みんなの活動:これまでの活動報告

「食の未来づくりフェスタ2016」を開催しました!!

4000人を超える来場者が、"おいしい やさしい つながる"を実感!

2016.10.19

開場とともに場内は来場者でいっぱいに

開場とともに場内は来場者でいっぱいに

産直野菜は人気商品、生産者との<br>触れ合いも楽しく

産直野菜は人気商品、生産者との
触れ合いも楽しく

現物を見ながら買えるのはフェスタならでは

現物を見ながら買えるのはフェスタならでは

各コーナーでは、さまざまな試食も

各コーナーでは、さまざまな試食も

チャンスは5回、入った数により<br>プレゼントがもらえるお手玉入れゲーム

チャンスは5回、入った数により
プレゼントがもらえるお手玉入れゲーム

紙皿を台紙にするのがユニークなmy絵本

紙皿を台紙にするのがユニークなmy絵本

オブジェの野菜・果実は大抽選会の賞品に

オブジェの野菜・果実は大抽選会の賞品に

まぐろの頭と記念写真を撮る家族も

まぐろの頭と記念写真を撮る家族も

解体直後の刺身に、皆さん大満足

解体直後の刺身に、皆さん大満足

これ何かな?

これ何かな?

農業高校に応援金目録を授与する<br>庭野理事長(左)

農業高校に応援金目録を授与する
庭野理事長(左)

高校生の民謡と踊り。3人の息はピッタリ

高校生の民謡と踊り。3人の息はピッタリ

当選番号を引く大出副理事長

当選番号を引く大出副理事長

喜ぶ当選者(右)

喜ぶ当選者(右)

加入相談では丁寧に説明

加入相談では丁寧に説明

2016年10月15日(土)、五反田TOC(東京都品川区)にて「食の未来づくりフェスタ2016」を開催しました。今年のテーマは、『おいしい やさしい つながる 今こそ! 東都生協』。120を超える産直産地・メーカーが出店し、4千人を超える参加者が集まりました。

早い方は1時間前から並び始め、開場直前には300人を超える行列ができました。

商品販売・試食コーナーには、産直野菜・果物などの農産物、畜産物、水産物、食品、家庭用品など東都生協の取引産地・メーカーのブースが広い会場いっぱいに並びました。

大きなキャリーバックを引いて、お目当ての品物をいっぱい買っている方も大勢いました。それぞれ通常ではカタログ(商品案内)でしか見られない商品を、手に取ったり、試食したり、産地やメーカーの方に直接説明を聞いたりしながらお買い物を楽しみ、交流する姿があちこちで見受けられました。










参加型の体験企画コーナー「るんるんズ広場」では、動物の口に目掛けてお手玉を投げ入れる「お手玉入れゲーム」や、絵皿を台紙に折り紙、シール、カラーペンで自分オリジナルの絵本を作る「my(マイ)絵本を作ろう」、1日の野菜摂取目標量(350g)を野菜を使って当てる「野菜でピッタリゲーム」の他、タイムトライアル「おはしの達人」、「漢字博士になろう」などのゲームを親子で楽しんでいました。




展示コーナーでは、組合員から募集した「我が家の丼レシピ」や、「各地域の活動の様子」が紹介されていました。





新世代プロジェクトのブースには、野菜・果物などの産直生鮮品を使ったオブジェが築かれ、食の未来を担う、若い生産者や生協職員の意気込みや勢いが伝わるようでした。



保険などを扱う㈱東都ライフサービスのブースでは、ドライブシミュレータを使い、エコ運転チェックや高速道路での安全運転走行チェックを行いました。



ステージでは、午前11時から「まぐろの解体ショー」が行われ、観客は大きなまぐろが間近で解体されていく様子に見入っていました。解体されたまぐろは、早速お刺身にされ、観客の皆さんに試食品として提供されました。










午後0時30分からは、来場者が参加するステージイベント「さわってドッキリ! 漢字クイズ」が行われました。
参加者には見えない箱に入った野菜・果物を手で触り、何かを考えて、その物の漢字名を書いたパネルを当てるクイズです。


続けてステージでは、農業高等学校応援リレー米の応援金目録授与式を行いました。東都生協では農業高等学校が生産した米を共同購入(登録米)で取り扱っています。未来の食の担い手を目指す若者を応援することで、若者が安心して農業に従事でき、私たち消費者がこれからも安心して米を食べ続けられるという、「未来の生産者との絆」を作る取り組み。農業高等学校応援リレー米の価格には応援金が含まれており、集まった応援金は栽培に使用する資材購入の補助や、人材育成に役立てられます。
この後、恒例の秋田県大曲農業高校の生徒さんによる民謡と踊りの披露も行われました。恒例となった民謡と踊りを楽しみにしている方も多くいたようでした。







午後2時からは、皆さんお待ちかねの大抽選会。観客席には大勢の方が詰めかけ、皆さん首から下げた入場証に記載された番号を確かめています。当選番号が読み上げれるたびに、歓声が上がったり、ため息が漏れていました。




東都生協への加入コーナーでは、このフェスタで東都生協や商品や産地、メーカーへの信頼や理解を深め、加入相談や手続きをする方の姿が多く見られました。

参加者からは、
「試食がたくさんあったし、通常よりお安く買えたのでよかった。また、いつもおいしい牛乳を作ってくれる方とお話しできたのもよかった」
「(参加してよかった理由として)生産者の皆さんと直にお話しできること、いつも買っている品物をより安く買えること、新製品の試食ができること」
「チラシを見て悩んで購入しなかった商品を試せて次回安心して購入できるきっかけになった」など、生産者などとの交流の様子や、東都生協および商品への信頼が深まったことを示す声が寄せられました。