みんなの活動:これまでの活動報告

(農)埼玉産直センターで野菜ができるまでを体験!

農業体験連続企画「野菜ができるまでを学ぼう!」全4回の報告

2020.02.25

手押し耕運機で畝作り

手押し耕運機で畝作り

野菜の苗植え

野菜の苗植え

長ねぎ畑の草取り

長ねぎ畑の草取り

収穫作業

収穫作業

今回の連続企画に参加した皆さん

今回の連続企画に参加した皆さん

東都生協(コープ)が産直産地・(農)埼玉産直センターの協力で開催した農業体験連続企画「野菜ができるまでを学ぼう!」全4回が2020年1月19日に終了しました。

今回の企画には東都生協の組合員11組37人(大人24人、子ども13人)が参加しました。

1回目の作業は8月に予定していましたが、前日までの雨の影響で畑の状況が悪く、残念ながら中止となりました。畑づくり、苗植え(キャベツ、長ねぎ、ミニ白菜)種まき(大根、かぶ、じゃがいも)の作業はできませんでした。

9月29日は(農)埼玉産直センター側であらかじめ定植していただいた長ねぎの雑草取りや、かぶ、小松菜を収穫しました。 かぶ、小松菜を収穫した後に、子どもたちが交代で手押しの耕運機を使って畝を作り、ほうれん草とかぶの種まきを行いました。

3回目の11月24日には大根、キャベツ、じゃがいもを収穫。 年明け2020年1月19日の第4回は、かぶ、ネギ、スパイラル、ほうれん草、白菜を収穫。収穫後は(農)埼玉産直センターの施設2階で、参加者全員で地元の名物煮ほうとうを作り、生産者と交流を深めました。

東都生協では「産地直結」を知っていただくために、今回の農業体験や産地・メーカー交流訪問など、さまざまな企画を行っています。まだ参加されたことがない方は、ぜひご参加ください。

<参加者の感想>
・子どもに土を触らせる体験をさせたくて参加した。良い経験となった。
・生産者の生産に伴う汗と涙の結果が、本日の煮ほうとうとなっていると思う。

・6歳の娘に農業体験をさせてあげたくて参加した。楽しかった。安心と満腹を味わえた。温かい気持ちになれて、参加して良かった。
・3歳の息子に野菜はどのように成長するか聞かれ、それを知りたくて参加しました。保育園で息子が野菜の生産について説明をしているようです。

・親子で煮ほうとうが作れて良かった。畑で抜いたばかりのかぶを、洗いもせずに食べたがとても甘くておいしかった。

・親に誘われ、最初は親孝行のつもりで参加したが、楽しかった。

・娘においしい野菜を食べさせたく思い参加した。生産者と直接会うことの大切さを知った。

・3歳の娘に野菜を好きになってもらおうと思い参加したが、途中から親の方が楽しみになった。