みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

組合員、産地・メーカー、職員それぞれの理解を深めた大交流会

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中 (有)どさんこ農...

2017.06.12

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中

(有)どさんこ農産センターの生産者による紹介

やさと農業協同組合の産地紹介

 3月18日、第7地域委員会主催の大交流会を武蔵野スイングホールで開催。組合員、産地・メーカー8団体、職員の計58人が参加しました。
はじめに各団体(エム・シーシー食品㈱、中野市農業協同組合、千葉北部酪農農業協同組合、㈱ミサワ食品、㈱エルベ・プランズ他)から、取り扱っている商品、団体の特長やこだわりを紹介。
 埼玉産直センターの若手生産者は「百年トマト」の目指すものと意気込みについて話しました。また、「新世代チャレンジプロジェクトのマークの名前を知っていますか?」の質問には幼稚園児の男の子が「やったろう」と正解し、みんなびっくり。

その後8テーブルに分かれ、昼食交流。団体・組合員・職員は途中1度席替えを行い、交流を深めました。

 参加団体からは「生産者がおいしく安全な作物を作るのは当たり前。消費者の顔、生産者の顔が思い浮かべられることが、本当の安心・安全、産直だと思う」( ㈲どさんこ農産センター)、「これからはレタスが旬。きゅうりもトマトもサラダにして1日350g以上食べてください。東都ファームのにんじんドレッシングでね」(やさと農業協同組合)などのメッセージが。
職員は「生産者の思い、苦労話、商品の安全性などを伝えていくのが務め」「普段知ることができない情報は担当者ニュースや供給などで伝えていく」と思いを語り、組合員は「生産者の熱意を感じ、品質への信頼感を強くした」「今日の話は他の組合員にも伝えたい」「若い人が頑張っていて頼もしい」などの感想を述べました。
じっくり深く交流することで団体や商品に対する理解や信頼度が深まった有意義な交流会でした。
2017.06.12

商品のこだわりを学習

テーブル一杯に並ぶこだわり商品

 第9地域委員会は3月14日、商品事業部の林秀明職員を講師に招き「わたしのこだわり」学習&試食会を開催。誕生秘話を聞きながら商品を試食し、国産原料へのこだわりや作っている人のこだわりに加え、環境に優しい商品であることを確認しました。
参加者からは「東都生協でしか味わえないものを実際に口にすると説得力がある」「食べたことのなかった商品、今度注文してみたい」とうれしい感想が寄せられました。
こだわりすぎて産地・メーカーには苦労もあるそうですが、そこは妥協をしないプロ集団。〝毎日口にするものだから安全・安心なものを...〞と届けてくれていることに感謝したいものです。
組合員、生産者、メーカーが一緒になって作り上げた「わたしのこだわり」商品。今後もみんなが納得するおいしい商品が誕生するのが楽しみですね。

東都生協は、東日本大震災への支援活動を続けています  

2016年度 東日本大震災支援 募金収支報告

2017.05.31

7月22日~23日、岩手県の(有)本多商店〔東都わかめ〕、宮城県の㈱高橋徳治商店〔練り物〕、㈱ささ圭〔練り物〕を訪問し、交流しました。

9月27日~28日、宮城県の㈱マルダイ長沼〔めかぶ・かき〕・宮城県漁協表浜支所〔めかぶ・かき〕・千倉水産加工販売㈱〔さんま〕を訪問。復興の状況などを視察しました。

11月12日~13日、コープふくしまの協力を得て、福島県いわき市・大熊町・双葉町・浪江町などを視察・交流しました。被災直後の状況、原発事故の影響、現状などを伺いました。

10月23日、都立光が丘公園で「避難者と支援者による2016ふれあいフェスティバル」(主催:広域避難者支援連絡会in東京)が開催されました。東都生協も出展(フランクフルトを提供)し、避難されている方々と交流しました。

東日本大震災から6年。東都生協では、震災直後から、被災された方々、そして取引先産地・メーカーを支援する募金活動に継続して取り組んできました。また、商品利用を通じて募金できる1点1円募金の仕組みもあります。

2016年度の募金活動についてご報告します。集まった募金は、組合員が被災地を訪問して視察・交流する企画や、被災者を支援・応援する企画への協賛などで活用させていただきました。

ご協力ありがとうございました。

被災地の願いは「忘れないで」。復興にはまだまだ支援が必要ですので、2017年度も引き続き被災者の要望を伺いながら取り組みを継続していきます。引き続き、ご協力をお願いします。

<募金の使途>
寄せられた募金は、以下の内容で活用いたします。
①東都生協取引先関係者・団体の復興支援のため
②被災地に送る支援物資の調達ならびに支援活動、復興に向けた取り組みを支援・応援する活動など
③日本生活協同組合連合会および各生協などが呼び掛ける被災者を支援・応援するための募金

募金方法

OCR注文書で募金を受け付けます。

■ 記入方法:注文書裏面下段、特別企画注文欄の「商品(申込)番号」の欄に以下の6ケタ番号をご記入いただき、「数量」欄に募金口数をお書きください。

■ 1口 200円の場合 ⇒ 商品(申込)番号:365998
※200円 × ご記入口数 の募金額になります

■ 1口 1,000円の場合 ⇒ 商品(申込)番号:365980

※1,000円 × ご記入口数 の募金額になります



※産直の東都生協.coop(旧:さんぼんすぎドットコム)利用の方は、インターネット注文でも募金ができます。FAX登録者はFAX専用注文書で、注文書出し忘れの方は電話注文センターからでも募金ができます。

※募金に対する領収証の発行はできません。この募金は寄付金控除の対象になりませんのでご了承ください。

皆さまのご協力をお願いいたします。



2016年度もご支援ありがとうございました。


お預かりした募金は、お見舞金や支援物資のお届け、炊き出しや交流活動などに
活用してまいりました。2016 年度の取り組みをご報告します。

≪2016 年度の収支報告≫  2017年3月20日現在

◆募金総額:7,230,081円
(内訳)支援募金:1,749,600円 
前年度繰越額:1,412,347円
1点1円募金:1,056,331円
前年度繰越額:3,011,803円
◆活用総額:2,168,598円
(内訳)7月東日本大震災視察・交流   608,344円
9月東日本大震災視察・交流   694,491円
福島県被災地視察・交流    720,784円
神奈川県生協連
「2017年春福島の子ども保養」協賛  100,000円
2016年避難者と支援者による
ふれあいフェスティバル       44,979円
*残金は、2017年度に引き継いで活用させていただきます。

楽々ランチde試食会

応募者多数で抽選となった、にぎやかな試食会 開催!

2017.05.31

皆で調理

並んだ多種類の試食品

初めての商品が確かめられたとの声も

東都生協プライベートブランド『わたしのこだわり』(*)商品を使った調理試食会を2回開催。ブロック委員会不成立ブロックから参加の方々を中心に両日とも申込が多数あり、定員いっぱいとなりました。
(*)「わたしのこだわり」の詳しい説明はこちらをご覧ください

【2016年11月19日(土)セシオン杉並】
土曜日開催ということもあり、申込み多数で抽選となり、保育希望も多く、賑やかな試食会となりました。
「初めて食べる商品があり、簡単にできておいしかったので、次回買ってみたい」というお声が多く聞かれました。(24人参加)
当日メニュー
試食品東都ピーマン肉詰め
東都南国元気鶏フライドチキン
東都肉ワンタン
東都白身魚の便利カット
東都エビピラフ
東都焼きナポリタン
東都三陸産カットわかめ
東都ミックスナッツ
東都麩菓子
東都国産果実の実ゼリー
野菜サラダ 他


【2017年1月23日(月) 西荻地域区民センター】

第2弾!開催も申込み多数で抽選となりました。男性の参加者もあり、多くの世代の方が集う楽しい試食会となりました。
「簡単にできてボリュームもあった」「お気に入り商品を見つけられた」というお声を聞くことができました。また、東都ファームのにんじんドレッシングも大好評!(25人参加)
当日メニュー
東都霧島黒豚ハンバーグ
東都鶏ごぼうしゅうまい
東都スイートコーンの中華スープ
東都金芽米焼おにぎり
東都エビピラフ
東都北海道産栗かぼちゃ
東都北海道産栗かぼちゃ
東都薫るよもぎ餅
東都惣菜屋さん 国産ひじきとゆば煮
いわしのおかか煮
東都国産若採り里ごぼうのおつけもの
東都信州りんごジュース
野菜サラダ 他

2017.05.09

物資を受け取る表浜の皆さん。

東都生協では4月29日に東日本大震災を風化させないため、震災直後から支援を続けている宮城県牡鹿半島の表浜地区で、現在も仮説住宅でくらしている方、被災地の方を応援するため物資支援活動を実施しました。


今回の支援活動は宮城県漁業協同組合表浜支所の敷地をお借りし、東都生協の組合員理事、職員15人と、取引先である㈲匝瑳ジーピーセンター、㈱コープミート千葉、JAみどりのの皆さんに物資の調達や当日運営などのご協力をいただき、集まった表浜地区の方々一人ひとりに物資を手渡しながら声をかけて交流しました。

表浜支所の女性部からの報告

子どもたちのメッセージ色紙

交流会での集合写真



物資の配付後、宮城県漁業協同組合表浜支所の施設をお借りして、表浜支所の皆さん、石巻市立大原小学校の古積校長先生、㈱マルダイ長沼商店の皆さんと被災地の状況や今後の支援などについて話し合いながら交流しました。





交流会では、東都生協から時計を贈呈、大原小学校からは色紙(運動会を支援した事への子どもたちの感謝メッセージ入り)、㈱マルダイ長沼商店、宮城県漁業協同組合 表浜支所からはこれまでの支援に対するそれぞれの感謝状をいただきました。



東日本大震災から6年、大きな被害を受けた東北地方の被災者、および産地・メーカーにはまだまだ支援が必要です。


東都生協では商品利用を通じた応援(「1点1円募金」、「利用で東北応援!」)などにも継続的に取り組んでいますので、引き続き復興支援にご協力をお願いします。

※この支援活動には、組合員の皆さまからお預かりした東日本大震災支援募金を活用しています。

~ふっくらおいしい煮豆~

~㈱南部フーズ訪問~

2017.05.08

現場の苦労話なども聞きました

画像2のキャプション

2月23日、野毛ブロック委員会は、「東都田舎金時豆」「東都須黒さんの味付けいなり」などの煮豆・惣菜を製造する㈱南部フーズを訪問しました。

工場の煮豆用の釜は、人間一人が入れるような大きさの二重構造。直火でなく蒸気で蒸す方法で約1時間半、おいしい煮豆が出来上がります。試食で出された煮豆はどれもふっくらと柔らかく、とても美味でした。味付けは添加物を使用せず、砂糖と塩だけと知り安心しました。

原料の豆は、収穫時期によって違いがあるため煮る時間の調整をしていますが、どうしても仕上がりに多少の違いは出てしまうそうです。北海道の豆の生産は減少していますが、東都生協の商品には全て国産原料を使用しているそうです。原材料の話、調達の苦労話など現場の声を聞くことにより、メーカーへの理解が深まりました。

食品添加物学習会&Let'sおにぎらず

最初に食品添加物について学びました 配布された資料 <p> 鶴川ブ...

2017.05.08

最初に食品添加物について学びました

配布された資料

<p> 鶴川ブロック委員会は2月21日、町田センターで、安全・品質管理部の新谷部長を講師に「食品添加物学習会」を開催、学習会後はおにぎらず作りを行いました。

東都生協では科学的見地に基づいた商品の安全基準を設け、計画的に衛生検査を実施しているため商品は安全なこと、法律を理解した上で情報を正しく選ぶことの大切さを学びました。

参加者からは「東都生協商品への安心感が高まった」「添加物について客観的に学ぶことができて良かった」などのほか、「1時間の講義では...もっと聞きたい」という声も。

主催者は「食の安全を求める組合員が多いからこそ、東都生協が選ばれている」と納得したそうです。 おにぎらずは、作り方を教わり、「わたしのこだわり」商品を中心にそろえた具材で各自自由に作って試食。簡単にできておいしく、さまざまな商品の紹介もあって好評でした。</p>食

普段聞けない苦労話も...産地との調理交流会

新世代チャレンジプロジェクト応援産地と交流

2017.05.08

産地の取り組みや農産物について学びました

料理9点の豪華試食会

第1地域委員会は2月21日、新世代チャレンジプロジェクトで応援中の(農)房総食料センター、㈱野菜くらぶ、㈲山梨フルーツラインを招き、「野菜・果物を知って産地ともっとなかよくなろう 調理交流会」を開催。

それぞれの取り組みや農産物について学んだ後、各産地農産物を使って産地の方と一緒に調理。「長ねぎのみたらし風」「糖しぼり大根カナッペ」など7品に主催者調理の2品を加え、豪華な試食交流会となりました。

参加者からは「春の砂嵐に見舞われたり...産地は大変。野菜が欠品の時には今日の話を思い出したい」といった生産者を応援する感想が続出。主催者は「前年度もコラボした3団体の皆さんから普段聞けない話を聞けて感動! 産地おすすめの調理も紹介できた」とたいへん喜んでいました。

天然酵母パン作りに挑戦

初めてのパン作り

2017.05.08

自分たちで作ったパンで試食会

丸パン、にんじんパン

<p> 2月20日、第5地域委員会は、ホシノ天然酵母を使用し、たまごやバターを使わない「パン作り教室」を開催しました。
講師の高橋恵美子さんからパン作りの流れについて説明を聞いた後、それぞれの班に分かれてパン作りをしました。今回のメニューは、丸パン、にんじんパンです。パンのこね、分割、成形の過程の合間には酵母や小麦粉についても学習しました。

参加者からは、「パン作りは初めてでしたが、自分で作るパンはおいしい」「小麦粉も外国産と国産の違いが分かり良かった」など、好評でした。

主催者は、「申し込みが多くて、天然酵母のパン作りに興味のある人が多いことが分かりました。参加者もとても意欲的に楽しんで参加されていたようでした」と話していました。</p>

「浜の母さん 海の幸の料理教室」を開催

右端は枝幸漁協女性部部長上野さん> 「秋鮭のバター焼き」「ホタテカレー風味」...

2017.05.08

右端は枝幸漁協女性部部長上野さん"

右端は枝幸漁協女性部部長上野さん>

「バラちらし寿司」「秋鮭の三平汁」<br>「秋鮭のバター焼き」「ホタテカレー風味」

「バラちらし寿司」「秋鮭の三平汁」
「秋鮭のバター焼き」「ホタテカレー風味」

 料理講習や試食交流を通して産地や商品を知ってもらう、北海道枝幸漁業協同組合(*)女性部による「浜の母さん 海の幸の料理教室」が2月22日・23日、梅田地域学習センターと高井戸地域区民センターで行われました。
まず、枝幸「魚つきの森」運動や加工工場について紹介。枝幸漁協、北海道漁連、東都生協が協定を結び、植樹活動や交流を通して生命の源である川と海を守り、漁場・資源管理型漁業によって生産される水産物を利用して豊かな食生活を推進する「魚つきの森」の取り組みは今年で10年、毎年組合員が枝幸を訪れ、植樹や鮭の稚魚放流に参加しています。放たれた鮭はベーリング海を2周し4年で母川回帰しますが、海の環境変化によって戻る鮭が減り秋鮭の漁獲量は10年前の半分以下という現状や、朝水揚げされた鮭を昼には製品にしているので鮮度抜群であること、毛ガニについてはメスと8㎝ 以下のものは漁獲しないことや量を決めて大事に獲ることをルールとし、きちんと資源管理していることなどを学習しました。

 その後は枝幸の浜の母さんと一緒に料理講習と試食。「北海道の話と、試食にひかれ参加した」という男性参加者も一緒に楽しく調理。普段の漁の様子や地元での食べ方の話しで盛り上がった試食では、「とにかくおいしい」「冷凍秋鮭はアルミホイルをかぶせて焼くとしっとりおいしくできるなど、今後役立つ知識が得られた」と大好評でした。 「魚つきの森」マークの商品を組合員が利用することが、良質な水産物を普及させ、産地を元気にし、豊かな海を次世代に残すことにつながります。
「応援していきたい」との声が上がり、料理教室を通して枝幸「魚つきの森」運動を進める理解が広がりました。__
(*)枝幸漁業協同組合:北海道のオホーツク海に面する枝幸郡枝幸町で活動する漁業協同組合。冬季は流氷に覆われるオホーツク海は流氷が運ぶ動植物プランクトンが豊富なため、さまざまな魚介が集まる豊かな漁場です。漁の中心は毛ガニ、サケ・マス、ホタテ、タコなど。毛ガニは水揚げ量日本一。
前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12