イベント・企画のご案内/参加募集

参加者募集

企画No. 0103産地・メーカー交流訪問など
組合員活動情報紙 『ワォ』 2019年1月号より
(農)船橋農産物供給センター 農業体験連続企画  全13回(2019年 2月~10月)
「田んぼの学校2019」~田んぼ作りから始める米作り~
交流・訪問2万人運動 この企画は、「後継者不足などによる生産者の老齢化や米の低価格などに起因した“休耕”で、荒れた田が毎年増えているという状況を多くの消費者に知ってほしい」また「食と農について考える機会を持ちながら、お米を食べることが農業支援になるということを理解してほしい」そんな生産者の思いを受けて、2009年から始まりました。1年目に田んぼへ下る道を作り、覆いかぶさる木を切り、井戸も掘り、20数年間荒れ放題だった田んぼを整備して「みんなの再生田1号」と名付け、米作りを開始しました。現在は、2年目から整備を始めた「再生田2号」と、7年目から整備を始めた「再生田3号」を合わせた約37aの田んぼで、農薬を使わない米作りを行っています。自分たちで整備した田んぼで作り、収穫したお米の味は格別です。

▲田んぼの整備
▲田植え
▲稲の花見
▲稲刈り
作業予定 全13回
※日程は予定ですので変更になる場合があります。
2/23(土) 田んぼ整備①        7/27(土) 草取り④ + 稲の花見
3/  9(土) 田んぼ整備②        8/17(土) 草取り⑤
4/13(土) 田んぼ整備③+ 種まき     9/  7 (土) 草取り⑥ + はざ掛け準備
5/11(土) 田植え           9/14(土) 稲刈り
6/  1(土) 草取り①          9/21(土) 脱穀
6/15(土) 草取り②          10/19(土) 収穫祭  
7/  6(土) 草取り③
事前説明会 日時: 2月17日(日) 午後2時~3時30分
会場:さんぼんすぎセンター地下ホール
※会場地図など説明会のご案内は、申込者へ別途お送りします。
◎事前説明会をご欠席の方も企画に参加できますが、初めての方はできるだけ説明会にご参加ください。
参 加 費 1家族 5,000円 (全体を通して)
※現地までの往復の交通費は各自負担です。昼食は各自持参です。
※参加費には、地代、機械や農具の維持費、栽培費用 などが含まれています。
※収穫祭やバーベキューなど別途費用をいただく場合があります。
コース A:本格米作りコース
 田んぼの整備から収穫まで、生産者指導のもと、米作りを行います。
B:子どもと一緒に米作りコース ※親子参加家族のみ
 米作りをしながら、生き物調査や竹細工などもします。
◎全ての作業に必ず参加する必要はありません。ただし収穫したお米は参加回数に応じて配分します。
Aコースの方には、さらに増量して配付します。
体験場所 千葉県印西市岩戸
対 象 組合員とその同一世帯家族
(お子さんは2019年4月1日現在で4歳以上)
※直接現地に来ることができる方(電車 または マイカー)
※農作業をしますので健脚な方
・電  車: 京成本線「京成臼井駅」(「日暮里駅」から 約60分) 
・マイカー: 東関東自動車道四街道IC から 約30分
       または常磐自動車道 柏IC から 約60分
申し込み 組織運営部まで、郵便はがき、Eメール、申し込みフォーム いずれかにて、以下10点をお知らせください。参加者全員の ①氏名(よみがな) ②性別 ③年齢(+子どもは学年も)、申し込み者の④住所 ⑤携帯電話番号(なければ自宅電話番号)⑥企画No. ⑦企画名 ⑧組合員コード ⑨参加方法(電車 または マイカー) ⑩コース(AまたはB)
締め切り 2月5日(火) 午後4時必着
問い合わせ・申し込み先

〒156-0055  世田谷区船橋5-28-6 吉崎ビル4F
東都生活協同組合 組織運営部

電 話:03(5374)4756
受付:月曜~金曜   時間:午前9時~午後4時

<Eメール送信先>kumikatsu@tohto.coop
申し込みフォームはこちらから
申込フォーム




★申し込みをいただいた個人情報は、その催し物の案内の送付や必要な連絡のために使用します。
★Eメールやフォームにて連絡する際は、kumikatsu@tohto.coopからの返信メールを受信できるように設定の確認をお願いします。