みんなの活動:これまでの活動報告

食と農

2017.04.18

今年で10回目となる北海道枝幸(えさし)漁業協同組合の女性部による「浜の母さん、海の幸 料理教室」が2017年2月22日(水)梅田地域学習センター(足立区)、23日(木)高井戸地域区民センター(杉並区)で開かれ、抽選で選ばれた合計66名の方が参加しました。
最初に、枝幸漁協の佐藤部長より、枝幸町の地形や自然、漁業そして、魚つきの森の取り組みなどについての説明がありました。町の紹介DVDも視聴し、持参いただいた「流氷」や、流氷の天使と言われる「クリオネ」の現物も見ることができ、遠い枝幸を少し身近に感じられました。
参加者からは、「山を育て漁を育て幸せにと、改めて農もあり第一次産業こそ、生きる源と知りました。」「枝幸の場所を勘違いしていました。養殖の方法も思っていたのと違い、新しい発見がいっぱいです。」との声が聞かれました。



枝幸漁協女性部のみなさん



自然や、くらし、漁業の様子などが分かった



熱く語る枝幸漁協佐藤部長



各テーブルごとに、枝幸漁協の女性部員が講師として入り、浜の母さんの味や調理を教わりました。都会の私たち用に塩分を控えめにしていただきましたが、枝幸は漁師町なので、本場では塩分がもっと濃いとのことでした。
メニューは、枝幸の海の幸をたっぷり使った、バラちらし寿司・秋鮭の三平汁・秋鮭のバター焼・ほたてカレー風味の4種類。特に今年は毛ガニの提供もある、参加者は思わずにっこり。お料理の一番人気は、塩鮭と白菜、人参、大根、ねぎ、豆腐と具だくさんの三平汁でした。


各テーブルで女性部の皆さんが直接指導



味も確かめながら料理した



盛りつけには、各テーブルの個性がでる



できた料理をテーブルに並べ、参加者と共に女性部、枝幸漁協、北海道漁連、東都生協の理事・職員が一緒に会食しました。枝幸の様子や,暮らし、漁のこと、お料理のことなどを聞きながら交流しました。
参加者からは「鮭のバター焼きにお醤油とみりんのタレをかけるのが参考になりました。」「新しいメニュー(ほたてカレー味)、素材を生かした三平汁など「海の幸」が本当においしかったです。指導してくださった女性部の方の枝幸の話も楽しかったです。」などの感想が出されていました。


盛りつけにもこだわりが



メニューは4種類



会食懇談、いろいろな方と話しができた


2017.04.10

市販牛乳との比較実験

市販牛乳との比較実験

清潔な牛舎

清潔な牛舎

子どももいっぱい参加しました

子どももいっぱい参加しました

2017年3月25日千葉北部酪農農業協同組合の藤崎牧場を大人17人・子ども7人で訪問しました。
千葉北部酪農農協の信川さん、藤崎牧場の藤崎さんから八千代牛乳や藤崎牧場の特徴、酪農の現状について教えていただきました。市販の牛乳と八千代牛乳の違いが分かる実験も行いました。
生協組合員から贈られた搾乳用のもーもータオルの使用や、清潔な牛舎を維持することで、八千代牛乳生産者の原乳は細菌数が少ないとのことでした。
そのため市販の牛乳と比べ低温でしかも短時間で殺菌する事ができます。高温短時間殺菌の八千代牛乳は生乳に近いさらっとした癖のない味になるそうです。

当企画は牧場見学や乳しぼり体験を通して、千葉北部酪農農協との産地直結を実感し、利用につなげる事を目的に企画しました。牛乳の消費が減り厳しい環境の中、手間やコストがかかるにも関わらず安全な牛乳を作り続ける酪農家の存在に、参加者一同感銘を受けました。藤崎牧場は、藤崎さんが学生の時から持っていた「酪農をやりたい!」という夢を追いかけ、1頭の牛からスタートした牧場です。しかし後継者がいない為、あと数年で終わりになります。とても残念ですが藤崎さんは、「飼料や環境にこだわり作っている安全・安心な八千代牛乳の存在を広めて欲しい」とおっしゃいました。
八千代牛乳を利用し紹介し、応援していく事が今の私達にできる事だと思います。
第6地域委員会でも企画などを通し広く伝えていきたいと思います。

2017.03.02

作り方も分かり参考となった

作り方も分かり参考となった

いずれも有機野菜・雑穀を使用

いずれも有機野菜・雑穀を使用

小平西部ブロック委員会は12月7日、小平中央公民館で「健康に良い試食会」を開催しました。
毎年試食会を開催して毎回異なるメニューを作ってきましたが、今回はれんこんステーキ、おからのポテサラ風、手巻き寿司、キャベツとひじきの重ね煮、ミニ玄米ハンバーグ、かぼちゃのサモサ、おからと豆腐の濃厚ガトーショコラなど8品目。いずれも有機野菜と雑穀を使用し、ヘルシーでおいしい料理が出来上がりました。

参加者は「ヘルシー料理の作り方が大変参考になった」「家でも早速作りたい」と満足そうでした。
委員長の松本桂子さんは、「今年もヘルシー料理を皆さんに満足していただきうれしい。各家庭に戻ってぜひ実践してほしい」と語っていました。

組合員も職員も、若手生産者を応援

「米の精」についても学びました。

2017.03.02

「米の精」の説明を聞く

「米の精」の説明を聞く

米の精は各方面で使われている

「米の精」は各方面で使われている

12 月10日、第4地域委員会は「新世代チャレンジプロジェクト応援わいわい企画第2弾」を開催。
東洋ライス㈱は、金芽ロウカット玄米と、BG無洗米製法から出る肌ヌカを粒状の有機肥料に製品化した「米の精」を紹介しました。
また、多古町旬の味産直センターは「米の精」を使って甘さの強いさつまいも「べにはるか」を栽培していること、千葉北部酪農農業協同組合は牛の飼料に「米の精」を配合していることなどを説明。
産地・組合員・職員が共にテーブルを囲み交流しました。「供給に携わる職員も産地に入って手伝うことで農を知り、組合員も買い支えるだけでなく産地の現状を知り、産地参入型で三者の力が集まる生協であってほしい」と、生産者は力説。親父の次に頑張る新世代を応援したくなる企画でした。

新商品おしゃべり会

横浜会場から

2017.03.02

容器もしっかり見て評価します

容器もしっかり見て評価します

「豆乳コーンスープ」は7大アレルゲン不使用で防災用品にも

「豆乳コーンスープ」は7大アレルゲン
不使用で防災用品にも

 2016年度から新商品おしゃべり会に横浜会場が加わりました。会場はJR横浜線の鴨居駅から徒歩20分ほどの場所にある横浜センターです。

毎月1~2品の新商品を試食し、味や食感のバランスを評価します。また、商品ガイドで原材料や製造工程などの説明を受け、仕様内容や規格、価格についても評価し、総合的な判断やコメントなどを報告書に記載します。試食の準備はメンバーが、商品に記載された方法で行います。

 今回の新商品、防災用にストックできる「玄米ごはん(プレーン)」は、175g で税抜き価格300円。国産コシヒカリを使用した缶詰なのでふたを開ければすぐ食べられます。最初はそのままで、次にレンジで温めて試食。玄米はぼそぼそするイメージですが、「レンジで温めるとよりおいしい。少し柔らかめの食感、玄米が苦手なお子さんやお年寄りにも良いかも」との評価。また、賞味期限は製造日から3年間と長めで「長期保存も可能でとても便利」という一方、「防災用にまとめ買いしたいが、やや価格が高い」との評価もありました。姉妹品に「玄米ごはん(ほんのりしょうゆ味)」もあります。
 もう一品は、「豆乳コーンスープ」(160g 税抜き価格265円)。コーンの甘みを生かし、豆乳でクリーミーに仕上げたレトルトスープは、牛乳・小麦粉不使用なので牛乳アレルギーの方も食べられます。湯煎をしていただきます。昨年は悪天候により北海道産コーンの生産が少なく、原料不足との説明がありました。
「とうもろこしだけでなく玉ねぎも国産でおいしい」「豆乳臭さもなく食べやすい」という良い評価や、「とうもろこしの原料調達の難しさを紙面で紹介してほしい」という声も。
担当職員はしっかりと受け止め、商品案内でアピールしていくとのことでした。

株式会社ニッコーを視察訪問

(株)ニッコーのモットーに共感!

2017.03.01

メーカーの熱い思いを確認

メーカーの熱い思いを確認

今年度の視察訪問企画第1弾は、㈱ニッコー訪問でした。参加者は事前にメーカーの資料で予習をして、11月8日、視察に臨みました。

工場では野菜の泥落とし、皮むき、洗浄、カットの様子を見てから、しゅうまいの成型ライン、具材を煮るライン、冷凍ライン、包装ラインまでを見学。同社の青柳さんから「できるだけ国産の野菜を中心に使っています。ここで行っていることは規模は違いますが、皆さんがご家庭でされていることと大差はありません」という説明があり、参加者も大きな関心を寄せていました。
また検査室では検査担当者との意見交換を行い、菌などに対しての厳しい姿勢を学ぶこともできました。

 工場視察の後は、わたしのこだわり商品「東都鶏ごぼうしゅうまい」「東都えびしゅうまい」などを試食しながら、㈱ニッコーの沿革とこれからのビジョンについて営業の山崎さんからのお話を拝聴。特に「自分の子どもに安心して食べさせられる食品を作る」というモットーには参加者から大きな共感が寄せられました。
最後に、現在「麻婆茄子丼の具」などに使う野菜を栽培する自社野菜畑の見学も行い、充実した内容になりました。

 参加者からは「初めて冷凍食品工場を見学したが、徹底した衛生管理が行われていると分かり、良い勉強になった」「原材料へのこだわり、従業員の仕事への真っすぐな姿勢を知り、これからも安心して注文できる」などの感想がありました。
現地に行き自身の目で確かめたことで、東都生協とメーカーのつながりをあらためて実感した一日となりました。
【視察訪問企画】
東都生協の取扱商品について、生産現場や関連施設を視察することにより、東都生協との約束事・それを守るための仕組み・その他仕組みの運用実態・産地・メーカーの特徴的な取り組みなどを、組合員自らが確認する企画です。

参加者みんなで楽しく収穫体験

「埼玉産直センター収穫祭」

2017.02.13

名物の深谷ねぎ

名物の深谷ねぎ

顔と同じぐらいなキャベツを収穫

顔と同じぐらいなキャベツを収穫

11月12日、墨田北ブロック委員会は埼玉産直センター収穫祭に参加しました。
大きなキャベツをお母さんと一緒に収穫する子どもたち、生産者の方に手伝ってもらって長ねぎを収穫する子ども、自分で選んだ野菜の収穫をする組合員...長ねぎ、白菜、大根など10品目の収穫を全員が楽しみました。
会場には赤飯・焼きそば・豚汁などの出店や野菜の即売会の他、キッズコーナーも。深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」も会場の賑わいに一役買いました。

参加者からは「野菜の種類も豊富で家族みんなで楽しめた」「新鮮な野菜を安くゲットできて良かった」などの声が聞かれ、主催者は「収穫体験では各コーナーの生産者の方といろいろな話ができた」と、産地交流訪問とは一味違う生産者との交流ができる収穫祭参加を喜んでいました。

清水農民組合産直会訪問

後継者がいないのは残念。ぜひ、買い支えたい!

2017.02.09

急傾斜での作業、生産者の苦労が分かる

急傾斜での作業、生産者の苦労が分かる

 第7地域 武蔵野西ブロック委員会は11月15日、みかんの収穫体験と学習、交流を目的に「清水農民組合産直部会」(静岡市清水区)を訪問。山の斜面を染める鮮やかな色、たわわに実ったみかんを収穫しました。どれも甘く果汁たっぷりでおいしいみかんでした。 

交流では、当初30人程いた生産者が4人に減ったこと、高齢化に加え後継者がいない問題、放任園が増え鳥獣被害に苦慮していることなどの現状を聞きました。

参加者からは「こんなおいしいみかんがなくなるのは寂しい」「ぜひ買い支えたい」「急斜面での作業がいかに大変かよく分かった」「後継者がいないのは残念」などの感想が聞かれ、日本の農業が直面する深刻な問題の一端を知ることができました。
【生産者が教える「箱みかん」の保存方法】
 *下のみかんに負担がかからないよう、半分を取り出して常温で保存する。

30年も前から農薬無散布

~くらぶち草の会を訪問~

2017.02.09

やさいの収穫体験

やさいの収穫体験

生産者と交流し、収穫し、好天に恵まれた交流訪問

生産者と交流し、収穫し、好天に恵まれた
交流訪問

 11月9日、船橋東ブロック委員会ではくらぶち草の会を交流訪問。世田谷センターを出発し、道の駅「くらぶち小栗の里」に到着したのは午前11時ごろ。早速、みんなで小松菜、みず菜、サニーレタスの収穫体験。苗植え付けごろの台風の影響で生育が遅れ、全体にまだ小ぶりの仕上がりでした。その後、生産者と昼食交流をしました。
創始者の一人の佐藤さんからは、くらぶち草の会が30年も前から農薬無散布で化学肥料を使わない農業に取り組んできたこと、苦労したことなどを聞きました。生産者37世帯のうち、新規就農者が19世帯というのは驚きでした。
「生産者の苦労話を直接聞けたので、これからもっと買い支えたい」「たくさんの野菜を収穫できてうれしかった」と好評だった交流訪問。天候にも恵まれ、楽しいひとときを過ごすことができました。

熊本県の産地へ視察訪問

八千マルタ&(株)果実堂

2017.02.09

トマトのハウスで栽培管理の状況を確認

トマトのハウスで栽培管理の状況の

露地栽培の圃場を視察

露地栽培の圃場を視察

 視察訪問は、組合員が産直産地の生産現場や関連施設などを訪れ、安全・安心な農産物が生産されているか、生産物は間違いなく届く仕組みとなっているかを確認することにより、〝持続可能な農業や安全で豊かな食生活を考える〞目的で行っています。
11月11日〜12日は、熊本県の八代マルタ(八代市)と㈱果実堂(上益城郡益城町)で実施。
 1日目は八代マルタの前田農園(登録銀二郎トマト)のハウスを訪れ、トマトの種まき、接木、定植など栽培期間中の状況や、有機質肥料を施肥していること、収穫終了後は太陽光による土壌消毒と微生物農法で栽培管理していることなどを確認しました。
ミニトマトのハウスでは収穫体験を行い、さらに選別の調整方法も視察。夕食懇談会で八代マルタ前田さん家族、㈱果実堂の皆さんとの交流を深めました。
 2 日目は㈱果実堂の有機ベビーリーフの圃場を視察し、種まきから収穫までの流れを確認。ベビーリーフとグランドリーフのパッキング工場、研究所、発芽大豆工場の施設見学では、トレーサビリティー管理と発芽大豆の製造方法について説明を受けました。 昼食後は和水町にあるグランドリーフの露地栽培の圃場を視察して終了しました。

 参加者からは「生産者や関係者から話を聞き、商品案内の倍以上の情報をダイレクトに得られた」「生産者がいかに真剣に生産に取り組んでいるかを知り、深く感銘した。これからは生産者の顔を思い浮かべながら買い求めるようになると思う」など、安全・安心な農産物であることを確認したからこその感想が聞かれました。
【微生物農法】土中の有用微生物や酵素の作用によって地力を高め、作物が持つ能力を最大に引き出し、安全で栄養価の高いおいしい農産物を増産する農法。八代マルタでは微生物の力を最大限に生かすため、自家製の土麹による土づくりを行なっています。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11