みんなの活動:これまでの活動報告

「もーもータオル贈呈式」を行いました

「心をつなぐもーもータオルキャンペーン」に寄せられたタオル・メッセージを千葉北部酪農農業協同組合に贈呈しました

2020.02.10

タオルとメッセージ、お届けしました!

タオルとメッセージ、お届けしました!

初めての乳搾り

初めての乳搾り

牛さん、いっぱい食べてね!

牛さん、いっぱい食べてね!

2019年11月16日、東都生協(コープ)は千葉北部酪農農業協同組合・鈴木牧場にて「もーもータオル贈呈式」を行い、東都生協組合員14人が参加しました。

東都生協では、組合員から寄せられたタオルとメッセージを「八千代牛乳」生産者に提供する活動をしています。「組合員に安全でおいしい八千代牛乳をずっとお届けしたい」と奮闘する生産者を応援するこの取り組みは、1985年に始まりました。搾乳時にきれいなタオルで牛の乳房を拭くことで、細菌数の少ない生乳を生産することができ、おいしく高品質な「八千代牛乳」の生産につながります。

キャンペーン「八千代牛乳のふるさと牧場へ『もーもータオル』を届けよう!」には、東都生協組合員の皆さんから白いタオル4,200枚とメッセージカード208枚が集まりました。ご協力ありがとうございました。

牧場主の鈴木耕太朗さんは現在29歳。旧・藤崎牧場を昨年2月から引き継いで1人で運営しています。

子どもの頃から八千代牛乳で育った鈴木さんは、北海道の大学で4年間酪農を学び、現在パワフルに鈴木牧場を営んでいます。

昨年の台風15号、19号では建物の被害はなかったものの、停電により牛に水を供給できない状態が続き、親牛2頭が死んでしまいました。鈴木さん自身も寝る間もなく対応に当たるなど、大変なご苦労をされたそうです。

贈呈式の後は参加者全員で牧場見学、餌やり、乳しぼり体験を行い、昼食には八千代牛でバーベキューをしながら交流をしました。

これからも「まいとど登録」などをして、八千代牛乳をどんどん飲みましょう!

<参加した組合員の感想>
◆生産者の熱意、ご苦労が分かりました。これからも八千代牛乳を飲んで応援します!
◆Non-GMO(非遺伝子組換え)の餌にこだわり、HTST(高温短時間殺菌)の八千代牛乳の誇りに感動しました。もっ
と利用していきたい。