みんなの活動:これまでの活動報告

すべてのカテゴリ

ひたち野 穂の香卵 飼料用米 田植え体験&鶏舎見学・交流

JA新ひたち野・日本販売農業協同組合連合会

2016.07.18

みんな慣れない手つきだが、真剣に田植えをしました

みんな慣れない手つきだが、真剣に
田植えをしました

本物の田んぼでの田植えは、子どもにとっても貴重な体験

本物の田んぼでの田植えは、
子どもにとっても貴重な体験

労働の後の昼食はうまい

労働の後の昼食はうまい

ひたち野 穂の香卵を使った料理

ひたち野 穂の香卵を使った料理

鶏舎にウイルスなどを持ち込まないよう全員白衣、マスクを着けました

鶏舎にウイルスなどを持ち込まないよう
全員白衣、マスクを着けました

鶏舎内の様子

鶏舎内の様子

飼料用米を食べた鶏の卵は黄身が白っぽくなる

飼料用米を食べた鶏の卵は黄身が
白っぽくなる

5月21日(土)に新ひたち野農業協同組合と小幡養鶏を、子ども15人を含む10家族28人で訪問し、飼料用米の田んぼでの田植え体験と昼食交流、そして鶏舎見学を行いました。

飼料用米を配合した餌で育てた鶏の卵「ひたち野 穂の香卵」。その飼料用米の産地であるJA新ひたち野と「ひたち野 穂の香卵」の販売窓口である日本販売農業協同組合連合会の協力を得て行われた体験交流企画です。

石岡市東田中田園都市センターに到着後、着替えをして長靴に履き替え徒歩で田んぼに移動。
田んぼにて田植えの仕方の指導を受けたあと、一列に並び田植え作業開始。晴れ渡った空のもと、おとなも子どもも慣れない手つきで泥に足を取られながらも一生懸命に田植えを行いました。JAの職員の方々も指導しながら一緒に植えました。

田植え終了後、田んぼの脇で手足を洗い、東田中 田園都市センターに移動して着替え。バスでJA新ひたち野本店に移動し、生産者やJAの皆さんと一緒に昼食をいただきました。「ひたち野 穂の香卵」 を使ったお料理など、おいしい昼食を食べながら大いに交流しました。

続いて「ひたち野 穂の香卵」についての学習。配布された資料に沿って、餌をとうもろこしでなく米にした経緯や畜産飼料の自給率などについて説明を受け、その後質疑応答も行われました。

JA新ひたち野 直売所「大地のめぐみ」でお買い物をしたあと、バスで小幡養鶏場へ移動。車内で白衣・マスク・靴カバーが配布され、各自装着しました

小幡養鶏場にて養鶏場や飼料・飼育方法についての説明を受けたあと、「ひたち野 穂の香卵」の鶏舎と飼料場・堆肥場を見学しました。
その後、取っておいてくださった二黄卵を割って見ました。卵が3個入っていたものや、卵の中にまた卵が入っていたものなども有りました。

おいしい卵を作るために餌作りからしっかりと取り組んでいることを、実体験を通して学ぶことができた充実した一日となりました。

飼料用米ができるまでの一端を知るとともに、輸入飼料に頼らない日本の風土に合ったお米を鶏の餌として生かした養鶏について楽しく学び、「ひたち野 穂の香卵」への理解を深めることができました。

参加者からは
「労力を要する大変な作業である田植えを体験できてよかった。」
「初めて田んぼに入り、泥が思ったより深くびっくり。」
「深く埋まる田んぼの泥の感触が良かった。」
「最初は泥や田んぼの中の生き物が嫌だったが、最後は楽しかった。」
「スコッチエッグや茶碗蒸しなど食事がものすごく豪華でおいしかった。幸せな気分になった。また食べたい。」
「鶏舎には普段入る機会がないため興味深かった。卵を採るために鶏の健康などいろいろ手間をかけられていることを感じた。」
「『ひたち野穂の香卵』の黄身の白さにびっくり。」
「命を支えるものを作っている方々に感謝と応援をしたいとあらためて思った。」
などの感想がありました。

「子育てサロン にじいろ」NEW OPEN!

今後も、8月、10月、2月に開催予定!

2016.07.13

>階段を入り、2階に上がると会場

階段を入り、2階に上がると会場

木のおもちゃに夢中な子どもたち

木のおもちゃに夢中な子どもたち

双子ちゃんも来てくれました

双子ちゃんも来てくれました

第8地域委員会では、0~2才のお子さんのいる親子を対象に子育てひろば「にじいろ」を開催。

今年度、町田で親子カフェとして営業しているスペースをお借りして、偶数月の第4金曜日に実施する予定です。

記念すべき1回目を6月24日に行いました。子どもたちは和室でのびのび遊び、ママたちはお子さんの見えるテーブル席でお菓子と飲み物でくつろいでいただきました。お子さん同士の歳が近いため、普段の子育ての様子などの話しがはずんでいました。

お昼は、持ってきたお弁当をひろげる人、一階のお蕎麦屋さんのお蕎麦を注文する人、みんなでにぎやかなランチタイムとなりました。

お菓子はアレルギーを考慮した商品の中から選んで用意したところ、お子さんだけでなくママたちにも「おいしい」と好評でした。


参加者からは「アットホームな感じでよかった」「子どもと一緒でもいろいろと話せてよかった」「落ち着いた雰囲気でゆっくりできた」などの感想がありました。

今年度の開催は8月26日(金)、10月28日(金)、2月24日(金)の午前10時から午後2時を予定しています。
一度覗きに来てみませんか。(12月23日は祝日のためお休み)

【お問い合わせ先】
東都生協 国立センター
042-580-1750(月~金 午前9時~午後5時)

第40回 お茶摘み交流会に参加しました

たくさん 聴いて、体験し、食べた交流会!

2016.07.05

杵塚敏明さん(右)と一緒にお茶の手もみ体験

杵塚敏明さん(右)と一緒にお茶の手もみ体験

そば打ち体験も好評

そば打ち体験も好評

お茶の葉を丁寧に摘みました

お茶の葉を丁寧に摘みました

美しい茶畑は日本の原風景<

美しい茶畑は日本の原風景

静岡県藤枝市にある㈲人と農・自然をつなぐ会(無農薬茶の会)は、4月23、24日に1泊2日の日程で第40回お茶摘み交流会を開催。


天気に恵まれ、東都生協以外に地元の消費者なども参加して総勢100人を超える大交流会になりました。


初日はお茶の手揉み体験・そば打ち体験・鶏を絞める体験・乗馬体験などの企画に自由に参加。
夕方からは「無農薬茶40年を振り返って」と題した講演会で、同会代表の杵塚敏明さんから、害虫を殺すのではなく共存するためにどうしたら良いかなど、農薬無散布で、お茶を栽培してきた40年の歩みや食に対する考え方などのお話を伺い、質疑応答が行われました。

夕食、懇親会では、猪飯、天ぷら、のびるの和え物、ふきの煮物、たけのこの煮物、鶏の煮物、手打ちそばなど、地元の料理を食べながらにぎやかに交流しました。

翌日は、餅つきと朝食のあと茶畑へ移動して茶摘み体験を行い、新芽を手摘みしました。「上の葉しか取らないことにびっくり」「お茶の葉が柔らかかった」など、作業を通して、茶の芽の美しさ、力強さを満喫。木陰での昼食タイムには、美しい茶畑を眺めながら手作り弁当とお茶を味わいました。

交流会終了後、東都生協の参加者は近くの温泉へ移動し、ゆっくり入浴してから帰路に着きました。

 「TPPや平和のことも考えた」「貴重な体験だった。作り手の大変さが分かった」という声にもあるように、現地でのさまざまな体験や交流を通して、産地の現状や取り組みについての理解を深めることができた2日間でした。
2016.07.05

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

メインデッシュからデザートまでの交流会メニュー

食べながらの交流会は自然と和む

食べながらの交流会は自然と和む

4月21日、ソレイユさがみで第8地域委員会主催による「地域のつどい&カフェトーク」が行われました。

冒頭の2015年度地域委員会活動報告では「ブロック委員会と地域委員会の違いは?」「まいとどちゃんの仕組みが知りたい」など素朴な質問も。
商品案内の変更点については花沢博美理事の説明に皆熱心に耳を傾け、食の未来づくりフェスタの話題では、「第8地域は広いので、会場の五反田まで地域ごとにバスを出してほしい」という具体的な要望が出ました。

その後は昼食交流会。東都エビピラフ、かぞの豚肩ロースごま麹味噌漬などのほか、東都おいものようかんや東都直火焼き醤油せんべいのデザートも味わいました。
また、わたしのこだわりの東都きぬ豆腐、有機湧水豆腐など四種の豆腐の食べ比べも行われ、おいしいランチを食べながら東都生協の良さを語り合いました。

小さな子どもからおとなまで!!

知らないうちに、みんな仲良くなりました

2016.07.05

ワイワイ、ガヤガヤ

ワイワイ、ガヤガヤ

おしゃべり、折り紙しながら きれいな花が咲きました

おしゃべり、折り紙しながら きれいな花が咲きました

3月22日、第5・第6地域委員会共催企画Cache-Cache(カシュカシュ:フランス語でかくれんぼの意味)を開催。

知らないお友だち同士でもたくさん集まって、楽しく遊んでほしいという委員会の思いから始まり、子育て中の家族の情報交換広場として、さんぼんすぎセンターで月1回開かれています。

この日は子ども6人、ママ4人が参加。はじめはママの後ろに張り付いていたちびっ子も時間がたてばみんな仲良し。
ママたちからは子育てや食べ物について楽しい会話も聞こえてきました。人気の折り紙コーナーは毎回企画しています。

4月からは第5地域委員会が主催し、毎月発行の「地域版ワォ」「杉並・中野インフォ!」でお知らせ。他の地域の方やパパ、おじいちゃん、おばあちゃんの訪問も大歓迎です!! 

委員会メンバーが皆さんのお越しをお待ちしています。

かぞの豚のふるさと訪問!

産地でランチ&学習・交流会 

2016.07.04

加須畜産の明和農場を外から見学

加須畜産の明和農場を外から見学

かぞの豚について3~4択のクイズを実施

かぞの豚について3~4択のクイズを実施

豚バラのリエットなど、かぞの豚をいろいろな料理でアレンジ

豚バラのリエットなど、かぞの豚をいろいろな料理でアレンジ

4月19日、㈲加須畜産とJA全農ミートフーズ㈱の協力を得て群馬県の明和牧場を訪問し、生産者との交流会を行いました。

かぞの豚を取り扱う㈲加須畜産は、埼玉県加須市を中心に群馬県下合計5カ所の農場によるグループ内一貫生産を行っており、グループ内での母豚数はおよそ千頭、年間出荷頭数は約2万頭になります。安全でおいしい豚肉を安定的に供給できるよう日々努力している生産者団体です。
牧場では、㈲加須畜産の田口和寿社長から農場内の様子や生産状況について説明を聞き、農場を見学、衛生管理が行き届いていることを確認しました。

その後は、加須市内の食堂でかぞの豚を使ったシェフによる肉料理(サラダ、スープ、前菜4種盛り合わせ、パスタ、メインの肉料理、デザートの全6品、レシピ付き)を味わいながら交流会。
ここではかぞの豚に関してのクイズも行われ、会場は大いに盛り上がりました。
クイズの解答ごとに田口社長から丁寧な説明もあって、みんな納得。

「かぞの豚の挽肉は利用していなかったが、今日話を聞いて今後は食べたいと思った」「十年以上かぞの豚を食べているが、素晴らしい肉ということをあらためて認識した」「豚を少ししか見られなかったのは残念。でも、とても勉強になった」など、参加者はかぞの豚の品質・安全へのこだわりとおいしさの理由を、楽しくおいしく学ぶことができました。

東都生協の組合員に安全・安心でおいしい豚肉を届けたいということから誕生しました。麦類を多く配合した低カロリーな専用飼料で育てています。肥育期に麦を多く与えることで、脂の色は白く、さっぱりとした中に味わいのある豚肉となっています。

新商品おしゃべり会がスタート

今回から横浜会場も設置

2016.07.04

各自の評価をしっかり記録しています

各自の評価をしっかり記録しています

参加者の発言は、大切な情報

参加者の発言は、大切な情報

夏に向けてのつめた~い和菓子、新しい感覚です

夏に向けてのつめた~い和菓子、新しい感覚です

4月よりスタートした今年度の「新商品おしゃべり会」。
今回から城西、さんぼんすぎ(午前・午後)、新たに加わった横浜の4会場開催となり、メンバーは半年ごとの登録となりました。9月までの半年間、毎月1〜2品を調理し試食、その後評価を行います。

4月14日、さんぼんすぎ・午後会場では第1回を開催。商品の原材料や製造方法の説明を受け、試食し、食味や価格、使い勝手など、忌憚のない意見交換を行いました。


今回、商品が少ない夏場の和菓子として「氷結果実のしずく(完熟マンゴー)」が提案されました。なめらかなマンゴーのシャーベットを求肥で包んだ一品で、「初めての食感!」との声が多数出ていました。マンゴーのピューレの原材料は外国産ですが、国産の米粉を使用しています。和菓子ではありますが、「夏場の氷菓子として、冷凍庫にいつも入れておける便利さがある」との意見も...。

冷凍庫から出して5分たってから食べると硬さもちょうどいいのですが、溶け始めると柔らかくなるので、早めに食べた方がおいしく食べられることが分かりました。「冷凍庫の隙間に常備できる」とおおむね好評価でした。

さんぼんすぎ・午後会場には10人が登録。多くの人が食へのこだわりを持っていて、自分の意見をしっかり伝えていました。これらの評価の声を出す活動で商品づくりに関わっていきます。 

電力自由化について学習会を開催

電力自由化に備えよう!

2016.06.07
第3地域委員会は3月16日、2016年度から始まる電力自由化をテーマに「電力自由化に備えよう」学習会を東京都消費生活総合センターにて開催しました。

熱心に傾聴する参加者

熱心に傾聴する参加者

中央は講師の吉田明子さん

中央は講師の吉田明子さん

講師のFoE Japan の吉田明子さんは、自由化に伴うリスクなどを分かりやすく解説。 参加者は熱心に講義を聞いていて、今本当に知りたいテーマなのだと実感しました。

中身の濃い講義に、参加者からは「今後の地球環境を考えてエネルギーを選ぶことが大切だと思った」「再生エネルギーの電力会社を知ることができ、良かった」など多くの声が寄せられました。

主催者からは、「多くの組合員の方に参加していただいてうれしい。今後も皆さんの関心の高いテーマを取り上げていきたい」と満足そうでした。

暖も取れ、調理もできるカセット・コンロ活用術

米は洗わずに炊く カセットコンロを使った簡単調理 第4地域委員会は3月14日...

2016.06.07

米は洗わずに炊く

米は洗わずに炊く

カセットコンロを使った簡単調理

カセットコンロを使った簡単調理

第4地域委員会は3月14日、〝災害を忘れないで〞の思いを込めて、東都人材バンク・沖内のり枝さんを講師に招き「災害時に慌てないクッキング」を開催しました。

非常時に配られるパン・水など応急食品に飽きた頃に、カセットコンロでできる簡単調理法を習いました。

栄養に富むにんじんを使ったご飯は土鍋で作ります。
中に入れる油揚げは醤油に漬けておき、干し椎茸の戻し汁をだしとして使い、お米の上にラップに包んだ卵を載せて炊きます。
米は洗わずに炊くと聞き一瞬たじろぎましたが、出来上がりは上々でした。
イチョウ切りの大根を湯がき、湯の中にお肉を入れて味はしょうゆのみ。他は小松菜とわかめのあえ物。これも湯がいてポン酢で味付け。
災害に備えて調理体験が出来て良かったと評判でした。
2016.06.07

%E6%9E%9D%E5%B9%B8%E3%80%80%E8%AC%9B%E5%B8%AB.jpg

DVDを観ながら北海道枝幸漁協の様子も学習

海の幸いっぱいの海鮮丼

海の幸いっぱいの海鮮丼

3月8日、荏原・中延ブロック委員会は「枝幸(えさし)漁協産直商品の学習会」を開催。

まず海と森が一対になっている枝幸町の紹介DVD上映を行い、「えーや〜そーれ〜」の民謡を聞きながらサケやホタテの漁法の映像に見入りました。

ホタテは海に稚貝をまき海中で育てるため運動量も多く、貝柱がしっかりと育つ天然物であること、ホタテの年数は殻の表面に刻まれること、サケの色は餌になるプランクトンの色を反映するため沖合で漁獲されたサケの身は赤く、川を遡上するにつれ身は白っぽくなること…初めて知ることも多かったです。

ホタテはどのように海中を進むのかなどという素朴な質疑応答の後、サケ・イクラ・ホタテ・イカ・鮭荒ほぐしをぜいたくに盛り付けた海鮮ランチ丼を堪能。
みんなでおいしくいただき、大満足の学習会となりました。“

前の10件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20