みんなの活動:これまでの活動報告

食の未来づくりフェスタ2017」を開催しました!!

共催:東都生協産直生産者団体協議会、東都生協共生会 協賛:東京南部生活協同組合、株式会社東都ライフサービス

2017.10.23

4700人来場者が、"商品のこだわりを実感・体感・再発見! 2017年10月14日(土)、五反田TOCビル(東京都品川区)13階にて「食の未来づくりフェスタ2017」を開催しました。今年のテーマは、「商品のこだわりを実感・体感・再発見!」120を超える産直産地・メーカーをはじめ計132団体が出店し、約4700人の参加者が集まりました。

商品販売・試食コーナーには、産直野菜・果物などの農産物、畜産物、水産物、食品、家庭用品など東都生協の取引産地・メーカーのブースが広い会場いっぱいに並びました。

通常ではカタログ(商品案内)でしか見られない商品を、手に取ったり、試食したり、産地やメーカーの方に直接説明を聞いたりしながらお話やお買い物を楽しみ、交流する姿があちこちで見うけられました。大きなキャリーバックを引いて、お目当ての品物をいっぱい買っている方も大勢いました。




参加型の体験企画コーナー「るんるんズ広場」では、おはしを使い、豆をお皿からお皿へ移動し20秒間でいくつ移動できるか? タイムトライアル「お箸の達人」や、食べ物カードで遊ぶ「食べ物の旬でビンゴゲーム」、和食の配膳にトライする展示体験「お膳を整えよう」、展示体験「やってみよう、野菜の花あてクイズ」、1日の野菜摂取目安(350g)野菜を使って重さを当てよう「野菜でぴったり! 350gゲーム」、牛乳パックを使って小物入れを作っちゃおう! ぬり絵もできる「牛乳パックで小物入れ・ぬり絵」など多くの親子が参加し楽しんでいました。



展示コーナーでは、「みんなの食育 からだチェックシート」が紹介されていました。






新世代プロジェクトのブースでは、野菜・果物などの産直生鮮品などを展示・販売、取り組みも紹介され、食の未来を担う、若い生産者や生協職員の意気込みや勢いで盛り上がりました。




保険などを扱う㈱東都ライフサービスのブースでは、ドライブシミュレータを使い、エコ運転チェックや高速道路での安全運転走行チェックを行いました。

共済を扱うブースでは、保障の見直し大相談会が行われ、CO-OP共済のキャラクター「コーすけ」も登場しました。




東都生協への加入コーナーでは、このフェスタで東都生協や商品や産地、メーカーへの信頼や理解を深め、加入相談や手続きをする方の姿が多く見られました。




会場入口付近では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名「被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます」協力を呼びかけました。




ステージでは、午前11時から「農業高校応援リレー米」応援金目録授与式を行いました。
東都生協では農業高等学校が生産した米を共同購入(登録米)で取り扱っています。未来の食の担い手を目指す若者を応援することで、若者が安心して農業に従事でき、私たち消費者がこれからも安心して米を食べ続けられるという、「未来の生産者との絆」を作る取り組み。農業高校応援リレー米の価格には応援金が含まれており、集まった応援金は栽培に使用する資材購入の補助や、人材育成に役立てられます。

恒例となった秋田県立大曲農業高等学校の皆さんが披露してくれる民謡と踊りを楽しみにしている方も多くいたようでした。


11時45分からは、皆さんお待ちかねの大抽選会。今回は2回の大抽選会、まずは1回目。
観客席には大勢の方が詰めかけ、皆さん首から下げた入場証に記載された番号を確かめています。当選番号が読み上げられるたびに、歓声とため息が漏れていました。



午後1時からは、㈱東洋ライスと東都生協との間で「米の精」に関する基本協定が今年9月1日に結ばれたことの報告がされました。
東洋ライスのBG無洗米機で無洗米加工した際に取り除かれる肌ヌカを生かした有機質肥料・飼料「米の精」を、東都生協が安定供給することを目指しています。
ステージには、東洋ライス雜賀慶二社長が登壇し報告、「米の精」を使う産地者からも報告がありました。








午後1時30分からは、参加型の、みんなで合唱「いただきます」。東都生協の活動紹介の映像や歌の歌詞をスクリーンに流し来場者、出展者など多くの方が参加し、歌やジェスチャーを交えてあっという間の楽しい時間となりました。






午後2時15分からは、本日2回目大抽選会。
当選者には、東都生協の商品を中心にプレゼント。大盛況でした。




今回のフェスタでは、産直協・共生会のご協力のもと、出展産地・メーカーと協働して、食に困る人に食品をおすそ分けする活動「フードドライブ」に取り組みました。
フェスタで販売しきれなかった商品をフードバンクに寄付・提供する呼び掛けに多くの協力がありました。

来場者からは、
「いつもは購入しないや日ごろ食べたことがない商品の味見が出来て良かった」、「おいしさを知れた。産地訪問で会った生産者さんにも会えてお話もできた」、「いつも購入している商品の生産者の方もいらして、より身近感がわきました」、「昨年買って良いと思い今年も買うつもりで来たのに出店してなかった」など、生産者などとの交流の様子や、東都生協および商品への信頼が深まったことを示す声が寄せられました。
お子さん連れの来場者からは、
「子どもが喜んでゲームをしていました」、「子どもが楽しめる企画もあり娘が毎年来るのを楽しみにしています」など、展示・クイズ・体験コーナー『るんるんズ広場』に参加された感想が寄せられました。