みんなの活動:これまでの活動報告

2018ピースアクションinナガサキに参加しました。(8月7日~9日)

「戦争も核兵器もない平和な未来を ~ナガサキ・ヒバクシャの想いを継承し、日本・世界に広げよう~」

2018.08.29

東都生協では毎年、平和募金を活用したピースアクションの活動を行っています。
2018年8月7日(火)から9日(木)、被爆地での被爆の実相を学び、戦争体験の継承と平和の尊さについて考えることを目的に、3人が平和代表団として、2018ピースアクションinナガサキに参加しました。また、9日には長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に一般参加しました。

被爆の証言と紙芝居
長崎で被爆された早崎猪之助さんご自身の体験を直接伺い、被爆の実相を学び、多くの想いを知って平和の大切さを学びました。
また、三田村静子さんにより紙芝居『「平和」を刻んだ少女』が読み上げられました。紙芝居は小学1年の時に被爆し、家族5人を亡くした菅原耐子さんの話を元につくられたものです。

生協平和のまち歩き
「城山小学校コース」として、碑めぐりガイドの会のガイドさんのもと、原爆投下中心地から約500mの城山小学校を中心に、国の史跡となった被爆校舎や少年平和像、かよこ桜などを見学しました。





















ナガサキ虹のひろば
8月8日(水)日本生協連主催の「ナガサキ虹のひろば」が長崎市民会館文化ホールで行われ、全国から多くの参加がありました。ステージでは長崎女子高校・龍踊部による龍踊り、リレートークイベント、2018子ども平和会議inナガサキ取り組み紹介、アピール文読み上げ、被爆者歌う会「ひまわり」による合唱など、次世代への被爆・戦争体験の継承を進めながら、取り組みの輪を全国へ広げることを確認しました。










長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
8月9日、朝から強い日差しが照りつけていました。式典会場に「平和の鐘」が響き渡る中、式典に参加した多くの方々とともに核兵器廃絶と恒久平和の実現を祈り黙祷し、終了後には原爆慰霊碑に献花、核なき平和な世界を願いました。

平和の折り鶴を捧げました
平和の想いを千羽鶴に込め、捧げました。

 









>




参加者の感想より
・事前に調べていた、城山小学校で少年平和像とかよこ像を見ることができて良かった。
・当時14歳だった早崎さんの被爆証言を聴いて、胸がしめつけられる思いでした。
・長崎は平和学習が盛んで驚きました。教育はとても重要で、未来を変える力を持っていると思いました
・平和とは何かを考える貴重な体験になりました。