みんなの活動:これまでの活動報告

「八千代牛乳」をたくさん飲んでくれてありがとう!

東都生協組合員が「八千代牛乳」の利用を結集して、産直産地の千葉北部酪農農協を応援しました

2020.07.06

「八千代牛乳」のイメージキャラクター・もーもー君

「八千代牛乳」のイメージキャラクター
もーもー君

千葉北部酪農農業協同組合「八千代牛乳」

千葉北部酪農農業協同組合「八千代牛乳」

もーもー君

新型コロナウイルス感染拡大に伴う3月からの全国的な休校要請で、学校給食への出荷ができなくなるなど「八千代牛乳」も甚大な影響を受けました。

東都生協の産直産地・千葉北部酪農農業協同組合が生産する給食用生乳は1日当たり約11~12トン。この利用がなくなると市販の牛乳と混ぜて販売されることになり、「八千代牛乳」の良さが半減する上に、生産者の利益も減ることになります。さらにそれでも余剰となった分は、廃棄されてしまいます。

東都生協ではいち早く3月から、組合員へメールの配信やセンターごとのお願いチラシ配付などを継続的に行い、「八千代牛乳」の利用を呼び掛けました。余剰分の全ては補いきれませんでしたが、東都生協の「八千代牛乳」利用高は前年比130%にまでなりました。


千葉北部酪農農協からお礼の言葉が届いています

昨年の台風被害からようやく通常の生産に戻りつつある中で、大きな打撃を受けることになりましたが、東都生協の多くの組合員さんに「八千代牛乳」の利用を増やしていただいたことは、千語万語を費やしても表現できないほど感謝しております。家で過ごす機会が増えたご家族が、代わる代わる冷蔵庫を開け、「八千代牛乳」をコップについで飲んでいるシーンを思い浮かべながら...。
(千葉北部酪農農業協同組合 菊谷義徳)


東都生協・商品部職員から

今回の利用お願いチラシでは大きな反響をいただきました。利用が産地応援につながります。「八千代牛乳」は、東都生協の前身「天然牛乳を安く飲む会」からのお付き合いで、安全・安心にこだわりHTST法(75度15秒 高温短時間殺菌)によるさっぱりとした風味でほんのり甘い牛乳です。今後とも「八千代牛乳」の応援をよろしくお願いいたします。

組合員の声

●今後もこのような問題が起こった時はお知らせください
●牛乳余剰のメールをいただきましたが、他より早めの段階でのお知らせに感心しました
●東都生協ならではの動き、改めて気付きました。臨機応変にみんなのこと、地球のことを考える生協として今後も頑張ってください
●ミルクティーが大好きで紅茶葉にも牛乳にもこだわりますが、「八千代牛乳」は癖がなく、コクやうま味は十分で、今までで一番おいしいミルク