用語集

住宅に関する(木造住宅)用語はここに掲載しているもの以外にも沢山ありますが、おもに知っておきたい用語を載せています。

上がり框
【あがりかまち】
床に段差のある場所で、上がる床の端に付けられる横材。損傷がはげしいため、ケヤキやサクラなどの堅い木が使われる。段差は200mm程度が多いが、安全のためには180mm以下という指針がある。
雨押え
【あまおさえ】
外壁を流れる雨水が建物内部に入らないように取り付ける板材。
雨仕舞い
【あまじまい】
家の内部に雨が入らないように処理をすること。雨水の流れを外部に誘導する板や、雨水の流れを止める水切りの目地などを要所要所に施して、建物内部に雨水が入らないようにする。
合わせ梁
【あわせばり】
2本の材を並べてボルトなどで締めつけて一体化し、1本の梁の役割をするもの。
家構え
【いえがまえ】
敷地内の建物の向き、庭などの配置の方法、家づくりの様を指す。
犬走り
【いぬばしり】
建物の軒下や外壁の周囲を砂利やコンクリートなどで固めたもの。
内法
【うちのり】
相対する璧と壁、あるいは部材と部材の間の距離であるが、特に各部で障子・襖が入る開口部の高さを指す場合がある。内法回りと呼んで室内で統一され、1730mmまたは1760mmが標準である。現場では、鴨居そのものを内法ということもある。
縁甲板
【えんこういた】
和風住宅の主に縁側や廊下に用いられる床材。
大壁
【おおかべ】
壁の骨組みをつくる方法のひとつ。壁の仕上げ材で柱と染を覆い隠す。璧の骨組みは見えないので、壁内の結露には十分な注意が必要である。
大引
【おおぴき】
木造建物の最下階の床構造を構成する角材。床板を受ける水平材(根太)を支える90mm程度の横架材で、最下階の床を支える垂直材(床束)によって支えられている。
お神楽
【おかぐら】
2階に増築する方法を意味する俗語。平屋建てに2階部分を建て増す工事のことをいう。
納まり
【おさまり】
部材の組み合わせ方。各部分で、構成する材料が、技術、寸法、性能において、過不足なく仕上がっている状態を、納まりがよいという。
押縁
【おしぶち】
板や合板、ガラスなどの板状の部材の継ぎ目を、押さえて留める細くて長い材料。木製、金属製、プラスチック製のものがある。

外構工事
【がいこうこうじ】
敷地内の建物外部の工事。門や塀・石垣、植え込み・盛土・建物周辺の犬走り・沓脱ぎ石、そして駐車スペースなどの工事が含まれる。
階段
【かいだん】
踏み板(段板)をささら桁(側桁)で支える。段端から段端までの距離を踏み面、蹴込み板の高さを蹴上げという。
駆け込み天井
【かけこみてんじょう】
屋根の勾配に治って傾斜した部分がそのままの形で天井となっているもの。
笠木
【かさぎ】
塀や手すりなどの頂部にかぶせられる仕上げ材のこと。
仮設工事
【かせつこうじ】
場・作業スペース、高いところの工事のための足場の組立などの作業がある。
矩計図
【かなばかりず】
建物の垂直方向の各部の高さを示す図。土台、床面、建具の内法、天井面、軒先、軒などの高さ寸法が、建物外璧部分の断面図に記される。
鴨居
【かもい】
和風などの開口部の上部に付けられた水平材。
ガラリ
【ガラリ】
幅の薄い板を一定の間隔を保ち、平行に並べて取り付けたもの。壁面または建具に取り付けて、直射日光の緩和、雨の吹込み、視線の遮断、通風・換気に役立てるために、浴室の換気や雨戸などに用いられる。ガラリを組み込んだ建具は、よろい戸・ガラリ戸・しころ戸・ルーパーなどとも呼ばれる。
器具表
【きぐひょう】
取り付ける器具の種類、性能、大きさ、個数、メーカーなどを示した表。ガスや水道関係の器具、浴槽や便器などについて器具ごとに紀載される。設計図書の一部に含まれる。
基礎
【きそ】
建物の最下部にあって、建物の重さを地盤に伝え、建物と地盤を固定するもの。地盤が1m² 当たり5トン以上の重力に耐えられる場合は、鉄筋コンクリートの布基礎にする。通常、外周の基礎及び重要な間仕切下も布基礎とする。弱い地盤では、建物の下部全面を基礎としてコンクリートの底面をつくるベタ基礎とする。これは、地中からの湿気を遮断する効果もあり、最近の一般的な住宅では多く採用されている。
経師
【きょうじ】
襖や壁紙、壁布、屏風の紙張りをする職人のこと。表具師ともいう。
京間
【きょうま】
長辺6尺3寸、短辺3尺1寸5分の畳を基準とした部屋。1尺=10寸=30.3cm。1寸=10分=3.03cm。1分=3mm。関東の田舎間(畳寸法5尺8寸×2尺9寸)に対する言葉。
切妻
【きりづま】
屋根の側面の端を垂直に切り落とした型。頂上から二方向に下る単純な屋根型であるが、頂上の両端での風や雨を防ぐために、板を打つ、塗り込めるなどの処理をする。
霧除け
【きりよけ】
小さな開口部に雨がかからないように板を開口上部に取り付けただけの簡単な庇をいう。この庇は日差しをさえぎる役割より、外壁を流れてくる水が、窓や出入口から屋内に入らないようにする役割のほうが大きい。霧除け庇ともいう。
管柱
【くだばしら】
1階、2階それぞれの階ごとに付けられる柱。1辺105mm(3寸5分)角の材が一般的。
化粧
【けしょう】
建物の中で、直接目に触れる部分、部材に施される仕上げ加工。目に触れる部分、あるいは部材そのものを指す場合もある。
結露
【けつろ】
室内の空気中に含まれている水分量が飽和状態になり、余分な水分が室温より低い温度の窓や壁の表面で水滴となって付く現象(表面結露)。壁の内部、天井裏にも結露する。これは内部結露と呼ばれ、木材腐食の原因となる。隙間風を防ぎ気密性を高めた室内では、結露がおきやすい。
下屋
【げや】
建物の主要な部分、母屋(おもや)に、継ぎ足された屋根部分や部屋をいう。
螻羽
【けらば】
切妻屋根の妻側の縁端部をいう。妻壁から突き出た部分を螻羽の出またはそば軒という。
建築基準法
【けんちくきじゅんほう】
建物を建てるにあたって、守らなければならない最低基準を定めた法律。建築物の用途、敷地、構造、設備などについて、細かく決められている。このほか、住宅に関連する法律に、住宅品質確保促進法、都市計画法、民法がある。
建築士
【けんちくし】
設計およぴ工事監理を行なうことのできる、法律で定められた資格。木造建築士は小規模な木造建築2階建て300m²以下、これを越える規模あるいは3階建ての木造建築は1級建築士または2級建築士と定められている。
建蔽率
【けんぺいりつ】
敷地面稚に対する建物面積(建て坪)の割合。
格子窓
【こうしまど】
外側に細い角材や板の桟を縦横に並べた窓。
構造材
【こうぞうざい】
地震、風などの外力、屋根や床を支える役割をしている部材。
工程表
【こうていひょう】
着工から竣工までを各工事種別に、作業量を日数に換算して示した表。

【こし】
垂直方向の上下で仕上げが異なる場合の下半部分のこと。ガラス戸の下部にはめられた板を腰板、外壁の中間より下の壁を腰壁、そこに板や紙などを張ることを腰張りなどという。
小屋組
【こやぐみ】
屋根の骨組みのこと。
小屋裏
【こやうら】
屋根面の下にある屋根を支える骨組みの部分をいう。屋根裏のこと。

在来木造工法
【ざいらいもくぞうこうほう】
近代産業による新しい工法の以前から、日本で行なわれてきた木造建築の建て方をいう。
竿緑
【さおぶち】
天井板を下から支える細い部材の総称。
左官
【さかん】
漆喰塗や土壁などの塗り壁や、三和土を施工する職人のこと。江戸時代から続く呼称。その仕事自体を指すこともある。
雑工事
【ざつこうじ】
建築工事の分類の1項目。家具類、台所や浴室の器具や備品の取り付け、カーテンやブラインド等、各工事科目に含まれない工事。
3尺モジュール
【さんじゃくもじゅーる】
尺貫法の寸法による木造の柱配置の基準寸法。1尺は約303mmに相当。3尺は約910mm、いわゆる半間である。畳の寸法も3尺×6尺として間取りを考えることから、3尺という寸法は日本の住宅の基本単位となってきた。そこで住宅各部の寸法もこの単位が各所にみられる。
仕上表
【しあげひょう】
外部および内部の仕上げを整理した一覧表。
地板
【じいた】
室内に床と同じレベルで敷かれた板。畳敷き部屋で窓際や壁際に敷かれる。床の間の脇に敷かれることもある。
敷居
【しきい】
戸や障子などをはめ込んだ上下左右の枠の下端の横木のこと。
式台
【しきだい】
玄関の土間から床に上がるところで、一段広い板を置いて上がりやすくした台のこと。
地業
【じぎょう】
建物の重さに耐えられる基礎をつくるためになされる、地盤面工作の作業をいう。
軸組
【じくぐみ】
木造住宅を構成する床・壁・屋根の骨組みのうち、壁を構成し屋根を支える骨組みをいう。土台・通し柱・管柱・胴差・軒桁・梁が主要部材で、補強のために間柱、筋かい、火打ちが入る。
仕口
【しぐち】
二つの部材を直角または斜めに組み合せるときの接合方法の総称。
下地
【したじ】
仕上げ材の下部にある素地や構成部材をいう。
下見板張り
【したみいたばり】
板を横に張る壁仕上げで、張る板の下側が外部に見えるように重ねていく方法。
漆喰
【しっくい】
白い塗り壁をつくる材料。石灰石からつくった白い粉に藁スサなどを混ぜて土壁の上から仕上げに塗る。耐久性、防火性に富む。
地窓
【じまど】
床と連続した平面に敷居がある小さな窓。
聚楽壁
【じゅらくかべ】
伝統的な土壁仕上げのひとつ。京都、大阪地方で出土する、砂粒を含まない、黄褐色、薄茶色の粘着度の高い壁土で仕上げる。
仕様書
【しようしょ】
設計図では表現しきれない施工上の指示事項について、文書や、数値で表した書類。
上棟式
【じょうとうしき】
柱が立ち、梁が架けられ、小屋組ができたとき、すなわち頂部にある棟木がのったときに行なう神事。
真壁
【しんかべ】
壁の骨組みをつくる伝統的な方法。柱を壁の表面に出して仕上げる。
芯芯距離
【しんしんきょり】
部材の中心を芯という。部材と部材の間の距離を芯から芯までの距離で示したものが芯芯距離である。木造骨組みの基準となる数値である。
筋かい
【すじかい】
壁部分に取り付けられた斜め材のこと。伝統的木造構法では、斜めの材は取り付けないのが通例であったが、1923年の関東大震災で日本古来の構法が多数壊滅したことから、斜め材によって水平力を受け止めることが重要視され使用することが奨励された。「筋交い」、「筋違い」とも書く。
簀の子
【すのこ】
竹や板などを、隙間をあけて張ったものの総称。浴室の洗い場や台所の流しなどに使われる道具。
背割り
【せわり】
柱材などの裏側に入れた割れ目のこと。年輪の芯の部分を持つ角材は乾燥することで、表面に割れ目ができることから、見える部分に使う材では正面から隠れる部分にあらかじめ芯まで届く割れ目の鋸(のこ)などで入れる。
造作材
【ぞうさくざい】
建物を支える構造体以外で、部屋の仕切りや開口部の回り、階段、造り付けの家具類、床の間などに使われる木材のこと。

大黒柱
【だいこくばしら】
家の中心部にあって、屋根を支える横架材を四方から受けとめる柱。構造上たいせつな柱で直径の大きな材が用いられる。
耐力壁
【たいりょくかべ】
建物に加わる水平方向の力に抵抗する役割をもった壁。
高さ制限
【たかさせいげん】
建物の高さを規制すること。住居専用の地域では、絶対高さが10mまたは12mに定められている。前面道路の広さに対応した道路斜線制限、隣地への日当たりを配慮した北側斜線制限もある。
三和土
【たたき】
敷き固められた土で仕上げること。またはそのような仕上げの床。
畳縁
【たたみべり】
畳表の長手方向の縁をイグサと直交して縁どっている布のこと。
畳寄せ
【たたみよせ】
畳と壁が接する部分を埋める細い横木。柱、床、壁の間の隙間の仕上げ材となる。畳の縁、塗り壁の裾を保護する役割にもなる。
建具
【たてぐ】
障子、襖、戸、扉など、開口部に付けられた取り外しのできるものの総称。
建前
【たてまえ】
土台を基礎に取り付け、その上に柱を建て、梁を架けて、屋根を組み、棟に横木をのせるまでの作業をいう。
垂木
【たるき】
屋根の勾配に沿って屋根の構造部材に取り付けられ、屋根面の下地となる角材。
断熱材
【だんねつざい】
家の外部の寒さや暑さが内部に伝わらないように、あるいは内部の温度が外部に逃げないように、壁内や床下、天井裏にいれる材。
丁番
【ちょうばん】
開き戸、開き扉を開口部枠に取り付ける金物の総称。蝶番、ヒンジと同意。
ツーバイフォー工法
【ツーバイフォーこうほう】
日本在来の柱・梁という軸組構法と異なり、木材でつくった枠組みに合板を打ち付けて板状にした材を用い、壁、床、屋根などをつくる枠組み壁工法のひとつ。北アメリカで発展。主な材の断面が2インチ×4インチであることからツーバイフォーと呼ばれる。

【つか】
横架材を下から支える、短い柱のように垂直に立てて使う角材。床下地を支える床束、屋根下地を支える小屋束などがある。
継手
【つぎて】
部材同士を長手方向に継ぐ場合の接合方法をいう。

【つま】
正面に対する側面をいう。妻飾り、妻戸、妻梁などの言葉がある。妻に対し正面のことを平という。
出隅・入隅
【ですみ・いりすみ】
二つの壁面が交差したところにできる外側の隅部のことを出隅。内側に出来る隅を入隅という。両方向からの材料が接する部分に、隙間ができることから、その隙間を埋める柱や板材が取り付けられる。
手間
【てま】
仕事に費やす労力や時間。大工手間などという。
天袋・地袋
【てんぷくろ・じぶくろ】
天袋は、天井に接する高さで造り付けられた袋戸棚のこと。床の間の脇の違い棚の上部や押入の上部に付けられる。床と同じ高さにある、引き違い戸のついた物入れとなる袋戸棚のことを地袋という。

【とい】
屋根に降った雨水を地面や下水道まで導くための溝または管。屋根に降った雨水は、軒に平行な軒樋、軒から壁面にかけられる呼樋、壁と平行な垂直材である竪樋などを通り、地上面に流れる。亜鉛鉄板、塩化ビニール、古くは竹など、多くの材料で作られている。
棟梁
【とうりょう】
大工職人をまとめて住宅工事を執り行なう職能。大工の親方。
通し柱
【とおしばしら】
2階建ての場合、土台から軒まで延ばした1本柱のこと。建物の骨組みを一体にする役割がある。建物の四隅などに置かれる。
戸越
【とぶくろ】
雨戸を収納する外壁に取り付けられた箱。雨戸を一か所に重ねてしまっておくために、縁側や窓の敷居の端に設置される。妻板戸袋、柱建て戸袋がある。
戸襖
【とぶすま】
片面に板、反対の片面に襖紙を貼った戸。破れやすい襖の欠点を補うことができる。防音効果も襖より高い。襖より重くなることが欠点。

長押
【なげし】
室内の壁にみられる、垂直な柱と柱の間を結ぶ水平方向の部材。
日本瓦
【にほんがわら】
粘土を主原料として、混練・成形・焼成した粘土瓦をいう。
人工
【にんく】
大工の仕事を計る尺度として用いられる単位。
塗り壁
【ぬりかべ】
土や漆喰を塗って仕上げる壁。
根切り
【ねぎり】
基礎をつくるために地盤面を掘り下げる工事のことをいう。
根太
【ねだ】
床板を支える水平部材。木造建築において、床板を支えるために最下階の水平材である大引や、それ以外の階の水平材である床梁の上に直角方向に300~150mmほどの間隔で架け渡した横架材。

【のき】
開口部への直射日光をさえぎり、外壁に雨がかからないようにするために、屋根の先端を外壁面からさらに外に延ばした部分をいう。蒸し暑い日本の夏に適合し、深い軒の出に保護された外部空間の気温上昇を緩和する。
軒桁
【のきげた】
建物の長辺方向の外壁にある柱の頭をつないでいる横架材をいう。
野地板
【のじいた】
屋根葺き材の下に使われる製材したままの板材。「裏板」ともいう。垂木の上に張る。


【はしら】
屋根や2階床を支え、または室内の壁を構成する垂直に使われる部材。家のほぼ四隅に建てられ軒桁まで届く通し柱、土台から2階床を支える、あるいは2階床組から小屋組を支える管柱、壁の内部にある間柱などがある。
鼻隠し
【はなかくし】
軒先に出てくる、屋根を支えて並んでいる垂木の木口を隠すために、軒先に打つ横板。
幅木
【はばき】
床と壁が接するところに、壁の下部を保護するために取り付けられる板。
バリアフリー住宅
【バリアフリーじゅうたく】
居住者に障害となる部分をなくすことに留意した住宅。段差などの障害物、住宅設備における安全性や使い方に対する建築的障害を取り除くことが、高齢社会化とともに求められている。
火打ち
【ひうち】
水平部材の直角に交わる部分に取り付けられる補強材。これにより三角形の構造を組むことができ、強固な接合部となる。土台に付けられる火打ち土台、桁と梁につけられる火打ち梁などがある。
破風
【はふ】
切妻屋根の妻側の端部に取り付けられた厚板。軒桁や母屋を保護し、装飾にもなる。
引違い戸
【ひきちがいど】
2枚を互い違いに引いて開閉することのできる戸。部屋と部屋の間を仕切るときに使われる。開口部の広さによって2枚、3枚、4枚立てがある。
引戸
【ひきど】
左右水平方向に開閉する戸。閉めてあるのが常態の開き戸と違って、開閉いずれも常態といえる。風通しのよい、融通性のある部屋をつくるのに適する。片引戸、両引戸、引違い戸、引分け戸などがある。

【ひさし】
窓や出入口等の開口部外壁面上部につけられる小さな屋根。直射日光や雨などを防ぐ役割をしており、風に吹き上げられて壊れない丈夫さが必要。
伏図
【ふせず】
伏せて置いた物を上から見て描いた図。主に構造的なしくみを平面的に表現する場合に用いられる。建物の基礎を表した基礎伏図、天井を見上げた状態を表した天井伏図、屋根を上から見た屋根伏図などがある。
プレカット
【プレカット】
構造材や造作材をあらかじめ工場で加工しておくこと。材の継手や仕口の加工を工場にある電動機械で加工する。それを現場に持ち込み、組み立てるので、現場での施工期間を短くすることが可能。
プレハブ工法
【プレハブこうほう】
「プレ(あらかじめ)、ファブリケーション(つくる)」の和製合成語であり、材料を工場であらかじめ加工し、現場での施工を簡単にする方法。工事期間を短くすること、材料加工の均一な品質を保つこと、コストダウンを目指して生まれた工法である。
防火構造
【ぼうかこうぞう】
外壁と軒の裏側に、モルタルを2mm以上塗ったもの、あるいは、内外ともに土を塗った壁がこれにあたる。準防火地域の指定のある場所では「外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造としなければならない」と法律で示されている。
方形
【ほうぎょう】
和風建築の屋根型のひとつ。屋根の一番高いところが一点に集まっている。正方形や八角形などの多角形が平面になっている。
補強金物
【ほきょうかなもの】
木と木をつなぎ合わせる部分の強度を増すために取り付ける金属製の器具。釘で打ち付ける簡便なものから、ボルトで締め付ける大きなものまである。伝統的な木と木を細工して合体させる高度な技術によらないで、木造の骨組みを組む際には不可欠なものとなっている。一般的なものでは、かすがい、アンカーボルト、羽子板ボルトなどがある。

【ほぞ】
接合するために角材の木口に細工をした突起をいう。柱と土台、束と梁などの接合に見られる。

間仕切り壁
【まじきりかべ】
部屋を仕切るための壁。耐力壁ではない。
間柱
【まばしら】
屋根や床を支える柱と柱の間に取り付けられ、壁の構成部材となる柱。壁の重みを支える柱であるが、外壁の間柱は壁の重みと、さらに外からの風圧力に耐える役割をする。一般的に、450mm間隔で配される。
回り縁
【まわりぶち】
天井面と壁面の接する部分に回される見切り部材。
見え掛かり
【みえがかり】
各部を構成する部材で、表面に露出して目に見える部分をいう。見えない部分を、「見え隠れ」という。
見え隠れ
【みえがくれ】
仕上がった状態で部材の正面から見たとき、見えない部分のこと。柱などで裏側が壁の中に隠れている部分や、造り付け家具などで表面にでない部分をいう。
見切り
【みきり】
仕上げ材の端あるいは材質が変わる変わり目の部分のこと。またはその部分の仕上げ方。
水切り
【みずきり】
外壁面などを流れ落ちる雨水が内部に入らないように防ぐ部分をいう。
水勾配
【みずこうばい】
水が流れる程度の微少な勾配。本来は平坦であってほしいところに、1/100程度の勾配をつける。水を始末する場所を考慮して勾配の向きを決める。バルコニーや屋上などが特に重要である。
水盛り
【みずもり】
工事現場で建物の高さを板状の杭(水杭)に印す作業をいう。この作業のあと、杭の印にあわせて水平の板(水貫)で杭を建物外周にめぐらす「やり方」の作業をする。「やり方」でできた水貫に、それぞれの柱や壁の中心線(芯)の位置を印す芯出し」の作業をして、仮設物に建物の位置を明示する [ 水盛り - やり方 - 芯出し ] の一連の作業が終わる。

【むね】
屋根の最も高いところ。
目地
【めじ】
材料と材料の合わせ目に、生じる線状の部分。タイル、石、ブロック、レンガなどを貼るときには、目地割り(目地の割付け)が意匠にもなる。
母屋
【もや】
小屋組において、斜め材の垂木を受けて小屋束に力を伝える材。棟木と桁に平行で、その中間の高さにある。母屋の長さを継ぎ足すときには、丁寧な接合方法が必要である。
盛土
【もりど】
自然の地盤に土を盛り上げること。宅地造成のために他所から土砂を持ち込み、元の地盤の上に盛ることをいう。

屋根型
【やねがた】
屋根面を構成する型であり、建物の外観をきめる大きな要素になる。雨水の落とし方、風に対する屋根面の向き、雪を落とす方向など、地方の気象の特徴が屋根の材料や工法に反映されて型ができる。切妻、寄せ棟、入母屋(いりもや)、方形などの型がある。
屋根勾配
【やねこうばい】
雨や強風対策のためにつける屋根面の勾配。雨水を早く地面に流すためには急勾配が必要であり、強い風の時は屋根面が風圧で吸い上げられないようにするために、ある程度の勾配が必要である。勾配は底辺10に対する高さで表される。4寸勾配といえば、10寸のところで4寸高くなる勾配をいう。
床下換気口
【ゆかしたかんきこう】
床下の通風のために基礎コンクリートの数か所に開けられた穴。換気口は床下全体に風が流れるように設けることが大切である。また、ここからネズミなどが侵入したり落葉などのゴミが入ってしまわないように、金属製の格子がはめられている。湿度の高い日本では、床下がじめじめして、木材腐朽菌やシロアリの格好の生息場所になりやすいので、十分な床下換気を図りたい。
雪止め
【ゆきどめ】
屋根に積もった雪が急に落ちるのを防ぐために屋根に取り付けた棒や板などの部材。
雪見障子
【ゆきみしょうじ】
障子の桟を上下に二分割して組み、それぞれに障子紙を張ったもので、下の半分が可動式につくられ上下する。閉めた状態は1枚の障子、上げると下半部分にはガラスがはめられており、座った姿勢で外部が眺められる。猫間障子ともいわれる。
養生
【ようじょう】
部材を傷つけないためにする仕事。工事中に他の部材を傷めたり汚したりすることのないように、大切な部分をシートなどで覆って保護する。また部材自体に丈夫な紙などを貼ったり薄い板で囲って、日焼けや汚れを防ぐ。
容積率
【ようせきりつ】
法律で定められた、敷地面積に対する建築延べ床面積の割合。用途地域ごとに数値が定められている。
用途地域
【ようとちいき】
都市計画法で定められた地域で、指定地域ごとに、そこに建てられる建物の用途が決められている。住宅地としては、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地城、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域が指定されている。

欄間
【らんま】
襖や障子などの上部に、採光・換気を目的として取り付けられるもの。

【ろく】
水平であることをいう。

枠組み壁工法
【わくぐみかべこうほう】
壁の構成によってできた木造建築。角材で枠をつくり、木の枠に合板を打ち付けて大きな板状の部材(合板パネル)をつくる。このパネルを組み合わせて、床および壁を構成する。欧米からの輸入住宅に多くみられる。工事に特殊な技能を必要とせず、工期が短く安価で丈夫であるが、日本の風土にあわせるために通気、換気の面での工夫が必要である。
割栗石
【わりぐりいし】
基礎の底にある地盤を固めるために、敷かれる石のこと。

お問い合わせ

生活文化事業部

TEL:03-5314-5963   FAX:03-3308-8977
フリーダイヤル:0120-80-0103
電話受付:月~金 午前9時~午後5時