ピーマンとじゃがいもの千切り炒めの写真

 
2022年6月2回
ピーマンとじゃがいもの千切り炒め
●調理時間:5分 ※下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

ピーマン(千切り) 2個
じゃがいも(皮をむき千切り) 中1個
ロースハムスライス(鎌倉ハムクラウン商会)(半分に切って千切り) 2枚
サラダ油 小さじ2
塩 小さじ1/6
こしょう 適量

●作り方

1. じゃがいもは水にさらし、水気を切る。
2. フライパンにサラダ油を熱し、ピーマン・じゃがいも・ハムを加え炒め合わせ、塩・こしょうで味を調える。

★ピーマンは繊維に沿って縦に千切りにすると、シャキシャキと歯ざわりがよくなります。
★カレー粉小さじ1を加えて炒めると、夏にうれしいスパイシーな味になります。

(1人分約115kcal)

トマトとパプリカのドライカレーの写真

 
2022年6月2回
トマトとパプリカのドライカレー
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

八千代黒牛と霧島黒豚の合びき肉(牛5:豚5)バラ凍結(解凍する) 200g
トマト(1~2cmの角切り) 2個
玉ねぎ(みじん切り) 1玉
パプリカ(7mmの角切り) 1/2個
熊本県産にんにく(l1玉)(みじん切り) 1片
しょうが(みじん切り) 1片
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1
ご飯 適量

A:
純カレー粉 大さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

B:
顆粒コンソメ 小さじ1
特級ウスターソース 大さじ2
ケチャップ 大さじ2
醤油 小さじ1

●作り方

1. フライパンにオリーブオイル・にんにく・しょうがを弱火で熱し、香りが出たら玉ねぎを加え中火にして炒め、玉ねぎがしんなりしたら挽肉を加え炒める。
2. 挽肉の色が変わってきたらパプリカ、Aを加えてさっと炒める。
3. Bを加え、煮立ったら弱めの中火にし、混ぜながら約5分煮る。
4. トマトを加えサッと炒め、器に盛ったご飯にかける。

★味見をして薄いようなら塩・こしょうで調えてください。
★トマトは食感を味わうなら約10秒、しっかり火を通すなら約1分炒めてください。

(カレーのみ1人分約420kcal)

鮭とキャベツの蒸し煮の写真

 
2022年6月2回
鮭とキャベツの蒸し煮
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

天然紅鮭切身(甘口塩味)(酒大さじ1をふり解凍する) 2切
キャベツ(ざく切り) 150g
玉ねぎ(薄切り) 1/2玉
にんじん(千切り) 1/3本
株採りエリンギ(2個パック)(縦に手でさく) 1本
生協バター(加塩) 10g
酒 大さじ1
醤油 大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
こしょう 少々

●作り方

1. 耐熱皿に玉ねぎ・にんじんを入れラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
2. フライパンにサラダ油をひき、水気を取った鮭を入れ、周りに(1)・キャベツ・エリンギをのせ、鮭の上にバターを小さく切ってのせる。酒を回し入れ蓋をして中火で加熱し、沸騰したら弱火にして5分煮る。
3. 蓋を開け、醤油を回し入れ、こしょうを振り野菜をさっと混ぜ合わせ、再度ふたをする。
4. 鮭に火が通り、キャベツがやわらかくなったらでき上がり。

★煮汁が少なそうだったら水を少し足してください。

(1人分約207kcal)

ちんげん菜のキムチ和えの写真

2022年6月1回
ちんげん菜のキムチ和え
●調理時間:5分 ※下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

ちんげん菜(長さ4cm、幅1cmの短冊切り) 1株(約130g)
東都信州望月高原の白菜キムチ(刻む) 40g
紀の国のしらす干し 20g
醤油 小さじ1
煎りごま(白) 適量

●作り方

1. ちんげん菜は耐熱皿に広げ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。粗熱を取って醤油をかけ、全体を混ぜ合わせて下味を付ける。
2. 水気を絞り、キムチ・しらすと和える。
3. 器に盛り、ごまを振る。
★ちんげん菜が白菜キムチと調和。ごはんがすすむ副菜です。
★水っぽくならないよう、ちんげん菜を和える時はしっかり水気を絞りましょう。

(1人分約40kcal)

鶏ムネ肉のジンジャーチーズ くるくるカツの写真

2022年6月1回
鶏ムネ肉のジンジャーチーズ くるくるカツ
●調理時間:20分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

南国元気鶏ムネ(バラ凍結)(解凍して室温に戻す) 2枚約500g
しょうが(約1mm幅の薄切り) 2片
スライスチーズ(半分にカット) 2枚
卵(溶いておく) 1個
小麦粉 大さじ1~2
パン粉(細かく刻む) 1カップ
東都無着色とんかつソース 適量
塩・こしょう 少々
サラダ油  適量
ベビーリーフ・ミニトマト 適量

●作り方

1. 鶏肉は、厚みが均等になるよう横から切り目を入れて平に広げ、全体に塩・こしょうをして中央にしょうがとスライスチーズの半量をのせる。
2. (1)を端からくるくると丸めて筒状にして巻き終わりをようじで止め、小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣を付けて冷蔵庫で約5分なじませる。もう1枚も同様にする。
3. フライパンに2cm深さのサラダ油を入れ、160~170℃で(2)を返しながら両面を約10分色良く揚げる。
4. 皿に(3)・ベビーリーフ・ミニトマトを盛り、お好みでとんかつソースをかける。

★この時季にぴったりのさっぱり味。ソースなしでも食べられます。
★鶏肉は室温に戻すことで早く肉に火が入ります。また、大きめサイズは揚げ時間を長めにしてください。

(1人分約959kcal)

塩さばの簡単パリパリ焼きの写真

2022年6月1回
塩さばの簡単パリパリ焼き
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 1~2人分

塩さば切身(解凍して骨を取り、3等分にカット) 2切150g
小麦粉・片栗粉 各小さじ2
サラダ油 大さじ1
ベビーリーフ 適量

A:
醤油 大さじ1
酢 大さじ1

●作り方

1. 塩さばはビニール袋に入れ、Aを加えてよく混ぜ、10分以上漬けておく。
2. バットに小麦粉と片栗粉を合わせておく。(1)のさばを取り出してバットに並べ、全体に粉をしっかりとまぶす。
3. フライパンに油を熱し、中火で(2)の両面をこんがりと焼いて皿に盛り、ベビーリーフを添える。

★食べやすいひとくちサイズで、お弁当やおつまみにもぴったりです。
★粉は小麦粉と片栗粉を合わせることで、表面はパリッと中はふっくら。冷めても食感が変わりません。

(1人分約371kcal)