縦切りが美味!れんこんのきんぴらの写真

 
2022年10月3回
縦切りが美味!れんこんのきんぴら
●調理時間:10分
●材料と下ごしらえ 2人分

れんこん(縦に1cm角のステック状に切る) 200g
にんじん(洗い)(縦に1cm角のステック状に切る) 100g
赤唐辛子(小口切り) 1本
ごま油 大さじ1

A:
砂糖・醤油・酒 各大さじ1

●作り方

1. にんじんは耐熱容器に入れ電子レンジ(600W)で2分加熱する。
2. フライパンにごま油・赤唐辛子を入れて弱火で熱し、香りが出てきたられんこんを加え、中火で炒める。
3. れんこんに火が通ったら(1)とAを加え、汁気がなくなるまで炒める。

★歯応えシャキシャキ! この時季のれんこんの食感を生かし、輪切りではなく縦切りにしました。
★れんこんと同様ににんじんも縦切り。色、食感、味わいの三重奏をお楽しみください。

(1人分約195kcal)

鶏肉と大根の照り煮の写真

 
2022年10月3回
鶏肉と大根の照り煮
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

赤鶏さつまモモ唐揚用(解凍する) 200g
洗い大根(葉切り)(幅6mmのいちょう切り) 150g
塩 少々
こねぎ(小口切り) 1本
サラダ油 大さじ1/2

A:
みりん 小さじ4
砂糖・醤油 各小さじ2
東都八方白だし 小さじ1

●作り方

1. 鶏肉はフォークで数か所穴をあけ、塩を振る。大根は耐熱容器に平らに並べ、ふわっとラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。
2. フライパンに油を熱し、鶏肉の皮目を下にして入れ、中火で両面を薄く焼き色が付くまで焼き、大根を加えて、全体に油が回るように炒める。
3. (2)にAを回し入れふたをして弱火~中火で、ときどきフライパンをゆすりながら10分ほど煮る。
4. ふたをとり、火を強め煮詰める。器に盛り、こねぎを散らす。

★大根は煮る前に電子レンジで加熱すると味がよく染み込みます。
★煮るときは大根を下にして中に味が入るようにします。

(1人分約286kcal)

まかじきときのこの黒こしょう炒めの写真

 
2022年10月3回
まかじきときのこの黒こしょう炒め
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

まかじき切身(酒大さじ1/2、塩少々をふり解凍する) 200g
えのき(根元を切り半分に切る) 100g
諏訪さんのまいたけ(食べやすい大きさに裂く) 100g
こねぎ(斜め切り) 3本
醤油 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1

A:
酒 大さじ1
塩 小さじ1/2
粗挽き黒こしょう 適量

●作り方

1. まかじきの水気をふき取り、1.5cm幅に切る。
2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、まかじきを入れ、ときどきゆすりながら3~4分焼く。
3. 全体に焼き色がついたら、えのき・まいたけを加え炒め合わせる。
4. きのこがしんなりしたらAを入れサッと炒める。こねぎと醤油を加えてひと混ぜし、器に盛る。

★こしょうはお好みで加減してください。
★あっさりしたまかじきを、旨みたっぷりのきのこと合わせました。

(1人分約210kcal)

ジャーマンポテトマスタード風味の写真

2022年10月2回
ジャーマンポテトマスタード風味
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

じゃがいも(男爵)(洗って皮ごと1.5cm角に切って水に浸ける) 2個
玉ねぎ(くし形に切る) 1/2玉
青森県産にんにく(薄切り) 1片
東都あらびきポークウインナー(信州ハム)(斜め半分に切る) 1袋
東都ベーコンスライス(信州ハム)(1cm幅に切る) 2枚
オリーブオイル 小さじ1
マイルドブラウン粒入りマスタード 小さじ2
パセリ(細かく刻む) 2房

●作り方

1. じゃがいもはザルに上げて水気を切る。耐熱皿にのせて軽くラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱して5分置く。
2. フライパンにオリーブオイルを引き弱火でにんにくを香りが出るまで炒め、(1)・玉ねぎ・ウインナー・ベーコンを入れ、中火で2分~3分炒める。
3. 玉ねぎがしんなりしたら粒マスタードを加え、火を止め全体を混ぜ皿に盛る。

★皮付きのままカットする簡単に作れる一品です。おかずやおつまみにどうぞ。
★マスタードを効かせてドイツ風のパンチのあるおいしさに!

(1人分約347kcal)

豚じゃがバターチーズのせの写真

2022年10月2回
豚じゃがバターチーズのせ
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

めぐみ米豚小間切(バラ凍結)(解凍して軽く塩・こしょうをふる) 200g
太鼓判 じゃがいも(男爵)(皮をむいて5mm厚の輪切り) 2個
よつ葉シュレッドチーズ 50g
よつ葉北海道バター(加塩) 大さじ2
塩 小さじ1/2
パセリ(細かく刻む) 少々

●作り方

1. 耐熱皿にじゃがいもを入れ、電子レンジ(600W)で3分加熱してからそのまま5分置く。
2. フライパンにバター・豚小間切を入れ、中火で肉の色が変わるまで炒め、(1)と塩を加えて全体を混ぜ合わせる。
3. (2)の具を平らにして中央にシュレッドチーズをかけ、ふたをして弱火で2分蒸し焼きにして火を止め、パセリを散らす。

★フライパンごとそのまま食卓に出しても良いです。
★おかずとしてはもちろん、おつまみにもどうぞ。

(1人分約542kcal)

かれいのソテーふわふわ卵ソースの写真

2022年10月2回
かれいのソテーふわふわ卵ソース
●調理時間:15分 ※解凍・下処理時間は除く
●材料と下ごしらえ 2人分

北海道かれい骨取りフィーレ(解凍する) 1袋(6枚)
卵(溶いておく) 2個
小麦粉 大さじ1
塩・こしょう 少々
サラダ油 小さじ1
ブロッコリースルフォラファンスプラウト 適量

A:
水 250ml
鶏がらスープ 小さじ2
醤油 小さじ1/2
片栗粉 小さじ2

●作り方

1. かれいに軽く塩・こしょうして5分置き、表面の水分をキッチンペーパーで拭き、小麦粉を両面薄く付ける。
2. フライパンにサラダ油を熱し、中火で(1)を両面焼き、中まで火が通ったら取り出す。
3. (2)のフライパンの油をキッチンペーパーで拭き、Aを加え弱火で混ぜ、とろみが付いたら溶き卵を少しずつ加え、卵に火が通るまで2分ほどかき混ぜ、卵ソースを作る。
4. 皿に(3)の卵ソースを広げて、(2)を置き、周りにブロッコリースプラウトを飾る。

★淡泊なかれいに卵ソースがよく合います。
★ソースを混ぜるときに泡立て器で混ぜるとだまにならずなめらかなソースになります。
★骨取りなので、魚が苦手な子どもにもおすすめです。

(1人分約287kcal)