みんなの活動:これまでの活動報告

2018ピースアクションinヒロシマに参加しました。(8月4日~6日)

今年のテーマは「ヒロシマの心を次世代のあなたへ ~知って、感じて、動きだそう~」

2018.08.10

 東都生協では毎年、平和募金を活用したピースアクションの活動を行っています。
2018年8月4日(土)から6日(月)、被爆地での被爆の実相を学び、親子で平和の尊さについて考える契機とすることを目的に、組合員7人と事務局2人の9人で2018ピースアクションinヒロシマに参加しました。

1日目は、「入市被爆の新聞記者が伝えたかった被爆の実相」として、入市(にゅうし)被爆者の浅野温生さんからご自身の体験と、中国新聞記者として多くの被爆者の苦悩を取材したお話をお聴きし、被爆者のさまざまな苦悩を知って平和の大切さを学んだあと、平和記念公園内にある「原爆の子の像」へ、平和の想いを込めて折り鶴を捧げました。












2日目は、「碑めぐりガイドの会」のガイドさんのもと、平和記念資料館から袋町小学校(平和資料館)までフィールドワークを行いました。












袋町小学校校舎は、1937年(昭和12)、当時としてはとても近代的な鉄筋コンクリートの建物として完成。1945年(昭和20)8月6日に被爆。原爆の凄まじい爆風と高熱により、外郭のみを残し廃墟となりました。数日後には、被爆者の避難場所・救護所となり、児童や教職員、地域住民などの安否を尋ねる場所となりました。1946年に学校が再開し、補修工事を繰り返しながら校舎が使われてきましたが、老朽化から2000年(平成12)に解体工事が行われた際、漆喰や黒板の下から被爆者などの消息を伝える「伝言」が発見され、2002年(平成14)に平和資料館となりました。












碑めぐりのフィールドワークの後は日本生協連主催の「虹のひろば」に参加し、ステージでは被爆ピアノによる演奏、被爆の証言・伝承、展示コーナーでは全国の生協から平和・国際交流活動の紹介など多くの企画があり、次世代への被爆・戦争体験の継承を進めながら、取り組みの輪を全国へ広げることを確認しました。
また、東京都生協連主催のピースアクションinヒロシマにも参加。「広島医療生協原爆被害者の会」の綿崎直子さん、植松由紀子さんの被爆証言を伺い、各生協の取組みや感想を報告しました。












3日目は平和祈念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和記念式)に参加。
式典会場は朝から強い日差しが照りつけ、「平和の鐘」が響き渡る中、式典に参加した多くの方々とともに、核兵器廃絶と恒久平和の実現を祈り黙祷しました。式典終了後には原爆慰霊碑に献花し、式典に参加した多くの人々とともに核なき平和な世界を願いました。













参加者の感想より
・貴重な体験の連続でした。被爆者が年々少なくなる中で、毎年行われているこの企画は大変貴
重なものでした。
・平和について考える機会を与えてもらい学習できました。周りのひとや家族に伝えていきたい。
・原爆の恐ろしさ、悲惨さを身をもって感じた。被爆者の方の前向きな姿勢にとても勇気づけられました。