みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

東都生協からナガサキ平和代表団を派遣

被爆者やナガサキの想いを共有し、平和を次世代につなげます

2016.09.20

組合員が折った千羽鶴を手向ける

組合員が折った千羽鶴を手向ける

ガイドの説明を聴きながら碑をめぐる

ガイドの説明を聴きながら碑をめぐる

日本生協連の虹のひろば」

日本生協連の虹のひろば

東都生協では、日本生活協同組合連合会主催の「2016ピースアクションinナガサキ」(8月7日~9日)に今年も平和代表団を派遣して参加しました。全国から43生協、850人の参加があり、東都生協からは子ども1人を含む4人が参加。

1日目は長崎到着後、被爆者の方からご自身の被爆体験のお話を伺いました。被爆者の方も高齢化し、被爆体験を直接聴くことができる貴重な時間となりました。

2日目は、生協平和のまち歩きと日本生協連主催の「虹のひろば」に参加。
歩きでは、山王神社周辺をボランティアガイドの説明を聞きながらめぐりました。今も残る原爆の爪あと、原爆の熱線や爆風のすさまじさを感じました。

「虹のひろば」では、長崎市長から「広島・長崎の2つの市だけの話ではなく、全国の皆さんと核兵器をなくす想い、行動を共有していきたい」というメッセージがありました。
続いて、被爆者の手記の朗読や、被爆二世として継承活動を行っている長崎原爆被災者協議会の活動報告、高校生1万人署名活動実行委員会による「高校生平和大使」の取り組みなどが紹介されました。

3日目は長崎市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参加しました。

参加者からは、「中学2年生の孫と2人で参加しました。原爆資料館を見せたかったし、被爆者の話を直接聞かせたかった」
「被爆者のお話の中で最も心に残ったのは『お母さんの優しい手、お父さんの温かいまなざし、友達との会話、好きな人の笑顔...その全てを奪い去ってしまうのが戦争です』という言葉です。これを聞いたときに私は初めて鮮明に戦争の残酷さを思い知りました」
との声が寄せられました。参加者は、原爆の実相を学ぶとともに戦争の悲惨さを肌で感じ、平和への思いを新たにしました。

今回のナガサキ平和代表団の派遣には、組合員からお預かりした平和募金を活用させていただきました。東都生協は、安心して暮らせる平和な世界を次世代に引き継いていくため、これからもさまざまな活動に取り組んでいきます。

足立センターとの新世代チャレンジプロジェクト

(農)房総食料センター、㈱野菜くらぶ とコラボ

2016.09.14

各産地の取り組みを聞く

各産地の取り組みを聞く

野菜を生で食べると本当の味が分かる!

野菜を生で食べると本当の味が分かる!

  6月30日、第1地域委員会は「野菜を知って、食べて、産地を応援しよう! 新世代チャレンジプロジェクト産地との試食交流会」を開催。今年度の足立センターとのコラボ産地・(農)房総食料センター、㈱野菜くらぶそれぞれの取り組みを聞き、一緒に野菜を調理し試食しました。
中でも朝穫りとうもろこしは本当に甘くて大好評。

野菜作りについて熱心に質問する参加者が多く、「今日のことを思い出しながら注文したい」「野菜を生で食べると本当の味が分かり、生産者のご苦労も分かる」との声も聞かれました。
天候不順や虫害など生産者が抱える問題や、試行錯誤しながらおいしい野菜を生産していることについて直接知ることができ、実りある交流となりました。 

(農)茨城県西産直センター

枝豆の収穫体験 買い支えなければと実感した一日 7月7日、四谷ブロック委員会...

2016.09.14

枝豆の収穫体験

枝豆の収穫体験

買い支えなければと実感した一日

買い支えなければと実感した一日

7月7日、四谷ブロック委員会は(農)茨城県西産直センター訪問を企画し、小玉すいか「スマートボール」、枝豆、とうもろこしの畑で収穫体験を行いました。

スマートボールの受粉作業は全て手作業で受粉後30日で収穫できること、枝豆の畑は栽培量が少ないため交代で栽培を行うこと、とうもろこしは1株に2本ほど実が成り、上の実を残して下は落とすことなどを伺いながら収穫しました。


収穫体験後は、生産者や同センター職員の皆さんと昼食交流。野菜たっぷりのカレー、サラダ、天ぷら、かぼちゃの煮付け、とうもろこし、すいか...とテーブルいっぱいのごちそうをいただき、「とうもろこし収穫後の畑は、根などが残っているまま攪拌すると良い土になる」など土づくりの話も。

生産者の熱心な取り組みを垣間見て、これからも買い支えなければと実感した一日でした。

地元で愛されるこだわりのメーカー

こだわった頑固なまでの職人魂に共感!

2016.09.14

圧巻の充填ライン

圧巻の充填ライン

試食しながら交流会

試食しながら交流会

萩山ブロック委員会主催で6月24日、「大学いものたれ」や「すき焼割り下」でおなじみの㈱ポールスタアを訪問。
説明を聞いた後、白衣に帽子・マスクを装着し、いざ工場内へ...すぐそばで見学できたソースやたれの生産ライン、充てんラインは圧巻でした! また、「おばあちゃんの油なすのたれ」「胡麻ぽん」を使ったアレンジ試食会ではみんなおいしいと大絶賛。国産野菜を使用、無添加にこだわった頑固なまでの職人魂に、ますます同社の商品が好きになりました。
 
交流会では、「ソースのびんはリユースできないの?」と問題提起する場面もあり、参加者の関心の高さを知ることもできました。萩山ブロックとしてはお膝元(東村山市)の魅力あるメーカーに出会えて大満足。お忙しい中、案内してくださった伊東則昭さん、酒井康博さん、ありがとうございました。

エコクラフトで籠編み体験

久しぶりの"集中作業"!

2016.09.14

初体験に四苦八苦

初体験に四苦八苦

洗濯バサミで形を整える

洗濯バサミで形を整える

6月23日、千駄木ブロック委員会は東都人材バンクの秋元かおりさんを講師に、紙バンドを使った平編み籠作り体験を開催しました。
紙バンドとは、新聞紙や牛乳パックの再生紙で作られた細ひもを12本まとめて平たいテープにしたもの。牛乳パックからは白色のひもができますが、これに着色した物もありカラー・バリエーションも豊富。昔、ひもはつるや竹製でしたが、材質が代わっても編み方は同じです。ただ、つるのような柔軟さはないので、所々に木工用ボンドと洗濯バサミを使って編んでいきます。参加者は初めての籠作りに四苦八苦。
「は〜」とため息をつき、「不器用な私が参加してしまって、どうしよう」と嘆いていた人も、最後は「できて良かった」と満足げでした。
久しぶりの集中作業に、頭も使って楽しい時間を過ごせました。

ひたち野 穂の香卵

飼料用米 田植え体験&鶏舎見学・交流

2016.09.14

稲が倒れないように丁寧に田植え

稲が倒れないように丁寧に田植え

ひたち野 穂の香卵の鶏舎

ひたち野 穂の香卵の鶏舎

鶏舎内では全員白衣とマスク着用

鶏舎内では全員白衣着用

5月21日、JA新ひたち野農業協同組合と小幡養鶏を訪問し、飼料用米の田植え体験と昼食交流と鶏舎見学を実施。飼料用米を配合した餌で育てた鶏の卵「ひたち野穂の香卵」。その飼料用米の産地・JA新ひたち野と日本販売農業協同組合連合会の協力を得て行われた体験交流企画です。

はじめに茨城県石岡市にあるJA新ひたち野の田んぼに到着。田植えの仕方の指導を受けて、一列に並んで田植えをスタート。慣れない手つきで泥に足を取られながらも、一生懸命苗を植えました。
田植え終了後はバスでJA新ひたち野本店に移動し、生産者やJAの皆さんと一緒に昼食タイム。「ひたち野 穂の香卵」 を使ったお料理をおいしくいただきながら、大いに交流しました。

「ひたち野 穂の香卵」についての学習では、餌をとうもろこしでなく米にした経緯や畜産の自給率などについて学び、活発な質疑応答が行われました。
その後バスで小幡養鶏へ。養鶏場や飼料・飼育方法について説明を聞き、「ひたち野 穂の香卵」の鶏舎と飼料場・堆肥場を見学しました。

参加者からは「田植えの体験では、大変な労力を要することが分かって良かった」「鶏舎が興味深かった。鶏の健康などいろいろ手間をかけていることを感じた」「いのちを支えるものを作っている方々に感謝と応援をしたい」などの感想が聞かれました。
 飼料用米ができるまでの一端を知るとともに、輸入飼料に頼らず日本の風土に合ったお米を鶏の餌として生かした養鶏について実体験を通して学ぶことができ、充実した一日となりました。

小幡養鶏: JA新ひたち野管内唯一の養鶏農家。開放鶏舎で1段ケージ飼いを行っています。「ひたち野 穂の香卵」は養鶏用飼料の主原料のとうもろこしをひたち野産飼料用米に置き換え(配合率約60%)、自家配合した餌を鶏に与えています。

第3回商品委員会が開催されました

組合員も参加し、新しく東都生協で取り扱う商品を確認!

2016.09.14

事前に届くガイドを読み出席し、1品ずつチェックします

事前に届くガイドを読み出席し、1品ずつチェックします

うさちゃんビスケ・のりものクッキー・くまちゃんビスケ

うさちゃんビスケ・のりものクッキー・くまちゃんビスケ

実際に商品を手に取り確認します

実際に商品を手に取り確認します

商品委員会は、9つの地域から選出された組合員と組合員理事、商品部と安全・品質管理部の部長が構成メンバー。
毎月、新しく取り扱う商品を確認し、商品活動全体を取りまとめます。商品事業が基本方針などに沿っているかの評価・提言や、新商品おしゃべり会や商品モニターの評価結果など商品関連の活動報告、組合員の声の紹介、アレルギーに関する学習会などの企画も話し合います。また、委員は各地域の連絡会で新商品説明を行い、地域の声を商品事業につなげています。

  今月は、9月の新登場商品194品、地域振興商品1品、催事商品4品の合計199品を確認。商品基準に合うか、組合員のニーズに合うか、説明・表示が分かりやすいかなどをチェック。その後担当職員との質疑応答を行いました。
一部をご紹介すると、アレルギー対応商品の菓子3シリーズは、有機野菜を原料に用いた甘さ控えめのやさしい味で、しっかりかめる硬さもあることを確認。人気商品の「栗ご飯の素」は、昨年国産栗が不作だったため、韓国産栗の原料が提案されました(新物の国産栗が出回れば切り替える予定)。
「『生姜蜂蜜』は蜂蜜含有量が低いのにこの商品名で良いのか」との質問には、「『蜂蜜加工品』なので問題はないが商品案内を工夫する」と回答がありました。9月の利用促進商品選定では2品を試食し、「いわしの生姜煮」に決定。冷凍品ですが自然解凍でも食べられ、各地域の連絡会で試食・学習してもらい、利用普及を進めていきます。

  委員からは、東都生協としてふさわしい商品提案をしてほしいとの要望も。東都生協の商品や活動をより良くしたいと積極的で活発な論議が行われました。

リサイクル洗びんセンターを支える会

2016年度総会を開催しました。

2016.09.08

2016年度総会

2016年度総会

リユースびんのフタ取り

リユースびんのフタ取り

商品案内セット作業

商品案内セット作業

2016年8月31日(水)、リサイクル洗びんセンターを支える会2016年度(第21回)総会が開催され、全議案が可決されました。

リサイクル洗びんセンターを支える会は、会費収入からリサイクル洗びんセンターを中心とした法人事業所の生産設備や設備投資など働く環境を改善するための資金支援をしています。会員からの会費収入の使途や、次年度の活動計画は、毎年の総会で決定しています。

2016年度(第21回)総会には、リサイクル洗びんセンター(4人)、東都生協共生会役員(2人)、東都生協役職員(4人)が出席しました。

事務局より、2015年度活動報告、2015年度会計報告、2016年度活動計画が提案され、全議案が可決決定しました。意見交換では、リサイクル洗びんセンターで働いている利用者の方からの報告や多くの組合員にリサイクル洗びんセンターの取り組みを広めていく取り組みなどについて話し合いました。

総会終了後は、リユースびんを洗浄する作業工程や、商品案内セット作業を見学し、リサイクル洗びんセンターの事業活動について理解を深めました。

2016.08.31

東都生協(庭野理事長と阿部市長)_20160825多摩市小滝さんより.JPG

阿部市長(左)と庭野理事長(右)

代表者_20160825多摩市小滝さんより.JPG

協定を締結した6事業者の代表

2016年8月24日、多摩市役所にて多摩市地域見守り活動協定締結式が行われ、多摩市と「協力事業者による多摩市地域見守り活動に関する協定」を締結しました。

協定締結式には、東都生協を含む5生協、1事業者(*)が出席し、阿部裕行市長の「顔の見えるつながりをもつ協力事業者による支援は大変ありがたく、この協定締結によりこれからも相互に協力し合いがんばりましょう。」というお話のあと、事業者の代表一人ひとりがあいさつを行い、それぞれ協定書を取り交わしました。

この協定の締結に伴い、東都生協では、地域の配達を担当する職員が業務中に組合員や地域住民の異変に気付いた場合、事前に取り決めた連絡先に速やかに連絡することで地域住民の安全を守るという見守り活動に取り組みます。

東都生協は引き続き、行政や地域生協・医療生協をはじめ地域の事業者・団体と協力し、誰もが安心して住み続けられるまちづくり活動に積極的に取り組みます。

*今回協定を締結した協力事業者一覧(順不同)
生活協同組合コープみらい
自然派くらぶ生活協同組合
多摩南生活クラブ生活協同組合
東都生活協同組合
生活協同組合パルシステム
布亀株式会社

2016ピースアクションinヒロシマ報告

71年前のきのこ雲の下での出来事や高齢化が進む被爆者の想いを学びました

2016.08.25

平和の折鶴を手向ける

平和の折鶴を手向ける

碑めぐりの様子

碑めぐりの様子

参加者

参加者

日本生活協同組合連合会主催の「2016ピースアクションinヒロシマ」(8月4日~6日)に今年も参加しました。東都生協からは親子1組を含む6名で参加しました。 1日目は広島到着後、元中国新聞社の記者で入市被爆をした浅野温生(あさの よしお)さんの講演をお聴きしました。浅野さんは原爆投下翌日に広島市内中心部に入りました。その際、市内の惨状を目撃しました。入市被爆者でもある浅野さんはご自身の体験と新聞記者として多くの被爆者を取材し得た、その苦悩についてお話をされました。

2日目は、碑めぐり平和公園内の主な遺構や慰霊碑などをボランティアガイドの方の説明を聞きながら見学を行しました。
午後は日本生協連主催の「虹のひろば」に参加しました。全国から61生協1,200人の組合員とその家族、職員が集まりました。
広島の松井市長のあいさつでは「核兵器も戦争もない平和な世界の実現のために、一緒に考え、行動しよう」との話がありました。

3日目は広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参加しました。黙祷を捧げ、組合員が平和の願いを込めて折った千羽鶴を手向けました。
参加者からは、広島の現地に来て原爆の遺構や慰霊碑を見学して、原爆の恐ろしさを実感しました。「平和の維持」は絶対に必要だと思いました。との感想がありました。

最後に被爆者の証言の一部を紹介します。

※爆弾を落とした相手にたいして憎しみが残っているとなかなか証言はできない。未来の皆さんに伝えたいことは「あんな思いもうたくさん」ただこれだけ。

※むごたらしい亡骸が散乱するなか必死で逃げました。あちこちから助けを求められましたが、見殺しにしました。水もあげませんでした。助けられなかった後悔が、ずっと抜けない棘のように心に刺さったままです。

※いまでも腕を高く上げるとやけどの跡が引きつって出血してしまう。癌の手術の傷跡だらけの身体です。

※私たちが求めるのは核廃絶です。根気強くNPT再検討会議に働きかけます。

前の10件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18