みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

2019年度新世代チャレンジプロジェクト報告

全ての参加産地が5~10年後を展望して生産基盤を強化する課題に取り組みました

2020.07.06

新規組合員への配付チラシ

新規組合員への配付チラシ

10/26杉並センター産直まつり

10/26杉並センター産直まつり

マスコットキャラクター「やったろう君」

マスコットキャラクター
「やったろう君」

未来に続く産直を創造する「新世代チャレンジプロジェクト」は、新組合員1人当たりの野菜利用点数を引き上げるため、2017年11月から登録商品化した「新世代!若手生産者の青果セット」で産地ファンづくりに取り組んでいます。2019年度からは、新組合員の認知度向上にも取り組んでいます。

また、各センターとのコラボ企画(学習交流・利用促進)を継続・実施し、組合員やセンター職員との相互理解を深め利用定着につながるように進めました。

①配送センターとのコラボ企画を実施しました
  • 参加産地は28団体。センター職員との学習交流を通じ、若手生産者のこだわりを組合員に伝え、産直ファンを増やし、利用定着につながる取り組みを進めました。

  • 大型の学習・交流企画を中心に10企画を実施しました。試食を通じて産直を実感し、参加産地と組合員・職員が販売を通して取り組みをアピールしました。
  • ※8/17府中プラッツの交流会、10/26杉並センター産直まつり、11/9城西センター産直マルシェなど。

  • 新世代の農業の応援と産直の発展に向けた利用促進は「新世代! 若手生産者の青果セット」を中心に14企画を実施しました。

②組合員、組合員組織とも連携しました
  • 「組合員活動ガイドブック」や組合員活動情報誌「Yui」にプロジェクトの目的や参加産地の紹介を掲載、地域委員会やブロックで組合員に認知、浸透を図りました。

  • 組合員活動情報紙「ワォ」で参加産地の交流訪問企画に「やったろうマーク」(右図)を付け参加を促進。

  • 新規組合員対象に、参加産地への「産直体験ツアー」を5回実施。参加者からは「野菜や畑にかける情熱、消費者への思いが伝わった」などの熱いメッセージが寄せられました。

八千代牛乳をたくさん飲んでくれてありがとう!

東都生協組合員が「八千代牛乳」の利用を結集して、産直産地の千葉北部酪農農協を応援しました

2020.07.06

八千代牛乳のイメージキャラクター・もーもー君

八千代牛乳のイメージキャラクター
もーもー君

千葉北部酪農農協「八千代牛乳」

千葉北部酪農農協「八千代牛乳」

もーもー君

新型コロナウイルス感染拡大に伴う3月からの全国的な休校要請で、学校給食への出荷ができなくなるなど「八千代牛乳」も甚大な影響を受けました。

東都生協の産直産地・千葉北部酪農農業協同組合が生産する給食用生乳は1日当たり約11~12トン。この利用がなくなると市販の牛乳と混ぜて販売されることになり、「八千代牛乳」の良さが半減する上に、生産者の利益も減ることになります。さらにそれでも余剰となった分は、廃棄されてしまいます。

東都生協ではいち早く3月から、組合員へメールの配信やセンターごとのお願いチラシ配付などを継続的に行い、「八千代牛乳」の利用を呼び掛けました。余剰分の全ては補いきれませんでしたが、東都生協の「八千代牛乳」利用高は前年比130%にまでなりました。


千葉北部酪農農協からお礼の言葉が届いています

昨年の台風被害からようやく通常の生産に戻りつつある中で、大きな打撃を受けることになりましたが、東都生協の多くの組合員さんに「八千代牛乳」の利用を増やしていただいたことは、千語万語を費やしても表現できないほど感謝しております。家で過ごす機会が増えたご家族が、代わる代わる冷蔵庫を開け、「八千代牛乳」をコップについで飲んでいるシーンを思い浮かべながら...。
(千葉北部酪農農業協同組合 菊谷義徳)


東都生協・商品部職員から

今回の利用お願いチラシでは大きな反響をいただきました。利用が産地応援につながります。「八千代牛乳」は、東都生協の前身「天然牛乳を安く飲む会」からのお付き合いで、安全・安心にこだわりHTST法(75度15秒 高温短時間殺菌)によるさっぱりとした風味でほんのり甘い牛乳です。今後とも「八千代牛乳」の応援をよろしくお願いいたします。

組合員の声

●今後もこのような問題が起こった時はお知らせください。
●牛乳余剰のメールをいただきましたが、他より早めの段階でのお知らせに感心しました。
●東都生協ならではの動き、改めて気付きました。臨機応変にみんなのこと、地球のことを考える生協として今後も頑張ってください。
●ミルクティーが大好きで紅茶葉にも牛乳にもこだわりますが、「八千代牛乳」は癖がなく、コクやうま味は十分で、今までで一番おいしいミルク

6/27(土)職員で田んぼの草取りに行ってきました!

(農)船橋農産物供給センターの「田んぼの学校」継続のため、東都生協職員有志が集結!

2020.07.02

毎年、組合員の参加者を募り行っていた、(農)船橋農産物供給センターの「田んぼの学校」ですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、開催が休止となってしまいました。
「田んぼの学校」は、「米の低価格や生産者の後継者不足、老齢化により、休耕した荒れた田が毎年増えている現状を消費者に知ってほしい。食と農について考える機会を持ちながら、お米を食べる事が農業支援になる事を理解してほしい」そんな生産者の思いから始まった企画で、20数年間荒れ放題だった田んぼを、山林に道をつくり、井戸を掘り、田んぼを整備して「みんなの再生田」としてお米作りを開始して今年で12年目を迎えました。

12年間続いている、この「再生田」を継続させるため、田植えは船橋農産物供給センターの皆さんにお願いをし、夏場の草取りは東都生協職員より有志を募り行う事としました。
今回はいろいろな部署から合計14人の職員が有志で参加しました。

田んぼの学校の歴史について説明を受ける参加者

田んぼの学校の歴史について説明
を受ける参加者

器具を使っての除草作業

器具を使っての除草作業

田んぼにも慣れてきて中腰で草取り

田んぼにも慣れてきて中腰で草取り

まず、船橋農産物供給センターの方より、草取りに使う器具の説明と、田んぼの学校がはじまった経緯などの説明を受け、作業スタートとなりました。

田んぼに入るのは初めての職員も多く、足を取られて田んぼの中で尻もちをついて泥だらけになる職員もいましたが、「長年続いている再生田を守りたい」という強い意志のもと、皆元気に草取りに挑んでいました。

参加した職員からは、「田んぼの作業ははじめて、貴重な体験ができました」「組合員情報誌ワォの募集を見ていて、参加してみたいと思っていた。今回職員支援の案内があり参加できてうれしかった」「こんなに大変だとは思いませんでした。少し舐めていました」などの感想があり、東都生協の産地直結を実感し、充実した1日を過ごしたようです。

作業の終わりに、船橋農産物供給センター前代表の飯島さんより、スイカと枝豆の差し入れをいただきました。作業で汗を流したあとのスイカの味は格別でした。
今回多くの職員が参加をしましたが、除草剤を散布しない田んぼの雑草は、まだまだ手ごわい存在。今後も雑草との戦いは続きます。

東都生協は、東日本大震災への支援活動を行っています。

2019年度 東日本大震災支援 募金収支報告

2020.06.30

東日本大震災から9年。東都生協では、被災された方々、そして取引先産地・メーカーを支援する募金活動に継続して取り組んでいます。
2019年度の募金活動についてご報告します。集まった募金は、組合員が被災地を訪問して視察・交流する企画や、被災者を支援・応援する企画への協賛などで活用させていただきました。ご協力ありがとうございました。

2019年度もご支援ありがとうございました。

≪2019 年度の収支報告≫  2020年3月20日現在
◆募金総額:5,746,892円
(内訳)
 支援募金:1,209,600円 
 前年度繰越額:3,200,041円
 1点1円募金:27,780円
 前年度繰越額:1,309,471円
◆活用総額:1,042,823円
(内訳)
 福島県生協連福島の子ども保養プロジェクト       100,000円
 くらし・地域復興応援募金 いわて生協          100,000円
 くらし・地域復興応援募金 コープふくしま        100,000円
 くらし・地域復興応援募金 みやぎ生協          100,000円
 福島県被災地視察・交流                642,823円

*残金は、2020年度に引き継いで活用させていただきます。

おいしいコーヒーの入れ方教室

2020年2月26日 第1地域委員会「小川珈琲㈱・おいしいコーヒーの入れ方教室」

2020.06.08

コーヒーは最後まで落とし切らないのがコツ

コーヒーは最後まで落とし切らない
のがコツ

講師の小川珈琲㈱・吉野里奈さん

講師の小川珈琲㈱・吉野里奈さん

第1地域委員会は2020年2月26日、小川珈琲㈱から講師をお招きし、「おいしいコーヒーの入れ方教室」を開催しました。

ちょっとしたコツでコーヒーの味に驚きの変化が! コーヒーの歴史、産地、焙煎とブレンドの違いを小川珈琲㈱の吉野里奈さんから伺い、グループごとにさまざまなコーヒーに挑戦。

ペーパーフィルターを正しく折り、正確に計量し、モコモコの泡を崩さないよう90℃~95℃のお湯を注ぐと、おいしさだけを抽出した雑味のないコーヒーが入れられます。

豆を選んで飲み比べ、コーヒーによく合う東都生協のお菓子をつまみながら商品を確認...。組合員活動の楽しさも実感し、参加者はみんな笑顔に。素晴らしいコーヒーパワーでした。

静岡発*和紅茶の学習&交流

2020年2月25日 第8地域委員会「人と農・自然をつなぐ会・静岡発*和紅茶の学習&交流」

2020.06.08

杵塚さんの話を熱心に聞く参加者

杵塚さんの話を熱心に聞く参加者

第8地域委員会は2020年2月25日、(有)人と農・自然をつなぐ会を講師に「静岡発*和紅茶の学習&交流」を開催しました。

(有)人と農・自然をつなぐ会は、1976年から無農薬・有機栽培のお茶づくりをしています。同会から杵塚敏明さん・一起さんを招き、有機栽培などについて学習。

「人と生き物・生態系に配慮した農業を続けることが、地球の未来につながる」とのお話が印象的でした。さらに、お茶の入れ方も教わり、和紅茶・緑茶の冠茶の試飲も...。

交流会では、80℃程度のお湯で入れたおいしい和紅茶と有機野菜・国産小麦のパンを試食。産地とのつながりを実感した学びの多いひとときでした。

鈴廣かまぼこ訪問

2020年2月21日東大和ブロック委員会「鈴廣かまぼこ㈱交流訪問」

2020.06.08

広く清潔な会場で手作りに初挑戦

広く清潔な会場で手作りに初挑戦

個性豊かな作品ができました<br />

個性豊かな作品ができました

出来たてアツアツの焼きちくわ

出来たてアツアツの焼きちくわ

東大和ブロック(第9地域)は2020年2月21日、鈴廣かまぼこ㈱を訪問しました。

慶応元年創業の歴史ある「鈴廣かまぼこ」は、天然素材を使い、うま味調味料は不使用、保存料も無添加。伝統的な製法を守りつつ環境にも配慮した経営をしています。

今回、東大和ブロックは小学生を含む12人で訪問、工場見学した後にかまぼこの手作り体験をしました。

作るのは案外難しく四苦八苦しましたが、自分はまた格別。鈴廣かまぼこのこだわりや、本物のかまぼこのおいしさを味わい大満足の訪問となりました。

米粉の魅力を体験 みんなでワイワイクッキング&ランチ交流会

2019年10月22日 第9地域委員会「(農)房総食料センター 米粉の魅力を体験 みんなでワイワイクッキング&ランチ交流会」

2020.05.25

第9地域は2019年10月22日、(農)房総食料センターから講師を招き、「米粉の魅力を体験 みんなでワイワイクッキング&ランチ交流会」を開催しました。(会場:羽村市コミュニティセンター・調理研修室、参加者:23人<初参加者6人>)

産直産地の(農)房総食料センターは千葉県の北東部、九十九里浜に近い地域に位置します。2019年の台風15号・19号では甚大な被害を受けましたが、そうした中から講師が来てくださり、米粉を使った「さつま芋とチーズのシチュー」 「フライパンでできる簡単ピザ」「チーズケーキ」を作りました。

米粉はダマにならないのでとても調理しやすく、とろーり、もっちり、しっとりの食感を味わうことができました。どの料理も簡単に作れるものばかりで、未就学児~大人まで幅広い組合員が一緒に楽しめました。その他、サクサクにできる天ぷらやから揚げの作り方のポイントも教えていただきました。

講師が持参した「赤ワインとブルーベリーで煮たごぼう」など、(農)房総食料センターの産直野菜も参加者の皆さんに大好評でした。米粉の魅力を丸ごといただき、「ごちそうさまでした!」


(農)房総食料センターの米粉は、産直米と同じお米を原料としているそうです。レシピも付いているので、米粉初心者の方もぜひ作ってみてくださいね。

参加者の感想
・米粉を原料としてこんなにいろいろな種類のお料理ができることに驚きです。
・おいしかった。(子)
・大変満足です。知らなかった商品も知れることができて良かった。
・米粉を使ってもっと作りたいと思います。
・天ぷらがおいしくできると聞いたので挑戦してみようと思いました。
・優しいお味でとてもおいしかった。(シチュー、チーズケーキ)
パリッとサクッとおいしかった。(ピザ)
・鍋1つでフライパンで簡単にできたのでおうちでも作りたいと思いました。

2020.05.25

郷土料理 ずんだもち作り

郷土料理 ずんだもち作り

第9地域委員会は2019年8月21日、平和募金企画・戦争体験のお話会&「ずんだもち作って食べて平和だね」を開催。

一般社団法人 東友会から田戸サヨ子さんをお招きし、戦争体験のお話を聞きました。(会場:立川市女性総合センターアイム5階・調理実習室、参加者:22人<初参加2人>)

ご自身が広島で被爆体験をされ、当たり前のことが当たり前じゃない」とマイクを持たず最後まで立って話される凛としたお姿に、参加者は感銘を受けていました。子どもたちにも分かりやすく臨場感のあるお話でした。

お話をかみしめながら、田戸さんと一緒に郷土料理のずんだもちを簡単レシピで作り、試食交流会では「ずんだもち作って食べて平和だね」と感謝することができました。

初の試みの子どもサポーターたち(3人)は終始一生懸命お手伝いをしてくれました。参加者は「最後の子どもサポーターからの『平和が当たり前ではないということが分かった』などの一言がとても良かった」と語っていました。

参加者の感想
・当たり前のことに感謝してまいります。
・今までいろんな方のお話を伺いましたが、臨場感があり、想像できる内容のお話が印象的でした。
・体験談を聞くのは初めてでした。
・いつまでもお元気でいらっしゃってほしい。
・今まで聞くのを避けてきましたが、つらいことから目を背けるのではなく、向き合う大切さに気が付きました。
・ずんだ餅はとても簡単でおいしかった。
・子どもサポーターはみんな積極的で素敵でした。

子どもの感想
*今、毎日お米を食べることを当たり前だと思わずに、作ってくれる人に感謝をしながら、お米などを食べていきたい。
*せんそうは、そんなにきびしいなんてしりませんでした。
自分だったらしんじゃうとおもいます。
*へいわなよのなかがだいじなんだなとわかりました。

一般社団法人 東友会の田戸サヨ子さんから戦争体験のお話を聞きました

一般社団法人 東友会の田戸サヨ子さんから戦争体験のお話を聞きました

2019年11月10日 第29回・国立市消費生活展に出展

第9地域委員会が第29回・国立市消費生活展に出展

2020.05.25

2019年11月10日、国立市谷保第4公園にて開催された第29回・国立市消費生活展に、第9地域委員会が出展しました。

参加の目的は、東都生協の安全・安心の取り組みをPRするとともに、国立市での仲間づくりと東都生協組合員との交流を深めること。今回の出展は、2018年度の国立市行政訪問がきっかけとなり、声を掛けていただきました。

当日は、東都生協の安全・安心の取り組みをパネル展示などでPRしました。また、東都生協のプライベートブランド「わたしのこだわり」から「東都高原夏摘みトマトジュース」「東都信州りんごジュース」試飲を行い、多くの来場者と交流しました。

消費生活展全体でのクイズラリーでは、「ひたち野穂の香卵」の実物を展示とともに問題を出し、来場者に「国産応援」「飼料米」「日本の食料自給率」について分かりやすく考えていただくことができました。

国立ブロック委員会のメンバーも手伝いに加わり、活動の紹介も行いました。お手伝いのメンバーからは、「東都生協の商品は良い商品ばかりなので、自信を持ってPRができた。」との感想がありました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11