みんなの活動:これまでの活動報告

「子育てサロン にじいろ」

主催:第8地域委員会

2016.09.26

和室で子どもたちものびのび

和室で子どもたちものびのび

アレルギーの情報交換もできました

アレルギーの情報交換もできました

8月26日(金)に第2回目の「子育てサロン にじいろ」を行いました。
会場に用意されたおもちゃが前回よりも増え、より楽しい時間を過ごすことができました。
やはり、和室スペースは子どもたちのお気に入り。おもちゃを並べたり、ママに抱きついたり、ハイハイしたりとのびのび過ごすことができます。
今回の参加者は南大沢在住の組合員とそのお友達。「地域版ワォを見て、気になっていたので、町田在住のお友達に声をかけて来てみました」とのこと。暑い中、9か月のお子さんを抱っこして電車を乗り継いで来てくださいました。

パンやお菓子は、アレルギーを考慮した商品の中から選んで用意したところ、お子さんがアレルギーをお持ちの方だったので大変喜んでいただきました。毎月「一回」週には商品案内に専用ページがあること、ネット注文なら調味料などを毎週注文できることなどの情報提供もできました。
参加者からは「アットホームな感じで子どもと遊ばせてもらえてよかったです」「子どもがアレルギーなので、お菓子も、パンもアレルギーに対応していたものがあり嬉しかったです」などの感想がありました。

次回以降の開催は10月28日、2月24日の午前10時から午後2時を予定しています。一度覗きに来てみませんか。(偶数月の第4金曜日に開催。12月23日は祝日のためお休み)

「子育てサロン にじいろ」NEW OPEN!

今後も、8月、10月、2月に開催予定!

2016.07.13

>階段を入り、2階に上がると会場

階段を入り、2階に上がると会場

木のおもちゃに夢中な子どもたち

木のおもちゃに夢中な子どもたち

双子ちゃんも来てくれました

双子ちゃんも来てくれました

第8地域委員会では、0~2才のお子さんのいる親子を対象に子育てひろば「にじいろ」を開催。

今年度、町田で親子カフェとして営業しているスペースをお借りして、偶数月の第4金曜日に実施する予定です。

記念すべき1回目を6月24日に行いました。子どもたちは和室でのびのび遊び、ママたちはお子さんの見えるテーブル席でお菓子と飲み物でくつろいでいただきました。お子さん同士の歳が近いため、普段の子育ての様子などの話しがはずんでいました。

お昼は、持ってきたお弁当をひろげる人、一階のお蕎麦屋さんのお蕎麦を注文する人、みんなでにぎやかなランチタイムとなりました。

お菓子はアレルギーを考慮した商品の中から選んで用意したところ、お子さんだけでなくママたちにも「おいしい」と好評でした。


参加者からは「アットホームな感じでよかった」「子どもと一緒でもいろいろと話せてよかった」「落ち着いた雰囲気でゆっくりできた」などの感想がありました。

今年度の開催は8月26日(金)、10月28日(金)、2月24日(金)の午前10時から午後2時を予定しています。
一度覗きに来てみませんか。(12月23日は祝日のためお休み)

【お問い合わせ先】
東都生協 国立センター
042-580-1750(月~金 午前9時~午後5時)

2016.07.05

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

食べながらの交流会は自然と和む

食べながらの交流会は自然と和む

4月21日、ソレイユさがみで第8地域委員会主催による「地域のつどい&カフェトーク」が行われました。

冒頭の2015年度地域委員会活動報告では「ブロック委員会と地域委員会の違いは?」「まいとどちゃんの仕組みが知りたい」など素朴な質問も。
商品案内の変更点については花沢博美理事の説明に皆熱心に耳を傾け、食の未来づくりフェスタの話題では、「第8地域は広いので、会場の五反田まで地域ごとにバスを出してほしい」という具体的な要望が出ました。

その後は昼食交流会。東都エビピラフ、かぞの豚肩ロースごま麹味噌漬などのほか、東都おいものようかんや東都直火焼き醤油せんべいのデザートも味わいました。
また、わたしのこだわりの東都きぬ豆腐、有機湧水豆腐など四種の豆腐の食べ比べも行われ、おいしいランチを食べながら東都生協の良さを語り合いました。
1