国産応援
八千代牛乳
たべる人とつくる人のいのちと健康を守る 子どもたちに、安全なたべものを、安心してたべさせたい。そんな願いからはじまりました。産地と食卓を心でつなぐ、東都生協の「産直」
東都生協の「産直」とは、「産地直送」ではなく「産地直結」の意味です。産地とは、たべものを育て、つくる生産現場のこと。直結とは、その産地と私たちの食卓を直接結ぶことです。安全性を求め、たどり着いたシステム、それが東都生協の「産直」です。

 1967年、「安全・安心な牛乳」を求めていた世田谷の母親たちと八千代牛乳が出会い、「天然牛乳を安く飲む会」が生まれました。

 

 当時の日本は、高度経済成長の歪みがいろいろなところに現れ、四大公害病や食品公害など、消費者を取り巻く食とくらしの環境はたいへん厳しい状況でした。「天然牛乳を安く飲む会」では、牛乳だけでなく野菜や卵、豚肉など安心して食べられる商品の共同購入も行っていました。

 

 こうした活動から、やがて「産直を専門に行う生協をつくろう」という気運が沸き起こりました。そして1973年6月、423人の組合員で東都生協が誕生。東都生協は、それまで共同購入で扱っていた商品に加え、組合員の声に応えて取扱品目を徐々に増やし、産直食材を原料に使用した加工品の開発に取り組むと同時に、平和や福祉、環境の取り組みにも着手するなど、その活動の領域を広げていきました。

心をつなぐ「MOMOタオルキャンペーン」に支えられて

 千葉北部酪農農協では、毎日厳しい衛生管理のもとで搾乳しています。生乳本来の風味や栄養を保つため、75度15秒の高温短時間殺菌法を採用しています。牛のおっぱいを毎日清潔なタオルで拭いてから搾乳することで、生菌数が少なく新鮮で乳質の良い生乳が得られるからこそ、可能な殺菌方法なのです。この時使うタオルは、東都生協組合員から2年ごとに提供されます。

 2014年も5,750枚ものタオルが、367枚の心のこもったメッセージとともに集まり、3月1日に八千代牛乳の生産者、高秀牧場で贈呈式が行われました。生産者の高橋憲二さんは、「毎日の搾乳作業でこのタオルを使うたびに、八千代牛乳を飲んでくれている東都生協組合員の顔が思い浮かび、支えられていることを実感します」と話します。

いきいきと農業・酪農ができる環境を

 昨今の飼料価格の高騰や牛乳の消費減などで、酪農経営は厳しさを増しています。こうした中、もしTPP(環太平洋経済連携協定)に参加することになれば、千葉北部酪農農協のみならず国内の酪農は壊滅的な状況になることが懸念されます。

 高秀牧場の高橋さんは、「東都生協が組織を挙げて八千代牛乳の利用拡大に取り組んでいただけているおかげで、ようやく回復の兆しが見えてきています」と語ります。

 「私たちは、組合員の皆さんに安全でおいしい八千代牛乳をずっとお届けしていくためにも、国内でいきいきと農業・酪農ができる環境を取り戻せることを切に願います。八千代牛乳を飲むところから始まった東都生協でさらに牛乳の利用を伸ばしていただけるよう、我々生産者側でも各方面で協力し、これからも良質でおいしい牛乳生産に取り組んでいきます。」