体験学習スタート。エレベーターを降りるといきなり被災地が現れたり、アニメ映像「東京マグニチュード8・0〜東京直下72h」を見たり、レスキューカフェや段ボールシェルターなどもあって、まるでテーマパークのよう。



 今回の「そなエリア」体験は印象深く、参加者からは「帰ったら、最低限の防災用品だけでもそろえたい」「防災対策の必要性を考える良い機会になった」などの感想が聞かれました。

ありがとう♡を伝える「産直ひろば」~今こそ、もう一品~

今までと一味違う、調布センターまつり 

2014.01.21

スタッフ全員集合

スタッフ全員集合

綿あめ作りも慣れました

綿あめ作りも慣れました

 9月28日、「調布センターまつり」を開催。今年で4回目のセンターまつりは地域コーディネーターが準備から運営までを担い、今までとは一味違ったお祭りになりました。


 ユニオンソース㈱の「焼きそば」、千葉北部酪農農協の「焼肉」、㈱鎌倉ハムクラウン商会の「焼きウインナー」など、〝香り.に誘われて来た人も多かったのでは?



 JAやさとと小金井愛菜クラブの野菜はあっという間に売り切れ、初挑戦の「綿あめ」は担当が休む間もないほどの行列が…。


 また、「昼食を交えての交流会」は、生産者・メーカー、組合員・職員との情報交換の場となり、参加団体からは「また調布センターまつりに呼んでください」という声も多く聞かれました。