みんなの活動:これまでの活動報告

平和

「東京平和めぐり」を開催。

身近な地域で平和の大切さを知りました。

2012.11.28

IMG_0020.jpg

「東京大空襲・戦災資料センター」での二瓶治代
さんによる証言

IMG_0032.jpg

「第五福竜丸展示館」での小林龍雄さんによる説明

東京都内や近傍の戦跡や平和関連施設を見学し、学び継承していく取り組みとして、「東京で、平和を考える。まず、知る。」をテーマに、11月10日、「東京平和めぐり」を実施しました。

今回は、推定10万人もの尊い命が失われた東京大空襲と、水爆実験の被害を受けたマグロ漁船第五福竜丸のそれぞれの惨状を知り、実相を学ぶことを目的に、「東京大空襲・戦災資料センター」と「第五福竜丸展示館」をマイクロバスで回りました。
当日は、小学生1人を含む6人が参加しました。

「東京大空襲・戦災資料センター」では、1945年3月10日の東京大空襲に関するアメリカ軍が記録していた映像や当該者のインタビューなどが収められたNHKのVTRを鑑賞した後、学芸員の二瓶治代さんに、8歳で空襲にあわれたご自身の体験談を伺いました。

「爆弾が落ちるというより、降ってくるようだった」というお話に、当時の凄まじい状況が伝わってきました。

その後、写真や地図をはじめ、空襲による被災品などの展示資料を説明を受けながら見学し、最後に「東京大空襲・戦災資料センター」館長の早乙女勝元さんのメッセージVTRを見ました。

「第五福竜丸展示館」では、学芸員の小林龍雄さんに、1954年3月1日にビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験によって被害を受けた第五福竜丸の展示に至るまでの経緯や、水爆実験による被害などについてのお話を伺いました。
小林さんは、水爆実験の環境への影響の大きさや被曝した乗組員への影響など、核の脅威について説明されました。

その後、館内の第五福竜丸をはじめとする展示や、展示館前広場の久保山愛吉記念碑、第五福竜丸のエンジンなどを見学しました。

参加者からは、「犠牲になった一人ひとりのもっと生きたかった願い、生き残った者の悲しみを忘れてはいけないと思いました。」「戦争をくり返してはいけないというメッセージを子どもと共有することができました。」などの感想がありました。

自分たちが暮らしている身近な地域で、至近なところから平和について学び考えていくことの大切さを知る機会となりました。
2012.11.12
東都生協では今年も、9月21日の「国際平和デー」の夜に、家族や身近な知り合いと平和について語り、鐘を鳴らして恒久平和の実現を祈念しようという企画、「東都生協発 100万人のピースベル」に取り組みました。

これは東都生協が呼びかけている企画で、過去に起きた戦争や現在世界で起きている地域紛争や民族紛争、また核の問題などについて考えるきっかけとしてもらうことと、参加者から平和のメッセージを募りまとめて国連へ送付し、東京から世界平和を訴えることを目的に始められました。

事前に取り組みへの参加者を募り、申込者には平和活動の紹介資料や、平和のメッセージ記入用のカードなどをお届けしました。今年は、参加者より計122枚の平和のメッセージをお寄せいただきました。カードはまとめて国連へ送付し、東京から世界平和を訴えます。

★国際平和デー: International Day of Peace
国連が定めた平和の記念日。2002年からは毎年9月21日を「国際平和デー」に定め、以後、すべての国と人々にとって共通の理想である国際平和を祈念、推進していく「世界の停戦と非暴力の日」として、すべての国連加盟国、国連機関、地域組織やNGO、そして個人に対して、この日を適切な方法で祝い、この日一日は敵対行為を停止するよう呼びかけ、働きかけています。

参加者から寄せられた平和のメッセージカードの一部を紹介します。
※画像をクリックすると拡大画面(PDFファイル)が開きます。

12%20jpeg%20ds%2001.jpg 12%20jpeg%20ds%2002.jpg 12%20jpeg%20ds%2003.jpg 12%20jpeg%20ds%2004.jpg 12%20jpeg%20ds%2005.jpg
12%20jpeg%20ds%2006.jpg 12%20jpeg%20ds%2007.jpg 12%20jpeg%20ds%2008.jpg 12%20jpeg%20ds%2009.jpg 12%20jpeg%20ds%2010.jpg
12%20jpeg%20ds%2011.jpg 12%20jpeg%20ds%2012.jpg 12%20jpeg%20ds%2013.jpg 12%20jpeg%20ds%2014.jpg 12%20jpeg%20ds%2015.jpg
12%20jpeg%20ds%2016.jpg 12%20jpeg%20ds%2017.jpg 12%20jpeg%20ds%2018.jpg 12%20jpeg%20ds%2019.jpg 12%20jpeg%20ds%2020.jpg
12%20jpeg%20ds%2021.jpg 12%20jpeg%20ds%2022.jpg 12%20jpeg%20ds%2023.jpg 12%20jpeg%20ds%2024.jpg 12%20jpeg%20ds%2025.jpg
12%20jpeg%20ds%2026.jpg 12%20jpeg%20ds%2027.jpg 12%20jpeg%20ds%2028.jpg 12%20jpeg%20ds%2029.jpg 12%20jpeg%20ds%2030.jpg
12%20jpeg%20ds%2031.jpg 12%20jpeg%20ds%2032.jpg 12%20jpeg%20ds%2033.jpg 12%20jpeg%20ds%2034.jpg 12%20jpeg%20ds%2043.jpg
12%20jpeg%20ds%2036.jpg 12%20jpeg%20ds%2037.jpg 12%20jpeg%20ds%2038.jpg 12%20jpeg%20ds%2039.jpg 12%20jpeg%20ds%2040.jpg
12%20jpeg%20ds%2041.jpg 12%20jpeg%20ds%2042.jpg 12%20jpeg%20ds%2035.jpg 12%20jpeg%20ds%2044.jpg 12%20jpeg%20ds%2045.jpg

平和のつどいを開催しました

平和の大切さ、いのちの尊さについて、みんなで考えました

2012.09.24

%E2%91%A0%E8%A2%AB%E7%88%86%E8%A8%BC%E8%A8%80.jpg

山田玲子さんの被爆証言

%E2%91%A1%E7%B7%A8%E3%81%BF%E7%89%A9%E8%B4%88%E5%91%88.jpg

東友会の皆さんへのひざ掛けの贈呈

%E2%91%A2%E6%9D%B1%E5%8F%8B%E4%BC%9A%E6%8C%A8%E6%8B%B6.jpg

東友会湊武さんのごあいさつ

%E2%91%A3%E6%B2%B3%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%931.jpg

河野康弘さんの演奏

%E2%91%A4%E6%B2%B3%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%932.jpg

河野康弘さんのお話

%E2%91%A5%E5%B1%95%E7%A4%BA1.jpg

ユニセフのパネル展示

%E2%91%A6%E5%B1%95%E7%A4%BA2.jpg

東京大空襲に関する展示

次世代に歴史の事実を伝え、多くの組合員が平和の大切さについて学ぶ機会として、毎年夏に開催している東都生協平和のつどい。

第9回目となる今回は、すみだリバーサイドホール(墨田区)を会場にファミリーピースコンサートと映画「それでも生きる子供たちへ」の上映、ロビーでの平和に関する展示などを行い、当日は約150人の参加がありました。

被爆証言と編み物の贈呈

中村紀子東都生協副理事長の開会のあいさつに続き、ヒロシマで被爆された山田玲子さんに、当時の体験や被爆状況などのお話を伺いました。
山田さんは「原爆は人類を滅亡させる爆弾です」とあらためてその廃絶を訴えました。

その後、組合員がつないだモチーフ編みのひざ掛けを、東都生協組合員から山田さんはじめ東友会(東京都原爆被害者団体協議会)の皆さんに壇上にて贈呈し、東友会23区東部ブロック代表湊武さんより感謝の言葉をいただきました。

ファミリーピースコンサート

続いて行われたジャズピアニストの河野康弘さんによるファミリーピースコンサート「こころとこころのハーモニー」では、「イマジン」「私のお気に入り」「ノクターン9番」などの楽曲が演奏されました。

河野さんが行っている、チャリティーコンサートや募金で集めたお金で壊れたピアノを修復し国内外の施設に寄付する活動についてのお話など、素敵な演奏とその合間のお話が印象的でした。

参加者からは、
「平和についてすごく考えさせられました。」
「草の根のように地道な活動を続けていくことが本当はむずかしいことと思います。あたり前の生活の中に幸せがあること、またおとなの態度が子どもの態度を作っていくというところに共感しました。」
などの声が寄せられる、こころ温まるコンサートになりました。

映画上映

休憩を挟んで、映画「それでも生きる子供たちへ」の上映。
7カ国の子どもたちが直面する厳しい現実を、それぞれの国を代表する監督たちが赤裸々につづったオムニバス映画で、少年兵士やストリートチルドレン、エイズやドラッグなど、実際に各国で子どもたちが現実に直面している数々の問題を突き付けられました。

それぞれがとても重い内容でしたが、最終的には子どもたちの存在に救われる、個性的で愛にあふれた素晴らしい作品でした。

参加者からは、
「どんな状況でも必死に生きる子どもたち。平和が一番大切なことを思い知らされました。」
「戦争と貧困の中で懸命に生きる子どもたちのことに思いを馳せることができました。」
「世界の子どもたちのことを考えさせられました。子どもたちのけなげな生き方に感動しました。」
などの感想が寄せられました。

平和に関する展示

会場ロビーでは、東都生協があらたに購入した「原爆と人間展」のパネルや、紛争下の子どもの人権をテーマとしたユニセフの写真パネルや地雷レプリカ、東京大空襲に関する資料などを展示し、会場を訪れた人たちは熱心に見ていました。

今回も一日を通し、平和の尊さ、命の大切さを考える貴重な一日となりました。

戦争体験を次世代へ語り継ぐ「ピースカフェ」開催

戦争体験をお聞きし、平和の大切さを学びました

2012.09.11

東條明子さん。静かな語り口に平和への思いが込もります

東條さん。静かな語り口に平和への思いが込もります

貴重な戦争体験を間近で聞くことができました

貴重な戦争体験を間近で聞くことができました

2012年8月28日、渋谷区立消費者センターで東都生協の社会委員会主催で「ピースカフェ『戦争体験のお話し会』」を行いました。

東友会(東京都原爆被害者団体協議会)の東條明子さんをお迎えして被爆証言をお聞きし、その後お茶を囲みながら参加者で交流し、平和について学びました。当日は小学生のお子さんを含む21人の参加者がありました。

東友会は、広島・長崎で原爆の被害を受け東京に住んでいる被爆者が1958年11月16日に結成し、その後50年以上励まし合いながら被爆者のための運動を続けている団体です。

東都生協では長年東友会を支援し、被爆された方々と組合員との交流を深めてきました。その中で、被爆された方へ毎年編み物を送る活動を続けています。

当日は、東友会の皆さんへ贈るモチーフ編みのひざ掛けをつくる活動をしている東都生協城南支部テーマ別委員会「ピースニットカフェ」のメンバーも参加しました。

1945年3月に東京で大空襲にあわれ親戚の住む広島へ疎開、そこで原爆の被害にあわれたという東條明子さん。ご自身の体験と思いをお話していただきました。

静かな語り口の中に、戦争の愚かさや核兵器の恐ろしさ、平和の大切さとともに、二度と広島・長崎の惨禍が繰り返されることのないよう被爆体験を語り継いでいくという強い意思を感じました。
核兵器のない平和な世界に向けて、今私たち一人ひとりがすべきことできることを考え実践していきながら、核兵器廃絶の機運を高めていかなければならないとあらためて思いました。

参加者からは、
「戦争体験のお話を聞き、次世代にも伝えていきたいと強く感じました」
「戦争の恐ろしさをあらためて感じました」
「できるだけこのような機会に参加してお話をお聞きしたいと思いました」
などの感想がありました。

松代大本営地下壕を見学しました

現地を見学し、地下壕の実相と地元での継承の取り組みを学びました

2012.08.21

1%20P1050800.JPG

れきみちの家での土屋光男先生による説明

2%20P1050819.JPG

象山地下壕内での生徒による説明

3%20P1050840.JPG

舞鶴山地下壕・天皇御座所の見学



東都生協(コープ)では、7月31日に松代大本営地下壕見学会を行い、高校生、中学生、小学生のこども3人を含む18人の参加がありました。

松代大本営地下壕とは、太平洋戦争末期、国家中枢機能移転のために、現在の長野市松代地区の三つの山(象山・舞鶴山・皆神山)に掘られた地下坑道です。

当日のガイドは、地元の長野俊英高等学校郷土研究班の生徒の皆さんと顧問の土屋光男先生にお願いしました。

郷土研究班は長野俊英高等学校の文化部で、松代大本営地下壕の案内のほか、「松代大本営Q&A」の発行、各種集会(「長野空襲を語り継ぐ会」など)での発表、長野県下の戦争遺跡の調査などの活動を行っています。

松代大本営地下壕の現地を見学し実相を学ぶことと、地元での継承の取り組みを学ぶことを目的に行われたこの企画。

当日は、象山地下壕と舞鶴山地下壕・天皇御座所の見学と、れきみちの家(長野俊英高等学校郷土研究班松代大本営等資料展示館)での学習などを行いました。

参加者からは、
「今回の見学を通して、平和がどんなに尊く大切なことであるかをあらためて認識するとともに、事実を正しく理解していかなければならないと思いました」

「悲しい出来事から目をそらさず向き合い真摯に伝えていくこと。そして、戦争の惨劇を二度と繰り返してはいけないと伝えていくこと。これらの大切なことを子どもたちに教わりました」

「戦争を知らない子どもたちが、歴史の事実を後世に伝えていこうとする姿には頭が下がりました」などの感想がありました。

2012 ピースアクション in TOKYO & ピースパレード に参加

東京から世界へ向けて平和への思いと核兵器廃絶を訴えました。

2012.06.29

 5月21日(月)、「核兵器廃絶と戦争のない平和な世界をめざして」をテーマに、東京から世界へ向けて平和への思いと核兵器廃絶を訴える「ピースアクションin TOKYO & ピースパレード」が開催されました。当日は7生協と2団体から 217人の参加があり、東都生協(コープ)からも17人が参加しました。

 「『ヒロシマ・ナガサキ』を語りつぐ」では、日本被団協(日本原水爆被害者団体協議会)が3月に新しく作成したパネルをその映像と朗読で構成。ヒロシマ、ナガサキだけでなく、その後に起こった核の惨禍も、証言や詩も交えて語られました。朗読は各生協で分担し、東都生協からは若林千津子理事が行いました。
 続いて、松井一實広島市長、田上富久長崎市長からのメッセージが、広島市東京事務所の滝川卓男さん、長崎市東京事務所の徳満伸一郎さんよりそれぞれ代読されました。両市の核廃絶へのさらなる決意と「ピースアクションin TOKYO 」への期待が表明されました。
 「参加団体リレートーク」では、7団体が日頃の平和活動の紹介や今後の取り組みについて発表し、各団体の日頃の活動を共有し合い理解を深めました。東都生協からは長澤文子理事が、過去の事実を継承する活動、国際的な視野で平和を考える活動など、2011年度に東都生協が取り組んだ平和に関するさまざまな活動を報告しました。
 最後に「核兵器廃絶に向けたアピール」を東京地婦連(特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟)の宮原恵子さんが朗読し、拍手で採択されました。

 続いて行われた「ピースパレード」では、表参道から原宿を通り神宮通り公園までの道のりを、雲の切れ間から時折差し込む日差しの中、宣伝カーの平和アピールとともに歩きました。各団体が入り混じり、のぼり、小旗、横断幕、うちわや風船帽子などアピールもスタイルもさまざまに笑顔で呼び掛け、花の種を配って沿道の方たちに核兵器廃絶を訴えました。

IMG_0039%2B.jpgIMG_0074%2B.jpg

パネル「原爆と人間」の説明文を朗読する
若林千津子理事

東都生協の平和の活動報告を行う
長澤文子理事


IMG_0109%2B.jpgIMG_0115%2B.jpg

被爆者の方も大学生協の学生もともに
語らいながら

みんなで協力し合うことで核兵器廃絶の
思いをつないでいきましょう


IMG_0120%2B%2B.jpg IMG_0135%2B.jpg

さわやかな風に吹かれ、平和をアピール
しながら約1時間歩きました

到着した神宮通り公園での記念撮影。
お疲れさまでした!

沖縄戦跡・基地めぐりを実施しました。

沖縄から平和を考えました。

2012.04.20

IMG_0014%2B.jpg

島袋淑子さんの講演

IMG_0065%2B.jpg

糸数壕での山内榮さんの説明

IMG_0160%2B.jpg

辺野古での具志堅徹さんの説明

 東都生協(コープ)では、3月27日~29日の3日間、日本生活協同組合連合会主催「沖縄戦跡・基地めぐり」に、親子1組を含む計10人で参加しました。沖縄戦と基地を学び、現在の沖縄における諸問題やこれからの平和をめぐる課題について、また戦争体験の継承について考え合う機会とすることを目的に、全国から29生協188人の参加がありました。

初日は、ひめゆり平和祈念資料館資料委員の島袋淑子さんの講演「沖縄戦の体験を聞く」をお聞きしました。壮絶な体験談をお聞きし、戦場においては異常が日常になってしまう恐ろしさを考えさせられました。

 翌日は、糸数壕、沖縄県立平和祈念資料館、平和の礎、ひめゆり平和祈念資料館などを見学。沖縄の過去と現状を知ることができ、沖縄の人々の平和への想いを強く感じました。 最終日は、普天間基地の移設予定地の辺野古を見学し、「安保の見える丘」から嘉手納基地を眺め、現在の沖縄が置かれている状況を目の当たりにしました。太平洋戦争終結後も、沖縄では現在に至るまで何ら問題は解決していないことを痛感しました。

 3日間を通し、沖縄を知ることは日本と沖縄そしてアメリカとの関係性を知ることであり、沖縄が内包する諸問題は現在の我々の日常と直結している問題であることを再認識しました。

 参加者からは、「大きな視点で、絶えず物事の関連性を考えながら、目の前に起こること、ジャーナリズムの報道を注視していくことの大切さに、改めて気づかされました。」「今回、戦争体験者の話を聞き、ガマに入り、基地を眺め、辺野古の浜を歩いた2泊3日は、これまで感じていた本土と沖縄の『距離感』を埋めてくれた、とても有意義な旅でした。」などの感想がありました。

テーマ活動交流会を開催しました !

「来て!見て!聞いて!私たちの活動」

2012.01.31

東都生協(コープ)では、組合員のつながりを大切にし、テーマや分野ごとにネットワークづくりをめざすための活動交流の場として、1月25日(水)文京シビックセンター区民会議室A・Bにてテーマ活動交流会を開催しました。

グループやサークル、支部運営委員会、支部テーマ別委員会、ブロック委員会、専門委員会から58人が参加し、日々の活動の発表や展示を行い、「くらし」「平和」「環境」「福祉」「食と農」「子育て」「商品」に分かれ、活動報告や今後のつながりについて意見交流しました。

団体発表では8団体から、ドイツ生まれの竪琴「ライアー」の演奏、簡単服飾のリメイク、生ごみ堆肥化の方法や成果、平和の朗読の実演、社会保障・消費者問題をテーマにした活動、子どもの本の読み聞かせや環境についてなど、日ごろの活動報告がありました。

%E3%80%90%EF%BC%91%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%92%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%93%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%94%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%95%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%96%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%97%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%98%E3%80%91-s.jpg

展示コーナーには、7団体から写真やイラストや作品などのさまざまなものが飾られ、参加者とも交流を深めました。

%E3%80%90%EF%BC%99%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%90%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%92%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%94%E3%80%91-s.jpg

グループ交流では、自己紹介の後団体発表や展示の感想を発表し合い、活動を広げるためや交流の場を作る工夫などで話し合い盛り上がりました。最後にグループごとに発表し会場全体で共有しました。

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%96%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%97%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%98%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%91%EF%BC%99%E3%80%91-s.jpg

%E3%80%90%EF%BC%92%EF%BC%90%E3%80%91-s.jpg

参加者からは、「他の団体の取り組みを直接聞けたことは良かった」や「このような交流の場が今後も必要だと思う」など感想がありました。2時間という短い時間でしたが活発に交流ができた有意義な時間でした。


【参加】

グループ10団体、サークル2団体、支部テーマ別委員会7団体、支部運営委員会2団体、ブロック委員会2団体、専門委員会3団体   計26団体

%E3%80%90%EF%BC%92%EF%BC%91%E3%80%91-s.jpg

東都生協 東京平和めぐりを開催しました

身近な地域で平和の大切さを知りました

2011.12.26

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A-1.jpg

「第五福竜丸展示館」での市田真理さんによる説明

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A-2.jpg

「東京大空襲・戦災資料センター」での二瓶治代さんによる証言

東都生協(コープ)では、東京都内や近傍の戦跡や平和関連施設を見学し、学び、継承していく取り組みとして、「東京で、平和を考える。まず、知る。」をテーマに、11月26日、「東京平和めぐり」を実施しました。

今回は、水爆実験の被害を受けたマグロ漁船「第五福竜丸」と、推定10万人もの尊い命が失われた東京大空襲のそれぞれの惨状を知り、実相を学ぶこと、親子で平和について考える機会とすることを目的に、「第五福竜丸展示館」と「東京大空襲・戦災資料センター」をマイクロバスで回りました。当日は、高校生1人、小学生2人を含む16人が参加しました。

「第五福竜丸展示館」では、学芸員の市田真理さんに、1954年3月1日にビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験によって被害を受けた第五福竜丸の展示に至るまでの経緯や、水爆実験による被害、また、福島第一原発事故の放射能被害などについてのお話を伺いました。市田さんは、核実験による影響が50年以上経った今もあることなど、核の脅威について説明されました。その後、館内の展示や展示館前広場の久保山愛吉記念碑、第五福竜丸のエンジンなどを見学しました。

「東京大空襲・戦災資料センター」では、1945年3月10日の東京大空襲に関するアメリカ軍が記録していた映像や当該者のインタビューなどが収められたNHKのVTRを鑑賞した後、学芸員の二瓶治代さんに、8歳で空襲にあわれたご自身の体験談を伺いました。当時の凄まじい状況をお聞きし、犠牲になった命を無駄にしないためにも、2度と同じ過ちを繰り返してはいけないと強く思いました。その後、写真や地図をはじめ、防空頭巾や防毒マスク、溶けたガラス盃、焼夷弾などの展示資料を、説明を受けながら見学しました。

参加者からは、「第五福竜丸展示館の学芸員の方に詳しく説明を聞き、あらためて放射能の恐ろしさを感じ、怖いと思いました。」「東京大空襲・戦災資料センターでのガイドの方のお話はとても衝撃的で、こんな悲惨なことが実際にあったのだと身につまされる思いでした。」「平和を維持することのむずかしさを学べたように思う。」「平和について考えることはいつの時も必要だと思います。こんな近いところで学べるのはとても良いこと。」などの感想がありました。
自分たちが暮らしている身近な地域で、至近なところから平和を考えていくことの大切さを知る企画となりました。

「福島で起こった原発事故を考える」学習会を開催

福島第一原子力発電所事故に見る「犠牲の構造」

2011.12.15

この国の「犠牲のシステム」は、丸山眞男氏の言う「無責任の体系」を含んで存立する、と語る高橋哲哉氏

「この国の犠牲のシステムは、丸山眞男氏の言う
『無責任の体系』を含んで存立する」と語る高橋哲哉氏

東都生協(コープ)社会委員会では、3月11日の福島第一原子力発電所事故の実相を探りながら、まだ収束も見えない原子力発電所(以下、原発)をどのように認識していけばいいのか、原発を今後どうしたらいいのか、一人ひとりが考える手がかりの一つとするために、東京大学大学院教授の高橋哲哉氏を講師にお招きし、2011年 11月24日、文京シビックセンターにて原発問題学習会を開催しました。当日は51人の参加者がありました。

高橋氏は、「原発は犠牲の上に成り立っているシステムで、今回の福島第一原発事故でそれがより明確になった」と指摘。

「犠牲のシステム」では、「ある者たち」の利益が、「他の者たち」の生活、生命、健康、日常、財産、尊厳、希望などを犠牲にして生み出され、維持されます。

今回の事故で具体的にみると、
・中央と地方という構造的な差別による犠牲
・原発に関わる労働者の被ばくの犠牲
・ウラン採掘・精製の過程での被ばくの犠牲
・放射性廃棄物処理での犠牲
の4重の犠牲が生じていると解説しました。

また高橋氏は、国家が特定の人たちに犠牲を強いることで利益を得るという犠牲の構造を、歴史的に見る重要性も指摘。戦前の戦争が「神風神話」によって、戦後の原子力発電が「安全神話」によって、それぞれ国策として推進されてきた事実に目を向けます。

戦時中に国体維持のため、また戦後も日米安保のための捨石として、米軍基地を押し付けられてきた沖縄の歴史を振り返るとき、今は福島が捨石とされている、と強調。原発推進論者の論拠の一つに、「潜在的な核抑止力として機能している原発を排除すべきではない」との考えもあることを指摘します。

そして、原発については、推進した人だけでなく、反対したけれども止められなかった人や無関心だった人にも、それぞれにおいて責任を自覚すべきと述べ、最後に、問題は誰が犠牲になるかということではなく、犠牲のシステムそのものをやめることが肝心であると結びました。

参加者からは、「原発が、政治的、経済的な国の思惑から成り立っていることをあらためて考えさせられました。」「事故の場合や処理の方法が分かっていないのに、原発をすすめていることが一番問題と思います。」「沖縄、福島、基地と原発。戦前・戦中と、変わらない日本の体質がよく分かりました。私たち一人ひとりが犠牲を強いていることを認識して、少しずつできることから行動していくことが必要と思いました。」などの感想が寄せられました。

丁寧なお話で、非常に内容が濃く、今回の福島第一原発事故について考える手掛かりをいくつもいただいた学習会となりました。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11