みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

放射能学習会

~低線量被ばくの健康影響について~

2017.05.08

約50名の方が参加しました。

約50名の方が参加しました。

 2月15日、大前比呂思医師(茨城保健生協内科医、獨協医大特任教授)を講師に学習会を開催。
ご専門は寄生虫感染症対策ですが、「核戦争に反対する医師の会」にも参加され、復興庁「放射線リスクに関する基礎的情報」の問題点を指摘、発信されています。今回は核兵器廃絶をめざす医学者の立場から、低線量被ばくの健康影響と問題点について話されました(以下要約)。

 放射線による健康被害には一定の放射線量被ばくにより高確率で早い時期から現れる「確定的影響」と、微量の放射線量でも遺伝子が損傷し後年問題となる「確率的影響」があります。福島事故後に予想される低線量(100mSv以下)の放射線で起こりうる健康被害(発がんなど)についてはWHOも危険性を指摘。
低線量被ばくの健康被害は、以前は原爆被ばく生存者調査が中心でしたが、最近は医療被ばくを中心に議論されています。CT検査で医療被ばくを受けた小児の調査では累積線量5〜10mSv程度の線量で発がんリスク増加、成人も同程度で発がん頻度が上がるという報告もあります。病気、けがなどについてX線検査により得られる情報(利得)と被ばくのリスクとの間で状況に応じた判断が必要です。

 一方、福島事故後の被ばくは線量が低くても、X線検査とは異なり住民に何の利得も生じません。健康リスクを減らすためには、健康診断の拡充が求められるべきです。福島県外避難者、北関東のホットスポットになった地域も含め、若年者では甲状腺検診の拡大が、成人は放射線の健康影響が多彩であることを考え一般健康診断の拡充が必要でしょう。
また行政から、具体的な判断材料にできる、放射線の科学的情報を記載した冊子の提供なども必要ではないでしょうか。


第34回沖縄戦跡・基地めぐり報告

~沖縄、そして日本の平和を考える~

2017.04.25

東都生協の参加者

東都生協の参加者

「糸数壕(*)」に入る前ガイドより説明を受けた

「糸数壕(*)」に入る前ガイドより
説明を受けた

糸数壕入り口

糸数壕入り口

2017年3月29日~31日、日本生活協同組合連合会、沖縄県生活協同組合連合会主催の「第34回沖縄戦跡・基地めぐり」に平和募金の一部を活用し、東都生協から7人が参加しました。(全体で26生協175人の参加)

今回の目的は、在日米軍専用施設の約74%が集中する沖縄の現状と、住民を巻き込んだ沖縄戦の歴史について学び、平和について考えることでした。

初日の全体会では、コープおきなわ元副理事長 横田眞利子さんの「沖縄の歴史・沖縄戦・沖縄の基地」の講演がありました。お話しは、1800年代の「武器のない島」琉球王国から始まり、戦後の基地の歴史や現状についてでした。
次に、沖縄県在住でソプラノ歌手・会沢芽美さんの、証言を基にした歌と語りの一人芝居で、沖縄で起こった地上戦の悲劇を聴きました。
その後、平良啓子さんに「沖縄戦の体験を聞く~対馬丸事件~」のお話しをしていただきました。平良さんは、米国潜水艦の魚雷により沈没した学童疎開船「対馬丸」の生存者で、沈没後6日間漂流し、無人島に流れ着いて一命をとりとめた体験について語られました。

2日目からは、3つのコース「基本コース」「親子コース」「辺野古・高江コース」に分かれ
地元のボランティアガイドさんの案内で、沖縄の戦跡や米軍基地などを見学しました。
基地の近くでは爆音をたてて発進していく戦闘機や、オスプレイなどの姿も目にしました。

参加者からは、「国民一人ひとりが当事者意識を持つことが必要、沖縄だけの問題ではない」、「報道や情報源が極端すぎる現状が、今の沖縄基地問題に繋がっている。もっと報道するべきだし国民も関心を持つべきだ」との声がありました。

通常の観光では見ることのできない沖縄の実相に触れ、あらためて平和について考える2泊3日の旅となりました。

(*)糸数壕(アブチラガマ)
約270mの自然洞穴。沖縄戦の際、砲火を逃れ約200人の住民が避難。その後、南風原(はえばる)陸軍病院の約600人の患者も送り込まれた。米軍の攻撃も受け悲惨を極めた地獄絵が展開された。
2017.04.18

今年で10回目となる北海道枝幸(えさし)漁業協同組合の女性部による「浜の母さん、海の幸 料理教室」が2017年2月22日(水)梅田地域学習センター(足立区)、23日(木)高井戸地域区民センター(杉並区)で開かれ、抽選で選ばれた合計66名の方が参加しました。
最初に、枝幸漁協の佐藤部長より、枝幸町の地形や自然、漁業そして、魚つきの森の取り組みなどについての説明がありました。町の紹介DVDも視聴し、持参いただいた「流氷」や、流氷の天使と言われる「クリオネ」の現物も見ることができ、遠い枝幸を少し身近に感じられました。
参加者からは、「山を育て漁を育て幸せにと、改めて農もあり第一次産業こそ、生きる源と知りました。」「枝幸の場所を勘違いしていました。養殖の方法も思っていたのと違い、新しい発見がいっぱいです。」との声が聞かれました。



枝幸漁協女性部のみなさん



自然や、くらし、漁業の様子などが分かった



熱く語る枝幸漁協佐藤部長



各テーブルごとに、枝幸漁協の女性部員が講師として入り、浜の母さんの味や調理を教わりました。都会の私たち用に塩分を控えめにしていただきましたが、枝幸は漁師町なので、本場では塩分がもっと濃いとのことでした。
メニューは、枝幸の海の幸をたっぷり使った、バラちらし寿司・秋鮭の三平汁・秋鮭のバター焼・ほたてカレー風味の4種類。特に今年は毛ガニの提供もある、参加者は思わずにっこり。お料理の一番人気は、塩鮭と白菜、人参、大根、ねぎ、豆腐と具だくさんの三平汁でした。


各テーブルで女性部の皆さんが直接指導



味も確かめながら料理した



盛りつけには、各テーブルの個性がでる



できた料理をテーブルに並べ、参加者と共に女性部、枝幸漁協、北海道漁連、東都生協の理事・職員が一緒に会食しました。枝幸の様子や,暮らし、漁のこと、お料理のことなどを聞きながら交流しました。
参加者からは「鮭のバター焼きにお醤油とみりんのタレをかけるのが参考になりました。」「新しいメニュー(ほたてカレー味)、素材を生かした三平汁など「海の幸」が本当においしかったです。指導してくださった女性部の方の枝幸の話も楽しかったです。」などの感想が出されていました。


盛りつけにもこだわりが



メニューは4種類



会食懇談、いろいろな方と話しができた


多摩市を訪問し、阿部市長と懇談しました。

高齢者の見守りについて意見交換しました。

2017.04.11

市長と懇談<br>中央が阿部市長、左から2人目が庭野理事長

市長と懇談
中央が阿部市長、左から2人目が庭野理事長

東都生協役職員、右から3人目が組合員常任理事

左から4人は東都生協役職員、右から3人目が
組合員常任理事

2017年3月29日(水)、多摩市役所にて、阿部市長との懇談を行いました。 東都生協からは、庭野理事長をはじめ多摩市在住の組合員常任理事と高齢者見守り活動を日々の業務で行っている職員など6人が参加し、阿部裕行多摩市長・健康福祉部福祉総務課小林弘宜課長・くらしと文化部澤井吉之副参事と「高齢者の見守り」をテーマに懇談しました。
はじめに、庭野理事長から今回の懇談受け入れのお礼とともに東都生協の概要などを伝えました。そして夕食宅配業務を管轄する配食事業部長と多摩市の組合員への供給業務を管轄している国立センター長から見守りの取り組み、組合員常任理事から多摩市における組合員活動に関して報告しました。阿部市長からは、多摩市の地域性やコミュニティづくりの課題、"みまもりタグ・みまもりタグアプリ(*)"を活用した見守りの取り組みや高齢者の見守りにもつながる市民協働の必要性などのお話がありました。
限られた時間でしたが、阿部市長・小林課長・澤井副参事と直接意見交換ができ、とても有意義な懇談となりました。これからも東都生協は自治体や他団体などと連携・協力し「助け合いのある安心して暮らすことのできる地域づくり」に貢献していきます。

(*)みまもりタグ・みまもりタグアプリの説明(多摩市の公式ホームページ)
2017.04.10

市販牛乳との比較実験

市販牛乳との比較実験

清潔な牛舎

清潔な牛舎

子どももいっぱい参加しました

子どももいっぱい参加しました

2017年3月25日千葉北部酪農農業協同組合の藤崎牧場を大人17人・子ども7人で訪問しました。
千葉北部酪農農協の信川さん、藤崎牧場の藤崎さんから八千代牛乳や藤崎牧場の特徴、酪農の現状について教えていただきました。市販の牛乳と八千代牛乳の違いが分かる実験も行いました。
生協組合員から贈られた搾乳用のもーもータオルの使用や、清潔な牛舎を維持することで、八千代牛乳生産者の原乳は細菌数が少ないとのことでした。
そのため市販の牛乳と比べ低温でしかも短時間で殺菌する事ができます。高温短時間殺菌の八千代牛乳は生乳に近いさらっとした癖のない味になるそうです。

当企画は牧場見学や乳しぼり体験を通して、千葉北部酪農農協との産地直結を実感し、利用につなげる事を目的に企画しました。牛乳の消費が減り厳しい環境の中、手間やコストがかかるにも関わらず安全な牛乳を作り続ける酪農家の存在に、参加者一同感銘を受けました。藤崎牧場は、藤崎さんが学生の時から持っていた「酪農をやりたい!」という夢を追いかけ、1頭の牛からスタートした牧場です。しかし後継者がいない為、あと数年で終わりになります。とても残念ですが藤崎さんは、「飼料や環境にこだわり作っている安全・安心な八千代牛乳の存在を広めて欲しい」とおっしゃいました。
八千代牛乳を利用し紹介し、応援していく事が今の私達にできる事だと思います。
第6地域委員会でも企画などを通し広く伝えていきたいと思います。

2017.03.02

作り方も分かり参考となった

作り方も分かり参考となった

いずれも有機野菜・雑穀を使用

いずれも有機野菜・雑穀を使用

小平西部ブロック委員会は12月7日、小平中央公民館で「健康に良い試食会」を開催しました。
毎年試食会を開催して毎回異なるメニューを作ってきましたが、今回はれんこんステーキ、おからのポテサラ風、手巻き寿司、キャベツとひじきの重ね煮、ミニ玄米ハンバーグ、かぼちゃのサモサ、おからと豆腐の濃厚ガトーショコラなど8品目。いずれも有機野菜と雑穀を使用し、ヘルシーでおいしい料理が出来上がりました。

参加者は「ヘルシー料理の作り方が大変参考になった」「家でも早速作りたい」と満足そうでした。
委員長の松本桂子さんは、「今年もヘルシー料理を皆さんに満足していただきうれしい。各家庭に戻ってぜひ実践してほしい」と語っていました。

組合員も職員も、若手生産者を応援

「米の精」についても学びました。

2017.03.02

「米の精」の説明を聞く

「米の精」の説明を聞く

米の精は各方面で使われている

「米の精」は各方面で使われている

12 月10日、第4地域委員会は「新世代チャレンジプロジェクト応援わいわい企画第2弾」を開催。
東洋ライス㈱は、金芽ロウカット玄米と、BG無洗米製法から出る肌ヌカを粒状の有機肥料に製品化した「米の精」を紹介しました。
また、多古町旬の味産直センターは「米の精」を使って甘さの強いさつまいも「べにはるか」を栽培していること、千葉北部酪農農業協同組合は牛の飼料に「米の精」を配合していることなどを説明。
産地・組合員・職員が共にテーブルを囲み交流しました。「供給に携わる職員も産地に入って手伝うことで農を知り、組合員も買い支えるだけでなく産地の現状を知り、産地参入型で三者の力が集まる生協であってほしい」と、生産者は力説。親父の次に頑張る新世代を応援したくなる企画でした。

「想いを伝えるエンディングノート」学習会

参加者同士で自身の体験なども語り合いました。

2017.03.02

中央が金田講師

中央が金田講師

今後の人生にも役立つエンディングノート

今後の人生にも役立つエンディングノート

板橋東ブロック委員会では11月29日、ライフプランアドバイザーの金田和子さんを招いて「想いを伝える エンディングノート」学習会を開催しました。
金田さんはエンディングノートの必要性を解説するだけでなく、ノートに書き記さなくても家族が困らないように大切なことを簡単に伝える裏技も紹介。50代〜80代の参加者は5人で1グループになって自身の体験や日頃から感じていることなど、2時間では語りきれないほど話し合いました。
「エンディングノートに記入することは、家族に思いを伝えるだけではなく、人生を振り返ることで今後の人生をより良く、自分らしく生きるための気付きにつなげる役割があることが学べました」と主催者。

参加者からは「グループワークでいろいろな考えを聞くことができ、とても参考になった」などさまざまな感想が聞かれました。「想いを伝えるエンディングノート

新商品おしゃべり会

横浜会場から

2017.03.02

容器もしっかり見て評価します

容器もしっかり見て評価します

「豆乳コーンスープ」は7大アレルゲン不使用で防災用品にも

「豆乳コーンスープ」は7大アレルゲン
不使用で防災用品にも

 2016年度から新商品おしゃべり会に横浜会場が加わりました。会場はJR横浜線の鴨居駅から徒歩20分ほどの場所にある横浜センターです。

毎月1~2品の新商品を試食し、味や食感のバランスを評価します。また、商品ガイドで原材料や製造工程などの説明を受け、仕様内容や規格、価格についても評価し、総合的な判断やコメントなどを報告書に記載します。試食の準備はメンバーが、商品に記載された方法で行います。

 今回の新商品、防災用にストックできる「玄米ごはん(プレーン)」は、175g で税抜き価格300円。国産コシヒカリを使用した缶詰なのでふたを開ければすぐ食べられます。最初はそのままで、次にレンジで温めて試食。玄米はぼそぼそするイメージですが、「レンジで温めるとよりおいしい。少し柔らかめの食感、玄米が苦手なお子さんやお年寄りにも良いかも」との評価。また、賞味期限は製造日から3年間と長めで「長期保存も可能でとても便利」という一方、「防災用にまとめ買いしたいが、やや価格が高い」との評価もありました。姉妹品に「玄米ごはん(ほんのりしょうゆ味)」もあります。
 もう一品は、「豆乳コーンスープ」(160g 税抜き価格265円)。コーンの甘みを生かし、豆乳でクリーミーに仕上げたレトルトスープは、牛乳・小麦粉不使用なので牛乳アレルギーの方も食べられます。湯煎をしていただきます。昨年は悪天候により北海道産コーンの生産が少なく、原料不足との説明がありました。
「とうもろこしだけでなく玉ねぎも国産でおいしい」「豆乳臭さもなく食べやすい」という良い評価や、「とうもろこしの原料調達の難しさを紙面で紹介してほしい」という声も。
担当職員はしっかりと受け止め、商品案内でアピールしていくとのことでした。

株式会社ニッコーを視察訪問

(株)ニッコーのモットーに共感!

2017.03.01

メーカーの熱い思いを確認

メーカーの熱い思いを確認

今年度の視察訪問企画第1弾は、㈱ニッコー訪問でした。参加者は事前にメーカーの資料で予習をして、11月8日、視察に臨みました。

工場では野菜の泥落とし、皮むき、洗浄、カットの様子を見てから、しゅうまいの成型ライン、具材を煮るライン、冷凍ライン、包装ラインまでを見学。同社の青柳さんから「できるだけ国産の野菜を中心に使っています。ここで行っていることは規模は違いますが、皆さんがご家庭でされていることと大差はありません」という説明があり、参加者も大きな関心を寄せていました。
また検査室では検査担当者との意見交換を行い、菌などに対しての厳しい姿勢を学ぶこともできました。

 工場視察の後は、わたしのこだわり商品「東都鶏ごぼうしゅうまい」「東都えびしゅうまい」などを試食しながら、㈱ニッコーの沿革とこれからのビジョンについて営業の山崎さんからのお話を拝聴。特に「自分の子どもに安心して食べさせられる食品を作る」というモットーには参加者から大きな共感が寄せられました。
最後に、現在「麻婆茄子丼の具」などに使う野菜を栽培する自社野菜畑の見学も行い、充実した内容になりました。

 参加者からは「初めて冷凍食品工場を見学したが、徹底した衛生管理が行われていると分かり、良い勉強になった」「原材料へのこだわり、従業員の仕事への真っすぐな姿勢を知り、これからも安心して注文できる」などの感想がありました。
現地に行き自身の目で確かめたことで、東都生協とメーカーのつながりをあらためて実感した一日となりました。
【視察訪問企画】
東都生協の取扱商品について、生産現場や関連施設を視察することにより、東都生協との約束事・それを守るための仕組み・その他仕組みの運用実態・産地・メーカーの特徴的な取り組みなどを、組合員自らが確認する企画です。
前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13