みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

「協同組合ってなに?~ユネスコ無形文化遺産登録から考える~」組合員向け学習会を開催しました。

東都生協さんぼんすぎセンターに組合員と役職員38名が集まりました!

2017.06.14

幅広い年代層の方が参加された

講師の加山久夫さん

講師へのお礼を述べまとめを行う庭野理事長(右端)

 2017年6月9日(金)、賀川豊彦*1 記念松沢資料館*2の理事長を務める加山久夫さんを講師にお迎えし、生協の歴史とともに、協同組合のもつ価値と役割について学ぶ学習会を開催しました。

 2016年11月、協同組合がユネスコ無形文化遺産に登録されました。協同組合が、「共通の利益と価値を通じてコミュニティづくりを行うことができる組織であり、雇用の創出や高齢者支援から都市の活性化、再生可能エネルギープロジェクトまで、さまざまな社会的な問題への創意工夫あふれる解決策を編み出している」との理由から、国際的な評価を得た結果です。

 しかし、日本ではほとんど報道されませんでした。それは、協同組合に対する理解や認知が不足しているからであり、協同組合内部の役職員や組合員が協同組合の一員としての自己理解と自覚、外部への発信力を持つ必要性があるのではないかと、加山さんは力強く問いかけました。

 戦後、生活協同組合運動に力を注ぎ、日本生活協同組合連合会やコープこうべの設立など、現代の生協の礎を築いた賀川豊彦は、協同組合の本質について、「協同組合の精神を一口にいえば助け合いの組織である。生産者も、消費者も愛のつながりによって公正な、自由な幸福を分かち合う経済生活をいう」と語っています*3

 今回の学習会を通じて、国や自治体、企業とは異なり、①思想(人と人とが助け合う相互扶助の精神)、②経験(誕生から2世紀の歴史)、③人(世界で約10億人に上る協同組合員人口)、④組織文化(社会的民主主義・政治的民主主義・経済的民主主義)、⑤経済力(NPOの経済的脆弱性の問題)などの特徴をもつ協同組合が、地域福祉のために果たし得る可能性はとても大きいことを学びました。また、よりよい社会づくりに貢献していく役割への期待が国際的に求められていることや、東都生協の組合員・役職員一人ひとりが協同組合の一員であることの意識を高め、自らよりよい社会づくりに参加・参画していく必要性に対する理解を深めることができました。


<参加した組合員の声>
・あらためて、生協が社会に果たす役割と可能性の大きさへの認識を強くしました。
・視野が広がった。生協や組合員について考えることは多いが、他の協同組合を仲間として捉えられていなかった。自分が協同組合の一員だという意識が持てた。
・生協の歴史を改めて学習する中で、そもそも助け合いの組織だということ、組合員のみに留まらずに世の中すべての人とつながって、より良く生きるために力を尽くす組織だということに自信が持てた。
・生協の歴史を知り、現在の生協は貴い思想と強い実行力を持つ偉人の活躍があったからこそ誕生したということが分かり感銘を受けた。
・生協として、組合員活動として、原点に帰る学習会でした。

*1 賀川豊彦(1888~1960)とは、"協同組合の父"と呼ばれ、戦前より労働組合運動や農民運動、協同 組合運動などにおいて重要な役割を担い、現代の協同組合の礎を築いたひとり。キリスト教の洗礼を受け、若き日、神戸のスラムに身を投じて貧しい人々の救済に専念し、「貧民街の聖者」として世界的な知名度も高い。ノーベル文学賞候補に2回、平和賞候補に3回推薦された。
*2 賀川豊彦の思想と実践を後世に伝えるために、賀川豊彦に関する資料の蒐集、保存、公開、展示、その他の社会教育事業を行っている。  賀川豊彦記念松沢資料館ホームページ
*3 賀川豊彦著 復刻版「協同組合の理論と実際」、2012年、日本生活協同組合連合会。

「子どもの貧困問題の現状を学ぶ」組合員向け学習会を開催しました。

東都生協さんぼんすぎセンターに組合員と役職員64名が集まりました!

2017.06.13

会場いっぱいの参加者

講師の栗林知絵子さん

話しを聴き実行したいと強く思った参加者もいました

 2017年5月31日(水)、東都生協の組合員でNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長の栗林知絵子さんを講師にお迎えし、子どもの貧困問題の現状を学ぶ学習会を開催しました。
 今、世界的にみても、日本の子どもの貧困率は高く、6人に一人が貧困状態にあると言われています。子どもの相対的貧困率 *1 は16.3%、ひとり親家庭の相対的貧困率は54.6%にも上り*2、満足に食事がとれない子どもや学ぶ機会が得られない子どもが増えています。  困難な状況に置かれる子どもたちを、地域とのつながりの中で支え・見守り・育てていくことをコンセプトに、子ども食堂やプレーパーク、無料学習支援など様々な取り組みを進める栗林さんから、身近な地域で起きている貧困問題の現状を分かりやすくお話いただきました。
 孤立しがちな子どもや家庭が地域とつながる場として、地域の交流拠点や女性の活躍の場として"子ども食堂"が果たしている役割の重要性を学ぶとともに、私たちの身近な地域で起きている問題に対して、今、地域の子どもたちのために、私たちにできることについて、参加者全員で考える機会となりました。

 東都生協では、福祉政策2025に基づき、子育て世代やこれからの未来を担う子どもたちの食生活を応援する活動に取り組むことを重点的な課題として掲げています。  子ども自身の力では貧困から抜け出すことはできません。また、「貧困の連鎖」により、子どもが成人期以降にも貧困に陥らないようにしていくことが、これからの明るい未来を創っていく上でも必要です。今回の学習会を通じて、地域で既に子ども食堂などに取り組む組合員やNPOなどの諸団体と連携しながら、貧困問題への取り組みを進めていくことの必要性に対する理解を深めることができました。

<参加した組合員の声>
・隠れた貧困にどう対応したらよいか手探りだったが、まずは行動してみることだと感じました。子どもがホッとできる場があると、子どもの問題は減ると思います。
・貧困という言葉に違和感を持っていましたが、経済的な面だけでなく、大人の就労状況からくる子どもの置かれている環境のことも含まれていると理解できました。
・見えない貧困に対してどうつながっていけば良いか分からなかったが、居場所づくりの中から信頼関係を構築していくことの大切さや、行政も含めて地道に周囲を取り込み仲間を増やしていくことの大切さが分かりました。
・学習支援や子ども食堂など、自分のできることを実行していきたいと思いました。
・考えているばかりではなく、すぐに実行することが大切ということを強く思いました。

*1 「相対的貧困率」とは、経済協力開発機構(OECD)の基準を用い、収入から税金などを差し引いた世帯の可処分所得を1人当たりに換算して低い順に並べたときに、全人口の中央値(額)の半分を下回っている人の割合のこと。相対的貧困率が高いほど、所得格差が広がっていることを意味する。 

*2 厚生労働省「平成25年 国民生活基礎調査」による。
  「平成25年 国民生活基礎調査」 


2017.06.12

持ち寄った料理を盛りつけ中

グループごとに試食しながらおしゃべり

東都生協の生産者が、とれたて野菜や果物、米、牛乳、肉、たまごなど自慢の作物を料理し持ち寄って交流する「農家のプチブランチ」。2016年度は前年までの「農家レストラン」から名称を変えて9会場で開催しました。

 各会場に4〜6団体が来場し、参加者はそれぞれの団体の料理を試食しながら交流。おいしさに感激しつつ、レシピや作物、生産の苦労、産地の状況、後継者のこと...と話も弾み、質問にもその場で答えてもらえました。  組合員からは「いつも購入している商品の生産者と交流できて、安全な作物を作る工夫やご苦労が分かり大変勉強になる」「東都生協の産直野菜のおいしさを再確認した」「皆さん自信を持って作っているので今後も応援したい」など、産地と直接つながる産地直結を実感する感想がたくさん。生産者からは「実際に食べている人の声や、どんな野菜がほしいかなども聞ける双方向の交流ができて良い」と好評でした。
2017年度の「農家のプチブランチ」はさらに工夫を凝らして開催します。2016年度と同様に団体が持ち寄った料理を試食する交流会と、食材をみんなで調理し、試食する交流会があり、地域ごとにテーマや参加団体が決まっています。

おいしさを堪能した後には注文しやすいように商品案内への掲載情報もお知らせします。 お住まいの地域のニュース「地域版ワォ」の案内をどうぞお見逃しなく。生産者からいろいろなこだわりを直接聞いて商品のおいしさを発見してください。
★農家のプチブランチ 2017年度開催予定一覧はこちらをご覧ください

【農家のプチブランチ】 産直野菜などの生産者で構成する「東都生協産直生産者団体協議会」と組合員活動委員会とが力を合わせて、東都生協ファンを広げること、産地直結を実感して利用につなげることを目指して企画し、地域委員会が開催する交流会です。


新商品おしゃべり会は毎月楽しく開催しています

おしゃべり会の意見・要望が、商品や商品案内の改善につながります

2017.06.12

試食したら意見を評価表に記入します

天然酵母ごまチーズ

 2016年度下期の新商品おしゃべり会、さんぼんすぎ午前会場は最終回もにぎやかに開催しました。

天然酵母パン研究会からの新商品「天然酵母ごまチーズ」は、有機黒ごまを豊富に入れた国産小麦のパン生地でよつ葉乳業㈱のナチュラルチーズを包んだもの。トランス脂肪酸を懸念する声を受け、ショートニングやマーガリンは不使用の商品です。

試食では「そのままでもおいしいが、軽くトーストした方がごまやチーズの風味が増してよりおいしい」という感想や、「粒のままのごまは消化吸収されにくいので、すりごまにしてみては?」「あんこなど甘いタイプもほしい」などの意見が出ました。「今後の検討課題と受け止め、安全な原材料を使用している点やおすすめの食べ方を案内していきます」と職員。
 もう一品は「大根生姜のど飴」。大根エキスとしょうが粉末を麦芽水あめに混ぜた喉に優しい商品。「大根としょうががほのかに香り、おいしくて喉に良さそう」「品の良い甘さが好き」など良い評価があった一方で、「のど飴という感じではなく、〝大根生姜飴〞の方が良い」という意見や少量の規格を望む声もありました。

 こうした一人ひとりの声が、商品案内での分かりやすい表現や商品の改善につながっていきます。参加メンバーからは「新商品のことがよく分かり、商品知識も増えて楽しかった」という感想も聞かれました。

 2017年度の新商品おしゃべり会は、上期は城西会場午前・午後、さんぼんすぎ会場午前・午後、横浜会場の計5会場で4月からスタートしています。下期のメンバーは組合員活動情報紙「ワォ」やホームページで8月初旬に募集します。商品づくりへの多くの方の参加をお待ちしています。

2017.06.12

たくさんの魚の試食品

食から環境まで深い学習会となった

 3月16日、第1地域の足立とーと会は千倉水産加工販売㈱の古川信利さんを講師に招き「おさかな学習交流会」を開催しました。

商品ごとの原料魚や製造工程、女川やノルウェーの工場などについて丁寧な説明を聞いた後、試食。

当日の商品は「東都しめさば」他9品目とつみれ汁でした。
主催者はご飯とたくあんも用意。お魚のおいしさが一層引き立ちました。
質疑応答では「子持ちししゃもは商品としてたくさん出回っているが、資源減少にはつながらないのか?」との問いに、古川さんは「ししゃもは決められた漁期にだけ、資源を保全しながら漁をしているので減少にはつながりません」と回答。海外漁場の状況も学びました。

主催者は「国産、ノルウェー産のさばの違いと良さがよく分かり、また魚から見える環境問題などいろいろ勉強になった」と今回のような企画の大切さを実感していました。

組合員、産地・メーカー、職員それぞれの理解を深めた大交流会

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中 (有)どさんこ農...

2017.06.12

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中

(有)どさんこ農産センターの生産者による紹介

やさと農業協同組合の産地紹介

 3月18日、第7地域委員会主催の大交流会を武蔵野スイングホールで開催。組合員、産地・メーカー8団体、職員の計58人が参加しました。
はじめに各団体(エム・シーシー食品㈱、中野市農業協同組合、千葉北部酪農農業協同組合、㈱ミサワ食品、㈱エルベ・プランズ他)から、取り扱っている商品、団体の特長やこだわりを紹介。
 埼玉産直センターの若手生産者は「百年トマト」の目指すものと意気込みについて話しました。また、「新世代チャレンジプロジェクトのマークの名前を知っていますか?」の質問には幼稚園児の男の子が「やったろう」と正解し、みんなびっくり。

その後8テーブルに分かれ、昼食交流。団体・組合員・職員は途中1度席替えを行い、交流を深めました。

 参加団体からは「生産者がおいしく安全な作物を作るのは当たり前。消費者の顔、生産者の顔が思い浮かべられることが、本当の安心・安全、産直だと思う」( ㈲どさんこ農産センター)、「これからはレタスが旬。きゅうりもトマトもサラダにして1日350g以上食べてください。東都ファームのにんじんドレッシングでね」(やさと農業協同組合)などのメッセージが。
職員は「生産者の思い、苦労話、商品の安全性などを伝えていくのが務め」「普段知ることができない情報は担当者ニュースや供給などで伝えていく」と思いを語り、組合員は「生産者の熱意を感じ、品質への信頼感を強くした」「今日の話は他の組合員にも伝えたい」「若い人が頑張っていて頼もしい」などの感想を述べました。
じっくり深く交流することで団体や商品に対する理解や信頼度が深まった有意義な交流会でした。
2017.06.12

商品のこだわりを学習

テーブル一杯に並ぶこだわり商品

 第9地域委員会は3月14日、商品事業部の林秀明職員を講師に招き「わたしのこだわり」学習&試食会を開催。誕生秘話を聞きながら商品を試食し、国産原料へのこだわりや作っている人のこだわりに加え、環境に優しい商品であることを確認しました。
参加者からは「東都生協でしか味わえないものを実際に口にすると説得力がある」「食べたことのなかった商品、今度注文してみたい」とうれしい感想が寄せられました。
こだわりすぎて産地・メーカーには苦労もあるそうですが、そこは妥協をしないプロ集団。〝毎日口にするものだから安全・安心なものを...〞と届けてくれていることに感謝したいものです。
組合員、生産者、メーカーが一緒になって作り上げた「わたしのこだわり」商品。今後もみんなが納得するおいしい商品が誕生するのが楽しみですね。

東都生協は、東日本大震災への支援活動を続けています  

2016年度 東日本大震災支援 募金収支報告

2017.05.31

7月22日~23日、岩手県の(有)本多商店〔東都わかめ〕、宮城県の㈱高橋徳治商店〔練り物〕、㈱ささ圭〔練り物〕を訪問し、交流しました。

9月27日~28日、宮城県の㈱マルダイ長沼〔めかぶ・かき〕・宮城県漁協表浜支所〔めかぶ・かき〕・千倉水産加工販売㈱〔さんま〕を訪問。復興の状況などを視察しました。

11月12日~13日、コープふくしまの協力を得て、福島県いわき市・大熊町・双葉町・浪江町などを視察・交流しました。被災直後の状況、原発事故の影響、現状などを伺いました。

10月23日、都立光が丘公園で「避難者と支援者による2016ふれあいフェスティバル」(主催:広域避難者支援連絡会in東京)が開催されました。東都生協も出展(フランクフルトを提供)し、避難されている方々と交流しました。

東日本大震災から6年。東都生協では、震災直後から、被災された方々、そして取引先産地・メーカーを支援する募金活動に継続して取り組んできました。また、商品利用を通じて募金できる1点1円募金の仕組みもあります。

2016年度の募金活動についてご報告します。集まった募金は、組合員が被災地を訪問して視察・交流する企画や、被災者を支援・応援する企画への協賛などで活用させていただきました。

ご協力ありがとうございました。

被災地の願いは「忘れないで」。復興にはまだまだ支援が必要ですので、2017年度も引き続き被災者の要望を伺いながら取り組みを継続していきます。引き続き、ご協力をお願いします。

<募金の使途>
寄せられた募金は、以下の内容で活用いたします。
①東都生協取引先関係者・団体の復興支援のため
②被災地に送る支援物資の調達ならびに支援活動、復興に向けた取り組みを支援・応援する活動など
③日本生活協同組合連合会および各生協などが呼び掛ける被災者を支援・応援するための募金

募金方法

OCR注文書で募金を受け付けます。

■ 記入方法:注文書裏面下段、特別企画注文欄の「商品(申込)番号」の欄に以下の6ケタ番号をご記入いただき、「数量」欄に募金口数をお書きください。

■ 1口 200円の場合 ⇒ 商品(申込)番号:365998
※200円 × ご記入口数 の募金額になります

■ 1口 1,000円の場合 ⇒ 商品(申込)番号:365980

※1,000円 × ご記入口数 の募金額になります



※産直の東都生協.coop(旧:さんぼんすぎドットコム)利用の方は、インターネット注文でも募金ができます。FAX登録者はFAX専用注文書で、注文書出し忘れの方は電話注文センターからでも募金ができます。

※募金に対する領収証の発行はできません。この募金は寄付金控除の対象になりませんのでご了承ください。

皆さまのご協力をお願いいたします。



2016年度もご支援ありがとうございました。


お預かりした募金は、お見舞金や支援物資のお届け、炊き出しや交流活動などに
活用してまいりました。2016 年度の取り組みをご報告します。

≪2016 年度の収支報告≫  2017年3月20日現在

◆募金総額:7,230,081円
(内訳)支援募金:1,749,600円 
前年度繰越額:1,412,347円
1点1円募金:1,056,331円
前年度繰越額:3,011,803円
◆活用総額:2,168,598円
(内訳)7月東日本大震災視察・交流   608,344円
9月東日本大震災視察・交流   694,491円
福島県被災地視察・交流    720,784円
神奈川県生協連
「2017年春福島の子ども保養」協賛  100,000円
2016年避難者と支援者による
ふれあいフェスティバル       44,979円
*残金は、2017年度に引き継いで活用させていただきます。

楽々ランチde試食会

応募者多数で抽選となった、にぎやかな試食会 開催!

2017.05.31

皆で調理

並んだ多種類の試食品

初めての商品が確かめられたとの声も

東都生協プライベートブランド『わたしのこだわり』(*)商品を使った調理試食会を2回開催。ブロック委員会不成立ブロックから参加の方々を中心に両日とも申込が多数あり、定員いっぱいとなりました。
(*)「わたしのこだわり」の詳しい説明はこちらをご覧ください

【2016年11月19日(土)セシオン杉並】
土曜日開催ということもあり、申込み多数で抽選となり、保育希望も多く、賑やかな試食会となりました。
「初めて食べる商品があり、簡単にできておいしかったので、次回買ってみたい」というお声が多く聞かれました。(24人参加)
当日メニュー
試食品東都ピーマン肉詰め
東都南国元気鶏フライドチキン
東都肉ワンタン
東都白身魚の便利カット
東都エビピラフ
東都焼きナポリタン
東都三陸産カットわかめ
東都ミックスナッツ
東都麩菓子
東都国産果実の実ゼリー
野菜サラダ 他


【2017年1月23日(月) 西荻地域区民センター】

第2弾!開催も申込み多数で抽選となりました。男性の参加者もあり、多くの世代の方が集う楽しい試食会となりました。
「簡単にできてボリュームもあった」「お気に入り商品を見つけられた」というお声を聞くことができました。また、東都ファームのにんじんドレッシングも大好評!(25人参加)
当日メニュー
東都霧島黒豚ハンバーグ
東都鶏ごぼうしゅうまい
東都スイートコーンの中華スープ
東都金芽米焼おにぎり
東都エビピラフ
東都北海道産栗かぼちゃ
東都北海道産栗かぼちゃ
東都薫るよもぎ餅
東都惣菜屋さん 国産ひじきとゆば煮
いわしのおかか煮
東都国産若採り里ごぼうのおつけもの
東都信州りんごジュース
野菜サラダ 他

2017.05.09

物資を受け取る表浜の皆さん。

東都生協では4月29日に東日本大震災を風化させないため、震災直後から支援を続けている宮城県牡鹿半島の表浜地区で、現在も仮説住宅でくらしている方、被災地の方を応援するため物資支援活動を実施しました。


今回の支援活動は宮城県漁業協同組合表浜支所の敷地をお借りし、東都生協の組合員理事、職員15人と、取引先である㈲匝瑳ジーピーセンター、㈱コープミート千葉、JAみどりのの皆さんに物資の調達や当日運営などのご協力をいただき、集まった表浜地区の方々一人ひとりに物資を手渡しながら声をかけて交流しました。

表浜支所の女性部からの報告

子どもたちのメッセージ色紙

交流会での集合写真



物資の配付後、宮城県漁業協同組合表浜支所の施設をお借りして、表浜支所の皆さん、石巻市立大原小学校の古積校長先生、㈱マルダイ長沼商店の皆さんと被災地の状況や今後の支援などについて話し合いながら交流しました。





交流会では、東都生協から時計を贈呈、大原小学校からは色紙(運動会を支援した事への子どもたちの感謝メッセージ入り)、㈱マルダイ長沼商店、宮城県漁業協同組合 表浜支所からはこれまでの支援に対するそれぞれの感謝状をいただきました。



東日本大震災から6年、大きな被害を受けた東北地方の被災者、および産地・メーカーにはまだまだ支援が必要です。


東都生協では商品利用を通じた応援(「1点1円募金」、「利用で東北応援!」)などにも継続的に取り組んでいますので、引き続き復興支援にご協力をお願いします。

※この支援活動には、組合員の皆さまからお預かりした東日本大震災支援募金を活用しています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11