みんなの活動:これまでの活動報告

食と農

2018.02.20

左から講師の松本職員、吉田氏


2018年1月30日、東都生協さんぼんすぎセンター地下ホールで、東都生協の産直事業を取り巻く大きな環境の変化や日本の農業の現状などについて理解を深める学習会を開催しました。


農事組合法人 さんぶ野菜ネットワーク 生産販売部・部長の吉田友和氏と、東都生協・農産グループの松本正樹職員を講師に、日本の農業の現状や東都生協の産直事業を取り巻く大きな環境の変化について理解を深めました。

千葉県にある「さんぶ野菜ネットワーク」は、半径5km以内で耕作する組合員が、輪作体系を基本とした土づくりを行っています。輪作体系や資材・肥料の組み合わせ試行錯誤を繰り返し、ノウハウを蓄積してきました。青果を扱う東京の大田市場まで1時間という好立地の場所にありますが、東京近郊にあるため求職も容易で、転職して離農していく生産者も多いということです。出荷戸数は52戸(うち、他業種からの就農が29戸)。登録圃場は約85㌶で有機農産物を生産し、栽培品目は60品目。2001年にJASの団体認証を32戸の農家(認定圃場50㌶)で取得されています。
吉田氏は、アメリカ離脱後のTPPの動きや田畑の耕地面積の減少、生産者の高齢化、産地から消費地への物流確保、最近では長距離輸送のコスト高など、日本の農業を取り巻く環境変化について触れながら、現在の課題として、労働力・コミュニケーション不足、JAS認定の維持費用、配合肥料の証明書の取得・管理―などをあげられました。今後は組織管理体制の見直しやコミュニティの活性化、作付面積拡大・品質向上に取り組んで行くとのことでした。

また、松本職員からは、これまでの東都生協の産直の取り組みを報告。東都生協の産直における課題として、①環境変化によるデメリットの解決、②交流運動から交流事業への質的転換、③産地直結への理解と共感を実現する仕組み、④産直事業におけるメリットの想像と報告しました。
今後の産直事業におけるメリット創造についても報告し、その内容は①産地生産者と組合員がともにメリットを実感できるようにし、共通した目的に向かって〝協同〟ができること、②後継者対策として新世代チャレンジプロジェクトの取り組みをさらに広げ、次のステップへつなげる、③産地・組合員・生協従業員の3者で共通目標の達成に向けた協力の枠組みと具体的活動をつくりあげていくことなど。


 さんぶ野菜ネットワークのにんじん「浜紅」を試食しながら交流し、東都生協のこだわり・魅力・商品の良さを実感しました。

<参加した組合員の声より>
・さんぶ野菜ネットワークがどの様に取り組んでいるか、日本の農業の事が良く分かった。
就農者の高齢化を心配していたが新規就農者もある程度いるということで何とか持ちこたえているのかと思った。
・「有機農産物」を作り続けることの大変さがよくわかった。
・若い人がもっともっと農業に携われるよう組合員も応援していかなくてはと思った。
・日本農業の持続的発展のために乗り越えるべき課題はたくさんあるが「産直の東都」と
して今後も組合員の信頼を得て産地との相互理解を深めながら取り組んでもらいたい。

ひたち野 穂の香卵 飼料用米 稲刈り体験&鶏舎見学・交流!

JA新ひたち野・(一社)日本販売農業協同団体連合会 JA新ひたち野、小幡畜産(株)

2018.01.18

雨上がりの田んぼで稲刈り体験

いつも食べられる「ひたち野穂の香卵」鶏たちに感謝

 稲刈り体験&鶏舎見学と学習交流会を10月7日、飼料用米の産地JA新ひたち野で開催しました。 当日田んぼはかなりぬかるんでいましたが、JA新ひたち野の方から稲の刈り方の説明を受けて、いざスタート。2本の鎌を順番に使い、畔に近いところで記念写真を撮ったり、皆さん楽しみながら稲狩りを体験しました。その後はJA新ひたち野本店で、飼料米と「ひたち野 穂の香卵」についての学習会。お昼は「ひたち野 穂の香卵」を使った茶碗蒸し、ゆで卵、レンコンを使ったコロッケや地元産豚肉のソテーなどをおいしくいただきながら交流しました。午後からは鶏舎の見学でした。白衣・マスク・靴カバーを装着し、鶏舎に徒歩で移動し、鶏舎では先ほど刈った稲を鶏にあげました。「ひたち野 穂の香卵」の鶏はあまり食べてはくれませんでしたが、「産直たまご」の鶏はおいしそうに食べ、おとなも子どももうれしそうでした。二黄卵や殻の薄い卵などの観察も行い、子どもたちは実際に割ってみる体験ができ、殻の割れる微妙な感触を実感しました。
 参加者からは、「卵に触ったら温かかった。鶏舎の鶏に稲をあげたら、ばくばく食べた」「こういう生産現場に初めて来た。いつも卵を食べない息子が『ひたち野 穂の香卵』のゆで卵は喜んで食べていたので、今後利用したい」「稲刈りした稲を鶏にあげるなど、子どもたちが身を持って体験できて良かった」との感想がありました。
 飼料用米ができるまでの一端を知るとともに、輸入飼料に頼らない、日本の風土に合った稲を鶏の餌として生かした養鶏について楽しく学び、「ひたち野 穂の香卵」への理解を深める一日となりました。

商品委員会主催の「アレルギー学習会」開催

資料を使って分かりやすい説明 実際に食べて味もチェック

2018.01.11
 

資料を使って分かりやすい説明

資料を使って分かりやすい説明

実際に食べて味もチェック

実際に食べて味もチェック

2017年10月5日、東都生協アレルギー相談室の武内澄子職員を講師に学習会を実施。食物アレルギーとは、通常は体を守る免疫が食べ物を「異物」と認識して過剰に反応し、体に有害な症状を起こすことをいいます。原因は食物に含まれるタンパク質で、症状は年齢とともに変化します。食物アレルギーの多くを占めるのは鶏卵と牛乳。これらを食べられないことによるタンパク質不足は、「肉・乳製品・魚介類・大豆」、カルシウム不足は「大豆・魚介類・海藻類・野菜類(アレルギーを起こさないアブラナ科の野菜、小松菜やチンゲン菜など)」の摂取で解消でき、花粉症から口内が痒くなる果物は、加熱すると症状が出ないなど具体的で分かりやすく説明。

その他、小麦由来成分を含む石けんの使用による小麦アレルギー発症、虫歯予防剤のリカルデント(CCP.ACP)を牛乳由来と知らずに歯科医が使ったことによるアナフィラキシー発症、微量でアレルギー症状を起こす牛乳から作るカゼインNaは加工食品に多用され、微量でも発症するなどの事例を紹介し、注意を喚起しました。 次に、アレルギーを考慮した商品「あわめん」を使った焼きそば、フレンズスイーツの「ガトーショコラ」「国産さつまいもと栗のタルト」などの試食。「アレルギーの有無にかかわらずおいしい」「『お米で作ったしかくいパン』は小袋分けしてあり外出時に便利」と好評で、「アレルギーを考慮した商品は化学調味料不使用で体に優しいものが多い。今後取り入れたい」という感想もありました。 東都生協は毎月1回「アレルギーを考慮した商品」を取り扱っていますが、一部の商品はインターネット注文ページ「産直の東都生協.COOP」に掲載している注文番号をOCR注文書に書くことで毎週注文も可能です。

種子法の学習会~種子法廃止で日本の食はどう変わる?~開催報告

日本の種子が世界のグロ-バル企業に支配される可能性も

2017.10.04

種子法の学習会~種子法廃止で日本の食はどう変わる?~開催報告

https://www.tohto-coop.or.jp/faq/upload_img/4566051768f13691df967defe459c4cabb4e0f53.jpg

講師の印鑰智哉氏

https://www.tohto-coop.or.jp/faq/upload_img/image002.jpg

参加者からも意見・質問が出された

私たち日本人の食を支えてきた米、麦、大豆。これら「主要農作物」を安定供給するために、優良な種子の生産・普及を担ってきた種子法(主要農作物種子法)が、農業改革関連8法案の一つとして今年4月の通常国会で廃止されました。このため今後、米などの種子の価格が高騰し、また各地で栽培されている特産農作物の種子の維持が難しくなる恐れがあります。さらに日本の種子が世界のグローバル企業に支配される可能性も指摘されています。

2017年9月25日(月)、東都生協さんぼんすぎセンター地下ホールで、「日本の種子(たね)を守る会」設立に関わった印鑰智哉(いんやく ともや)氏を講師に、種子法廃止に伴う経過や、主要食材の安定的供給が崩れる恐れなど、今後の課題について学びました。参加者60名。

種子の問題は、世界の動きを理解していないといけない。
また、多国籍の化学企業、特に遺伝子組み換え企業によって世界の種子市場が独占されていること、それがどうして生まれたのか、日本の場合はどうなるかなど、種子の問題は、世界の動きを理解していないといけない。独占の手段として化学肥料や農薬と種子が1つのセットになっていることが大きな問題で、決して化学肥料や農薬を一切使わない農業でなければいけないというようなことではない。

とりわけ今後予想されるのが、大手の化学企業による種子から栽培、流通まで仕切っていく形での食の再編が行われること。消費者や生産者が自分たちの食を主体的に選べないシステムが大きくなっていくことであり、それが与える影響はきわめて大きく、ここで消費者や生産者が声をあげて、自らの食のシステムを守れるようにしていく必要がある。

生産者・消費者の力として、今、起きていることを多くの人びとに伝えて、食があぶなくなること、それは人びとの健康や生態系にも大きな被害が考えられることを伝えること。多くの人が知らないまま、知ることが第一歩。種子の重要さ、食が果たす役割の大切さ、そして地域で作ることの重要さを共有し、それを実現させるための政策を求めることが重要であると話されました。

新茶の季節を五感で満喫!  

第41回お茶摘み交流会

2017.07.13

 



貴重な新芽のお茶摘み体験



特別講演講師八田純人さん



三分づき玄米のもち米つき体験



㈲人と農・自然をつなぐ会主催で4月22日〜23日、「お茶摘み交流会」が行われました。この交流会は、同産地代表の杵塚敏明さんが41年前から毎年開催しているもので、東都生協の組合員をはじめ、国内外から約80人の参加者が新茶の茶畑に集いました。

お茶摘みやお茶の手もみ体験のほか、山菜料理や新茶の天ぷら、炊き込みご飯、猪飯、手作りこんにゃく、鶏絞め、餅つきなど、おとなも子どもも楽しめる体験が盛りだくさんの2日間。地元の旬の味を堪能し、生産者と消費者が共に食べ、語り合う...生産者と消費者のつながりと命の大切さが実感できた交流会となりました。

今年は、食の裏側を学ぶ機会として、農民連食品分析センター所長の八田純人さんをお迎えし、「農力を伸ばす知識を育もう― 分析現場から伝えたい食の裏側」と題した特別講演も行われました。普段、何不自由なく食べ物を手に入れ、豊かな食卓を囲むことができている私たちですが、効率や経済性を重視した食料供給の仕組みをちょっとのぞいてみると〝豊かさとは何?〞とあらためて考えさせられます。生命の営みとそのつながりの尊さ、大切さを考える時間を共有することができました。

参加者からは、「お茶は心の持ちようで味が変わるとのこと、これからはゆったりとした気持ちで入れたい」「八田さんの講演や皆さんの話を聞いて、もっと食に気をつけていきたいと思った」「大好きなお茶がどのように育っているのか見ることができて良かった」など、たくさんの感想が寄せられました。

2017.07.13

テーブルいっぱいに並ぶお料理

やさいクイズで大盛り上がり

6月27日「農家のプチブランチ~農家のレシピ大発見~」を生活工房ワークショップルームA(世田谷区三軒茶屋)にて開催しました。(参加者 おとな47人・子ども1人) 東都生協産直生産者団体協議会の協力で、(農)房総食料センター・(農)茨城県西産直センター・千葉北部酪農農業協同組合・(農)船橋農産物供給センター・(農)埼玉産直センター・(農)埼玉西部産直グループの6団体に参加していただきました。
昨年のプチブランチで、「全産地と交流したかった!」という声が多く挙がったため、今年は1テーブルを大きくし2産地の方に座っていただき、席移動の回数も少し増やす事で全産地と交流をする事ができました。
房総食料センターによるクイズ大会では、植物の花や種に関する問題で大変盛り上がりました。知っている様で意外と知らない事が多く、クイズを通して農作物について理解を深める事ができました。

 参加者からは、「産地訪問をした様にお話しをいろいろ聞けて良かった」「紙面からでは分からない事を沢山知る事ができるので、生産者と直接交流するのが大事だと思った。」「初めての参加でしたが、和気あいあいでとても楽しい会でした。是非今後もこのお得な企画をお願いしたいです。」と満足度の高い感想を多くいただきました。試食も沢山あり皆さんのレシピが増えました。

 半日で複数の団体と1度に交流をする事ができる本企画は、組合員にとって貴重な機会であると思いました。今後も産地と組合員の交流が計れる企画を計画していきたいと思います。
2017.06.12

持ち寄った料理を盛りつけ中

グループごとに試食しながらおしゃべり

東都生協の生産者が、とれたて野菜や果物、米、牛乳、肉、たまごなど自慢の作物を料理し持ち寄って交流する「農家のプチブランチ」。2016年度は前年までの「農家レストラン」から名称を変えて9会場で開催しました。

 各会場に4〜6団体が来場し、参加者はそれぞれの団体の料理を試食しながら交流。おいしさに感激しつつ、レシピや作物、生産の苦労、産地の状況、後継者のこと...と話も弾み、質問にもその場で答えてもらえました。  組合員からは「いつも購入している商品の生産者と交流できて、安全な作物を作る工夫やご苦労が分かり大変勉強になる」「東都生協の産直野菜のおいしさを再確認した」「皆さん自信を持って作っているので今後も応援したい」など、産地と直接つながる産地直結を実感する感想がたくさん。生産者からは「実際に食べている人の声や、どんな野菜がほしいかなども聞ける双方向の交流ができて良い」と好評でした。
2017年度の「農家のプチブランチ」はさらに工夫を凝らして開催します。2016年度と同様に団体が持ち寄った料理を試食する交流会と、食材をみんなで調理し、試食する交流会があり、地域ごとにテーマや参加団体が決まっています。

おいしさを堪能した後には注文しやすいように商品案内への掲載情報もお知らせします。 お住まいの地域のニュース「地域版ワォ」の案内をどうぞお見逃しなく。生産者からいろいろなこだわりを直接聞いて商品のおいしさを発見してください。
★農家のプチブランチ 2017年度開催予定一覧はこちらをご覧ください

【農家のプチブランチ】 産直野菜などの生産者で構成する「東都生協産直生産者団体協議会」と組合員活動委員会とが力を合わせて、東都生協ファンを広げること、産地直結を実感して利用につなげることを目指して企画し、地域委員会が開催する交流会です。


新商品おしゃべり会は毎月楽しく開催しています

おしゃべり会の意見・要望が、商品や商品案内の改善につながります

2017.06.12

試食したら意見を評価表に記入します

天然酵母ごまチーズ

 2016年度下期の新商品おしゃべり会、さんぼんすぎ午前会場は最終回もにぎやかに開催しました。

天然酵母パン研究会からの新商品「天然酵母ごまチーズ」は、有機黒ごまを豊富に入れた国産小麦のパン生地でよつ葉乳業㈱のナチュラルチーズを包んだもの。トランス脂肪酸を懸念する声を受け、ショートニングやマーガリンは不使用の商品です。

試食では「そのままでもおいしいが、軽くトーストした方がごまやチーズの風味が増してよりおいしい」という感想や、「粒のままのごまは消化吸収されにくいので、すりごまにしてみては?」「あんこなど甘いタイプもほしい」などの意見が出ました。「今後の検討課題と受け止め、安全な原材料を使用している点やおすすめの食べ方を案内していきます」と職員。
 もう一品は「大根生姜のど飴」。大根エキスとしょうが粉末を麦芽水あめに混ぜた喉に優しい商品。「大根としょうががほのかに香り、おいしくて喉に良さそう」「品の良い甘さが好き」など良い評価があった一方で、「のど飴という感じではなく、〝大根生姜飴〞の方が良い」という意見や少量の規格を望む声もありました。

 こうした一人ひとりの声が、商品案内での分かりやすい表現や商品の改善につながっていきます。参加メンバーからは「新商品のことがよく分かり、商品知識も増えて楽しかった」という感想も聞かれました。

 2017年度の新商品おしゃべり会は、上期は城西会場午前・午後、さんぼんすぎ会場午前・午後、横浜会場の計5会場で4月からスタートしています。下期のメンバーは組合員活動情報紙「ワォ」やホームページで8月初旬に募集します。商品づくりへの多くの方の参加をお待ちしています。

2017.06.12

たくさんの魚の試食品

食から環境まで深い学習会となった

 3月16日、第1地域の足立とーと会は千倉水産加工販売㈱の古川信利さんを講師に招き「おさかな学習交流会」を開催しました。

商品ごとの原料魚や製造工程、女川やノルウェーの工場などについて丁寧な説明を聞いた後、試食。

当日の商品は「東都しめさば」他9品目とつみれ汁でした。
主催者はご飯とたくあんも用意。お魚のおいしさが一層引き立ちました。
質疑応答では「子持ちししゃもは商品としてたくさん出回っているが、資源減少にはつながらないのか?」との問いに、古川さんは「ししゃもは決められた漁期にだけ、資源を保全しながら漁をしているので減少にはつながりません」と回答。海外漁場の状況も学びました。

主催者は「国産、ノルウェー産のさばの違いと良さがよく分かり、また魚から見える環境問題などいろいろ勉強になった」と今回のような企画の大切さを実感していました。

組合員、産地・メーカー、職員それぞれの理解を深めた大交流会

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中 (有)どさんこ農...

2017.06.12

(株)エルベ・プランズの撥水加工ネクタイの実演中

(有)どさんこ農産センターの生産者による紹介

やさと農業協同組合の産地紹介

 3月18日、第7地域委員会主催の大交流会を武蔵野スイングホールで開催。組合員、産地・メーカー8団体、職員の計58人が参加しました。
はじめに各団体(エム・シーシー食品㈱、中野市農業協同組合、千葉北部酪農農業協同組合、㈱ミサワ食品、㈱エルベ・プランズ他)から、取り扱っている商品、団体の特長やこだわりを紹介。
 埼玉産直センターの若手生産者は「百年トマト」の目指すものと意気込みについて話しました。また、「新世代チャレンジプロジェクトのマークの名前を知っていますか?」の質問には幼稚園児の男の子が「やったろう」と正解し、みんなびっくり。

その後8テーブルに分かれ、昼食交流。団体・組合員・職員は途中1度席替えを行い、交流を深めました。

 参加団体からは「生産者がおいしく安全な作物を作るのは当たり前。消費者の顔、生産者の顔が思い浮かべられることが、本当の安心・安全、産直だと思う」( ㈲どさんこ農産センター)、「これからはレタスが旬。きゅうりもトマトもサラダにして1日350g以上食べてください。東都ファームのにんじんドレッシングでね」(やさと農業協同組合)などのメッセージが。
職員は「生産者の思い、苦労話、商品の安全性などを伝えていくのが務め」「普段知ることができない情報は担当者ニュースや供給などで伝えていく」と思いを語り、組合員は「生産者の熱意を感じ、品質への信頼感を強くした」「今日の話は他の組合員にも伝えたい」「若い人が頑張っていて頼もしい」などの感想を述べました。
じっくり深く交流することで団体や商品に対する理解や信頼度が深まった有意義な交流会でした。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11