みんなの活動:これまでの活動報告

「さようなら原発 10万人集会」に参加しました!

炎天下、「脱原発」を力強く訴えました

2012.07.17

坂本龍一さんは「たかが電気で命を脅かすことには反対」と訴え、落合恵子さんは、「(脱原発に向け)闘うことは人間の誇り」と述べました

坂本龍一さんは「たかが電気で命を脅かすことには
反対」と訴え、落合恵子さんは、「(脱原発に向け)
闘うことは人間の誇り」と述べました

炎天下の中、東都生協組合員、役職員も集会に参加

炎天下の中、東都生協組合員、役職員も集会に参加

パレードに対し沿道から手を振る人も

パレードに対し沿道から手を振る人も

2012年7月16日(月)、代々木公園で「さようなら原発一千万人署名市民の会」主催の10万人集会が開催され、主催者発表で17万人が全国各地から参加しました。

東都生協からも組合員、理事、職員が参加。また、他の団体の参加者からも「私も東都生協の組合員です!」などの多くの声が掛かりました。

集会では、呼び掛け人の9人の内、内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、鎌田彗さん、 坂本龍一さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さんがあいさつ。

その後、原宿コース、渋谷・恵比寿コース、新宿コースに分かれてパレードが行われ、道行く人々に「大飯原発の停止」や「原子力発電所の廃炉」などをアピールしました。

当日の詳細はこちら(外部リンク)