東都生協の商品について

食の未来づくり運動

作り手の顔が見える、安全・安心なこだわり商品を宅配。

東都生協(コープ)がお届けする青果物は、農薬や化学肥料の使用をできるだけ抑えた畑からお届けする産直品。お米や精肉、牛乳、たまごも、すべて「いつ」「どこで」「だれが」「どのように」育てたかが明らかな、作り手の顔が見える安全・安心なものだけを取り扱っています。また、しょうゆやケチャップなどの調味料、豆腐やハムなどの加工品は国産原料にこだわり、メーカーと共同で商品を開発。さらには、利用する人の立場から組合員自らが開発に関わり、試行錯誤して生まれた、東都生協ならではのこだわりの食材も数多くご用意しています。作り手と消費者の深い信頼関係のなかで作られた東都生協のこだわり商品を、ぜひおためしください。

品質と安全性を追求し、消費者と生産者との信頼の絆を強める
『公開監査』を積極的に行っています。
東都生協(コープ)では、商品の変わらぬ品質と安全性を追求するために、産直産地との定期的な『公開監査』を実施しています。東都生協の組合員、職員、ほかの産地の生産者、専門家などが監査人となり、農薬の使用や品質基準などについて、産地が東都生協との約束事を守っているかなどを公開の場で監査。その結果を踏まえて、さらなるレベルアップをはかります。 2001年から始まったこの取り組みは、食のあり方や農業についての理解を深め、消費者と生産者の信頼の絆を強める機会にもなっています。

野菜

野菜本来のしっかりとした味がします。

東都生協(コープ)の野菜は、安全・安心にこだわって作られた産直品。土づくりからこだわった畑で収穫された野菜は、見るからにみずみずしく、野菜本来の味や香りが濃いのが特徴です。東都生協では、すべての農産物に、化学合成農薬や化学肥料の削減のレベルや土づくり、環境保全への取り組みの到達度を明記した「栽培区分表示」を実施。そのレベル、到達度を、『東都みのり』⇒『東都わかば』⇒『東都めばえ』⇒『産直』と、ひと目でわかる4段階の「栽培区分表示」できちんとお知らせしています。

野菜

牛乳

安全・安心な牛乳はこだわりの飼料から!

八千代牛乳は、75℃15秒の高温短時間殺菌法(HTST殺菌法)で製造しています。この殺菌法は、有害菌を完全に殺菌しながら、120℃前後で1~3秒殺菌する超高温殺菌法(UHT殺菌法)の濃厚に感じられる風味に比べさらりとした食味になります。八千代牛乳は、搾りたての生乳の風味に近い"さらりとした飲み口とほのかな甘さ"が味わえます。

牛乳

産直たまご

ストレスのない母鶏から産まれました。

東都生協(コープ)の「産直たまご」は、採卵してからすべて4日以内にお届け。母鶏は、日当たりと風通しのよい開放的な鶏舎で飼育され、飼料には、収穫後の農薬散布のないPHF(ポストハーベストフリー)のトウモロコシを与えています。このPHFコーンはもちろん、大豆かすなども非遺伝子組換え。ストレスのない母鶏から産まれた卵は、黄身が盛り上がり、栄養豊かなしっかりとした味。なかでも、放し飼いの母鶏から産まれた「平飼いたまご」は、より自然な環境にこだわった価値ある卵です。

たまご

豆腐

旨みの秘密は国産大豆です。

大豆の国内自給率はわずかに5%(2007年度)。そのほとんどを輸入に頼っているのが現状です。そんな中、東都生協(コープ)の豆腐は、すべて国産大豆を100%使用。遺伝子組換えの心配もありません。「東都きぬ豆腐・もめん豆腐」は、消泡剤を使わず天然にがりだけで固めるこだわりの製造方法。国産大豆ならではの甘みと旨味を大切にしています。
※消泡剤 大豆を加熱させた時に大量に出る泡を抑える食品添加物として、一般的な豆腐には使用されている。

豆腐

産直米

すべてが生産者の顔が見える産地指定米。

東都生協(コープ)がお届けするお米は、すべてが生産者や栽培法方がはっきりしている「産地指定米」。土づくりから取り組み、化学合成農薬の散布を極力抑え、たくさんの生きものを育む自然のサイクルや環境を大切にしたこだわり米は、ごはんそのものに豊かな甘みと旨味があると大好評です。登録していただいた組合員の皆さまに、年間を通して定期的に直産米をお届けする「登録米」制度も実施しています。

お米

産直肉

自給飼料100%を実現した牛肉を生産。

飼料のほとんどを輸入穀物に頼っている畜産の現状のなか、東都生協(コープ)がお届けする肉は、鶏・豚・牛ともに飼料を非遺伝子組換え、国産にこだわり、すべて作り手の顔が見える指定産地からお届け。飼料内容が明らかで薬剤に頼らない肥育をしています。特に、北海道に位置する広大な牧草地で育つ「北里八雲牛」は、自然の牧草で自給飼料100%の生産にチャレンジ。脂肪分の少ないあっさりとした風味が特徴です。

肉

加工肉

ハムもウインナーも発色剤を使わない「無塩せき」。

東都生協(コープ)がお届けするハム・ウインナーなどの加工肉は、すべて発色剤を一切使わない「無塩せき」。お子さまのお弁当にも安心してご利用いただけます。また、保存料や結着剤も使用しておらず、「不必要な添加物は一切使用しない」という東都生協の原則に基づき、商品の選定・開発にあたっています。

加工肉

食パン

国産原料にこだわったもっちり食パン。

輸入小麦粉に頼らず、北海道産の小麦だけを使用した食パン。イーストフードを使わず湯こね中種法で、手間と時間をかけて仕上げた国産小麦食パンは、もっちりとした食感が特徴。小麦本来がもつ甘みを充分引き出しました。

食パン

皆さんの意見や声を反映させた商品づくりをすすめています。

東都生協(コープ)では、産地やメーカーへの訪問・視察や公開監査、試食会や学習会などをとおして、組合員の皆さんの意見や声などを幅広く伺う機会を数多く設けています。いただいたご意見を真摯に受けとめ、商品の見直しや改善、商品開発に反映させる『組合員参加型の商品づくり』を実施しています。