みんなの活動:これまでの活動報告

ノーベル平和賞受賞ICAN 川崎哲さんが語る ~世界から核兵器をなくすために~

ノーベル平和賞受賞ICAN 川崎哲さんを講師にお迎えして学習会を開催しました。

2018.11.07

10月25日(木)東京都生協連会館にて、ピースボート共同代表、ICAN国際運営委員の川崎哲(あきら)さんに、核兵器廃絶に向けたICANの取り組みについて、国際情勢を交えながら講演していただきました(参加人数58人)。

学習会の中で川崎さんは「ICANのノーベル平和賞受賞は、長年にわたって証言を続けてこられた被爆者の方々をはじめ、草の根で活動する一人ひとりの努力が実を結んだ結果である」と説明されました。

さらに「核兵器を廃絶することは『理想的』ではなく『理性的な選択』である。もし今後、核兵器が再び使用されてしまえば人類は生きのびる事ができず、核戦争には勝者はいない。核兵器禁止条約ができたことにより核兵器は悪であることが示されました。

歴史の中で、奴隷制度の廃止や女性参政権など、人権を基礎に正義を求めるあらゆる運動はすべて私たちが声をあげることから始まっています。『核兵器禁止条約』は核兵器の終わりの始まりです。社会は変えられるのです。」と話されました。

今回の学習会を通じて、核兵器廃絶に向けて「私たちができること」を考えるきっかけとなりました。












【参加者からの感想】
・核兵器禁止条約によって価値観が変っていき、それが社会を変えていくということが、この30年間の
 他の事象(奴隷制度や女性参政権のことなど)を事例にしてよく分かりました。
・明確で筋道の通ったお話を聞くことができ有意義な企画でした。参加してとてもよかったです。
・核は「負の遺産」であると感じました。これ以上造らないこと!
・核を持つこと自体が恥ずかしいことなのだと世界が思うような時代に早くなってほしいです。

※ICANとは
川崎さんが国際運営委員をされているICAN(The International Campaign to Abolish Nuclear Weapons =核兵器廃絶国際キャンペーン)は2007年に発足した核兵器を禁止し廃絶するために活動する世界のNGO(非政府組織)の連合体です。スイスのジュネーブに国際事務局があり、2017年10月現在、101カ国から468団体が参加しています。2017年には核兵器禁止条約の成立に尽力したとしてノーベル平和賞を受賞しました。川崎さんは日本出身のただ一人の国際運営委員です。

文責 東都生協 組織運営部