みんなの活動:これまでの活動報告

商品活動

2018.03.20

https://www.tohto-coop.or.jp/faq/upload_img/e1103b90430d8b3a7b8274b60f3ffbea788a778e.jpg

  SDGsのロゴ

https://www.tohto-coop.or.jp/faq/upload_img/sdg_logo_ja_2-2-1.jpg

講師の新良貴泰夫さん

https://www.tohto-coop.or.jp/faq/upload_img/IMG_1276.JPG

会場の様子

2018年3月13日(火)、日本生活協同組合連合会 環境事業推進部 新良貴泰夫(しらきやすお)さんを講師にお迎えし、持続可能な開発目標(SDGs)に関する学習会を開催しました。

SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)は、異常気象、貧困問題、エネルギー、気候変動など、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。 SDGsの前身となるMDGs(エムディージーズ:ミレニアム開発目標)を継承し、2015年9月の国連で採択されました。地球上の誰一人として取り残さないという壮大な理想を掲げています。

学習会では、「SDGsの達成に向けて生協ができること 誰一人取り残さない」と題して、持続可能でない世界の状況やSDGsの概要を学び、私たち生協や消費者にどのようなことができるかを考える場となりました。

講演では、地球は様々な問題を抱え、持続可能でなくなっていることや、SDGsの成り立ち、SDGsを巡る世の中の動きについて説明。さらに、SDGsの17目標が協同組合の理念と重なること、SDGsにおける協同組合への期待など、ポイントを絞って分かりやすく説明いただきました。
生協が具体的な目標を検討・策定していく際には「バックキャスティング(将来の在るべき姿を想定し、未来から現在を振り返って考える)」の考え方を用いることが大切とのことです。

今回の学習会を通じて、SDGsの目標を実現するためには、一人ひとりが「自分ごと」と捉えて取り組むことが不可欠。日常のくらしや行動を少し変えるだけでもSDGs達成につながることを学びました。

参加者からは「人が地球で生きていく上で極めて当たり前のことだと思います。このことをすべての人々が理解すべきと思います。」「SDGsについて名称しか知らなかったので、その中身を知りたくて参加しました。講師の方の説明が分かりやすく理解しやすかったです」「個人として何をすべきか、周りにどう伝えていくべきか考えさせられました。」「今回の学習会の続き、もしくはグループトークなどを企画して自分たちのSDGs を感じる学習会を企画していただければと思います。」「成立までの経緯、世界・日本でどのように受け止め履行されているのかがよく分かりました。」などの意見が寄せられました。

2018.03.08

多くの種類のパンを試食しました

パン論議が弾みました

 12 月22日、府中南ブロック委員会は、商品活動エントリー企画「商品丸わかり」をさんぼんすぎセンターで開催しました。

今回のテーマはパン。「北海道産小麦食パン」「国産小麦食パン」「サラのまるパン(紅茶・オレンジ・トマトバジル・全粒粉)」を試食しました。
「パンを焼くのは夜中で早朝に出荷」という厳しい仕事の様子、以前はお試し規格があったが今はない理由、異なるパンを同時に焼き上げ袋詰めする難しさ、バターよりマーガリン・ショートニングと言われていた時代の話など、菓子・パン部門の職員から直接聞くことができました。

また、現在の多様化したライフスタイルでは食パンは何枚切りが良いのかなど、いろいろと話が弾みました。

今回知り得た知識を今後の企画につなげていきたいです。

親子カフェでママの添加物学習会

  講師の新谷部長 子どもと一緒に安心した学べる 5月18日、第...

2017.07.13

 



講師の新谷部長



子どもと一緒に安心した学べる



5月18日、第8地域委員会は親子カフェWithCoで、安全・品質管理部の新谷喜久夫部長を講師に「ママの添加物学習会~食の安全について考えよう~」を開催。


新たな仲間づくりも考え、会場は多摩センター駅近くで地域の子連れの方が中心に訪れるスペースに設置。食の安全に関心のあるママたちやプレママなどが集まり、真剣に話に耳を傾けました。まず避けるべきはたばこやカビ毒、食中毒という話に始まり、最後の質疑応答では牛乳が日本人に足りないカルシウムの吸収に優れた食品であることを説明。「科学的な根拠を理解した上で、食べ物を選ぶことが大切と納得した」と参加者の声。


ママたちは、子どもも一緒に遊ばせながら安心して食べ物の大切さや、東都生協の取り組みを知ることができました。

~ちょっと一息~ コーヒータイム

おいしく入れるために妥協は許さない

2017.07.13

入れ方で味が違う

春を感じる試食品

 四谷ブロック委員会は4月19日、小川珈琲㈱から伊久見茉優さんを講師に迎え、ハンドドリップを使ったおいしいコーヒーの入れ方教室を開催しました。コーヒーは、生産年、生産国によって味や収穫量が異なるため、同社は独自の基準で生豆を選び、焙煎・ブレンドを行っています。おいしく入れるために計量からお湯の温度、注ぎ方まで妥協は許しません。講師の手元を参加者全員が真剣に見入る姿が印象的でした。

この日は7種のコーヒーを試飲。春を感じる試食品とともに、入れたてのコーヒーを味わう楽しい交流会になりました。「入れ方一つでこんなにおいしくなるなんて」「楽しい企画! 次回もぜひ」といううれしい声も聞こえました。

フェアトレード商品も紹介。栽培する人も飲む人もみんなが幸せになれたらステキですね。

「商品政策基準等の学習会」

~商品委員会ガイダンス~開催

2017.07.13

商品事業部からは品ぞろえについて説明

安全・品質管理部長は情報判断について解説

 4月20日、さんぼんすぎセンターにて「商品政策基準等の学習会」を開催しました。第1回商品委員会を開催する前に、各地域から選出された商品委員や理事と、新商品おしゃべり会のメンバー、地域コーディネーターに、東都生協の商品政策や基準、商品の安全性などについて学習し、活動に臨んでもらうことが目的です。
商品事業部・福田亘良部長からは、東都生協発足時から受け継がれている商品の考え方(総合政策)や、畜産物、農産物、食品に対して決められている基準について説明。東都生協では「産直」を「生産者と組合員の相互理解の上に立った運動と事業」としています。産直農産物には五つの特徴があること、産直農産物として商品を提案する前提条件、管理農薬の管理と運用まで細かい基準が設けられていることなどが語られました。
安全・品質管理部・新谷喜久夫部長からは、食品添加物表示ルールが変更され現在は移行期間であること、トランス脂肪酸や焦げの部分に多く含まれているアクリルアミドなどの有害化学物質について解説、自然毒をはじめとする11項目の食品に関わる危害性についても一つひとつ事例を挙げて説明しました。農薬については、「リスクがあるから排除する」のではなく、「リスクを理解し管理する」という東都生協の考え方を学習。産直農産物の栽培区分に自主基準を設けマークで表示していることなど基本的なことも、あらためて学びました。
参加者は、今後開催される商品委員会や新商品おしゃべり会などで学んだ知識を役立てて活動していきます。

おいしさ広がるカット野菜

野菜はもちろん国産

2017.02.09

カット野菜を試してみました

カット野菜を試してみました

使ってみる価値あり

使ってみる価値あり

 第8地域のとーと会「まなびたい・やってみたい・たべてみ隊」は11月11日、㈱健食(宇都宮市)を講師に招き「カット野菜で簡単! ラクラク調理・交流会」を開催。

当日の商品は、きんぴらごぼう用野菜ミックス・豚汁用野菜ミックス・ミックス野菜サラダです。カット野菜をバターで炒め、ゆでたパスタと東都つゆを加えて絡ませた「焦がしバターしょうゆのきんぴら風パスタ」、カット野菜と豚肉を煮込む豚汁に挑戦。野菜はもちろん国産、カットする手間が省けてゴミも出ず、味付けも自分流でOK、野菜高騰の折にも助かる魅力ある商品です。

㈱健食は新しい食品安全システムの国際規格認証(FSSC22000)を取得していることや、原料入荷から出荷までの流れも学びました。やってみて、学び、食べてみた価値がありました。

連絡会で商品活動

~利用促進商品を試食して広めています~

2017.02.09

しっかり味わってコメントを考えます

しっかり味わってコメントを
考えます

原料:牛乳、いちごピューレ(いちご国産)、砂糖、脱脂粉乳

原料:牛乳、いちごピューレ(いちご国産)、
砂糖、脱脂粉乳

東都生協は事業区域を9つの地域に分け、毎月各地域で「連絡会」を開催しています。地域の中で活動している団体(ブロック委員会、とーと会、サークル、自治体別連絡会)が集まり、活動について情報交換を行っています。
連絡会では組合員活動情報誌「Yui」を基に、商品委員会からの報告や新商品のリスト、「新商品おしゃべり会」で試食したこれからデビューする新商品の紹介を行います。また、商品委員会で選ばれた利用促進商品を試食し、アンケートに答えて、おすすめコメントを商品委員会につなげる商品活動も行っています。
商品を知るには食べてみるのが一番。商品の原材料や特徴、開発のコンセプトなど資料に沿って説明を聞き、試食します。
連絡会で試食した商品が「わたしのお気に入り商品」になることも。毎回、いろいろな意見が出ますが、全地域のアンケート結果を次月に共有しながら、商品の「おすすめコメント」を各団体で広めています。

11月の利用促進商品は「とちおとめヨーグルト」。栃木県産とちおとめ(いちご)の果肉がたっぷり入って風味豊かな商品です。乳酸菌以外は全て国産原材料を使用し、原料乳にこだわった、香料や着色料などの食品添加物を使用していないフルーツヨーグルトです。 

今回のアンケート結果は、回収153枚のうち「おいしい」と答えた人が127人、「注文したい商品」との答えが116人と高い評価でした。「栃木のとちおとめをふんだんに使ったヨーグルト」「このいちごの量でこの値段はとってもお得」「自然な甘さで、デザートやおやつにちょうど良いと思う」などのおすすめする声がありました。商品案内「さんぼんすぎ」で組合員の声として掲載されることもあります。試食した商品のおいしさを、組合員に広く伝えていきます。
【上半期(4月~10月の利用促進商品】
4月(ずんだ白揚げ)・5月(伊勢のよもぎ三宮餅)・6月(3種の和風おかず)・7月(シャイニーデリシャス果実100ゆずミックス)・
8月(釜飯せんべい〔国産五穀入り〕)・9月(いわしの生姜煮)・10月(国産舞茸と真イカのかき揚げ天)
 


トマト倶楽部主催「トマト収穫援農・交流」を行いました

「東都高原朝摘みトマトジュース」に加工されるジュース用トマトの朝摘み作業をお手伝いする収穫援農・交流企画。生産者の愛情とこだわりを、自分の目で見て感じました。

2016.11.18

2016年の「1本1円募金」は総額670,193円。集まった募金で生産者に汗ふき用のタオルを贈りました。

2016年の「1本1円募金」は総額
670,193円。集まった募金で生産者
に汗ふき用のタオルを贈りました。

収穫したジュース用トマト・愛果(まなか)

収穫したジュース用トマト・愛果(まなか)

早朝からみんなで収穫

早朝からみんなで収穫

収穫作業

収穫作業

8月9日~10日、長野県松本市にある㈱ナガノトマトを訪問。「東都高原朝摘みトマトジュース」の原料「愛果(まなか)」の畑と工場見学、ジュース用トマトの学習、朝5時半からのトマトの朝摘み収穫を行いました。トマトの収穫の最盛期は7月下旬~9月上旬。このときに収穫した「愛果(まなか)」で1年分のトマトジュースを製造します。

今年は猛暑かつ不安定な天候が続きましたが、寒暖差がある松本ならではの甘みが強いトマトができました。今回は参加した組合員と生産者・加工メーカーが力を合わせ、2,360㎏・約300ケース分のトマトを収穫しました。

参加者からは、「トマトの収穫・加工、栄養価など、知らなかったことを学べて大変参考になった」「高品質でおいしいトマトジュースを作るために、収穫時に色やわずかな傷みも見逃さず選別する厳しさを知った」「国産の安全・安心なものを利用する人が増えるように頑張りたい」などの声が寄せられました。

日本で生産されるトマトはほとんど生食用で、ジュース用トマトの生産量は全体のわずか6%と、とても貴重です。ジュース用トマトからは、トマトケチャップなどの原料となるトマトピューレが得られます。「東都高原朝摘みトマトジュース」「東都長野県産トマトケチャップ」など国産トマト製品を利用して、国内のジュース用トマト生産を応援していきましょう。

※愛果(まなか)
㈱ナガノトマトが品種改良を重ねて開発した独自ブランドのトマト。トマトの赤い色の素のリコピンが豊富で中まで真っ赤に完熟するので甘みが強く、ジューシーで加工に適した品種です。

※トマト倶楽部
信州産加工用トマト製品の消費拡大を目的に㈱ナガノトマト、ユニオンソース㈱、東都生協が2009年に設立した協議会。トマトの収穫援農などで産地・組合員の相互理解を深め、加工用トマト振興に努めます。「東都高原朝摘みトマトジュース」の購入ごとに加工用トマト栽培が支援できる「1本1円募金」も2013年に開始。

かぞの豚のふるさと訪問!

産地でランチ&学習・交流会 

2016.07.04

加須畜産の明和農場を外から見学

加須畜産の明和農場を外から見学

かぞの豚について3~4択のクイズを実施

かぞの豚について3~4択のクイズを実施

豚バラのリエットなど、かぞの豚をいろいろな料理でアレンジ

豚バラのリエットなど、かぞの豚をいろいろな料理でアレンジ

4月19日、㈲加須畜産とJA全農ミートフーズ㈱の協力を得て群馬県の明和牧場を訪問し、生産者との交流会を行いました。

かぞの豚を取り扱う㈲加須畜産は、埼玉県加須市を中心に群馬県下合計5カ所の農場によるグループ内一貫生産を行っており、グループ内での母豚数はおよそ千頭、年間出荷頭数は約2万頭になります。安全でおいしい豚肉を安定的に供給できるよう日々努力している生産者団体です。
牧場では、㈲加須畜産の田口和寿社長から農場内の様子や生産状況について説明を聞き、農場を見学、衛生管理が行き届いていることを確認しました。

その後は、加須市内の食堂でかぞの豚を使ったシェフによる肉料理(サラダ、スープ、前菜4種盛り合わせ、パスタ、メインの肉料理、デザートの全6品、レシピ付き)を味わいながら交流会。
ここではかぞの豚に関してのクイズも行われ、会場は大いに盛り上がりました。
クイズの解答ごとに田口社長から丁寧な説明もあって、みんな納得。

「かぞの豚の挽肉は利用していなかったが、今日話を聞いて今後は食べたいと思った」「十年以上かぞの豚を食べているが、素晴らしい肉ということをあらためて認識した」「豚を少ししか見られなかったのは残念。でも、とても勉強になった」など、参加者はかぞの豚の品質・安全へのこだわりとおいしさの理由を、楽しくおいしく学ぶことができました。

東都生協の組合員に安全・安心でおいしい豚肉を届けたいということから誕生しました。麦類を多く配合した低カロリーな専用飼料で育てています。肥育期に麦を多く与えることで、脂の色は白く、さっぱりとした中に味わいのある豚肉となっています。

新商品おしゃべり会がスタート

今回から横浜会場も設置

2016.07.04

各自の評価をしっかり記録しています

各自の評価をしっかり記録しています

参加者の発言は、大切な情報

参加者の発言は、大切な情報

夏に向けてのつめた~い和菓子、新しい感覚です

夏に向けてのつめた~い和菓子、新しい感覚です

4月よりスタートした今年度の「新商品おしゃべり会」。
今回から城西、さんぼんすぎ(午前・午後)、新たに加わった横浜の4会場開催となり、メンバーは半年ごとの登録となりました。9月までの半年間、毎月1〜2品を調理し試食、その後評価を行います。

4月14日、さんぼんすぎ・午後会場では第1回を開催。商品の原材料や製造方法の説明を受け、試食し、食味や価格、使い勝手など、忌憚のない意見交換を行いました。


今回、商品が少ない夏場の和菓子として「氷結果実のしずく(完熟マンゴー)」が提案されました。なめらかなマンゴーのシャーベットを求肥で包んだ一品で、「初めての食感!」との声が多数出ていました。マンゴーのピューレの原材料は外国産ですが、国産の米粉を使用しています。和菓子ではありますが、「夏場の氷菓子として、冷凍庫にいつも入れておける便利さがある」との意見も...。

冷凍庫から出して5分たってから食べると硬さもちょうどいいのですが、溶け始めると柔らかくなるので、早めに食べた方がおいしく食べられることが分かりました。「冷凍庫の隙間に常備できる」とおおむね好評価でした。

さんぼんすぎ・午後会場には10人が登録。多くの人が食へのこだわりを持っていて、自分の意見をしっかり伝えていました。これらの評価の声を出す活動で商品づくりに関わっていきます。 
1  2  3